サウザンドウェーブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

ウォーキング・デッド 海外ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン7 第6話ネタバレ・感想 ヒースはどうなったの?

2017/03/31  | 3,209 views

ウォーキング・デッド7

時系列が混乱しそうですが、今週はシーズン6で救世主の衛星基地の連中を皆殺しにした後、タラとヒースが物資調達に出て、2週間経ったあとのお話でした。
てっきり、カールとジーザスの話になると思っていたので、ちょっと混乱です。

スポンサーリンク

あらすじ

気を失い海岸に打ち上げられたところを何者かに助けられたタラ。
砂浜で目を覚ました彼女は、人影を発見。
その後を追うと、森の中の小さなコミュニティに遭遇する。
出典:http://tv.foxjapan.com/

 

タラたちが出かけている間の話を復習

タラとドレッドヘアでメガネをかけた黒人のヒースはシーズン6の第12話で”救世主”の衛星基地を襲撃後、物資調達に出かけていきます。

物資調達に出ている間、シーズン6の第14話で、タラの恋人であるデニースが薬品回収のため出かけていたところを”救世主”のドワイトたちに見つかり、ダリルから盗んだボーガンでデニースは後頭部から射抜かれて殺されてしまいます

そしてシーズン6、7で”救世主”のリーダーであるニーガンによって、グレンとエイブラハムが殺されます

つまり、タラとヒースはこんなに人が死んでしまったことを知らずにいる状況。こんなにアレクサンドリアを留守にしてるのに仲間はタラたちを心配しないのが不思議。

 

ネタバレ

タラとヒースは”救世主”の衛星基地を襲撃後、物資調達に出かけて2週間が経っています。
2週間かけて見つけたのは錆びたイクラの缶詰とアスピリン1瓶のみ。
ガソリンも残りわずかです。
食料はヒプトップから調達できるので、武器や薬などを見つけようとします。
タラの使っているリボルバーのグリップにはバットに有刺鉄線が巻きつけられたルシールのイラストのようなものが彫ってあります。救世主から奪った拳銃のようです。

海辺の近くまで捜索範囲を広げて、ウィンザーの橋に辿りつきます。
そこで大量のウォーカーに遭遇します。
タラはウォーカーに囲まれ、ヒースはタラを助けようとしますが、橋から落ちてしまいます。

そしてタラが海辺の砂浜で倒れているところを海辺を歩いている女性と女の子が見つけます。
女の子が「よそ者は殺すのが決まり」と槍で頭を突こうとしますが、もう一人の女性が止めます。
女の子の名前はレイチェル。止めた女性の名前がシンディ。

シンディは日陰にタラを移動させて、水と食料、槍をおいて去っていきます。
タラは襲ってきたら反撃しようと石を手に持っていたが、なにもしてこなかったので、目をさますと、横に置いてある水を飲みます。

シンディが森の中に入っていくのに気づいたタラは後を追いかけます。
追いかけていくと森の中に「オーシャンサイド」という村がありました。
森を抜けて、女性は家に入っていきます。

タラは隠れて様子を伺うと、そこには子供と女性しかいませんでした。
村には武器庫があり、装備も充実しています。

するとタラという侵入者に気づいた村の女性たちはタラを捕らえようと銃を発砲されます。
タラは走って逃げます。

追跡してくる女性と遭遇し、ショットガンを奪うタラ。
ショットガンを構えるが、殺さずにストックの箇所で女性を殴り気絶させ、逃げます。

しかし、浜辺にいた女の子のレイチェルが拳銃を向けられ、タラは武器を捨てます。
そこに駆けつけるシンディ。そして大勢の女性たちが銃をタラに構えます。
そして年配のリーダーの女性ナターニャが現れます。

村のどこかの家の中。手錠をされたタラ。
リーダーのナターニャと、部下の長髪で髪をくくっているキャシー、短髪でタラに気絶させれれたビアトリスの3人が入ってきます。

ナターニャは、どこから来たのか聞きます。
タラはアトランタから数年間、仲間たちと旅をしており、橋でウォーカーに襲われ、川に落ち、仲間とはぐれてしまったことを伝える。

ナターニャは、よそ者は撃ち殺すことにしているが孫娘のシンディが助けたし、ビアトリスを殺さなかったので、どうするか考えるといい出て行きました。

その夜、タラはナターニャの家に招かれます。
ナターニャ、シンディ、キャシー、ビアトリスそしてタラで食事を囲みます。

ナターニャはタラに戦闘にも長けているので、ここで一緒に暮らさないかと提案します。
タラは、男性の姿がないことを質問すると、ナターニャはあるグループとゴタゴタがあり、死んでしまったことを告白しました。
夜に服だけ持ってこの地に逃げてきたこと言いました。

それを聞いたタラも壁や水のあるグループから来たこと。彼女(デニース)がいるから帰らないといけないことを伝えます。
そして、あるグループの衛星基地で皆殺しにしたことも伝え、味方を増やそうと提案します。
このまま閉鎖的にいても敵を作るだけで、味方が絶対に必要になってくると説得します。

シンディはその提案に乗りますが、ナターニャは乗り気ではありません。
この村を知られることは自分たちの場所がばれていずれ”救世主”に見つかり殺されかねないからです。
ですが、ナターニャはタラの提案に乗り、ヒースを探して、アレキサンドリアの様子を見て決めるとこにします。

キャシー、ビアトリスがタラに付き添って行きます。
タラが落ちたウィンザーの橋に向かいます。

タラは隙をみて逃げ出します。
ですが、ビアトリスに捕まってしまいます。

そこでビクトリアスは”救世主”を倒したと思い込んでいるタラに衛星基地は1つだけではなく、もっと基地はたくさんあって、仲間の男達を殺したのは”救世主”たちだということを告げます。
自分たちはアレクサンドリアの人たちと同様に戦ったが、負けて女性たちは労働を強いられたが、夜に服だけを持って逃げ出し、ここに隠れているので、二度とニーガンたちに見つかるわけにはいかないと言われます。

そこにシンディが現れ、タラを助けると、そのまま逃げるように言い、タラはそのまま逃げていきました。
タラに追いついたシンディはアレキサンドリアに戻っても、この村のことは一切口外しないことを誓うように言われ、タラは誓います。

するとシンディはタラから食料と水を受け取って、シンディの援護射撃で大量のウォーカーがいるウィンザーの橋を渡りきります。

タラは1人アレクサンドリアに戻ります。
道中、医者の首ふり人形を持って帰るタラ。デニースへのプレゼントでしょうか。

タラはピンクのサングラスをかけて、アレキサンドリアに戻ってきます。
悲しげなユージーン。
タラは何が起きたのか悟ったようでした。

医務室でロジータに銃や弾丸が必要。どこにあるか知らないか?と聞かれるが、タラはシンディとの約束を守り、外では何も見つからなかったとシンディ達のことは口にしませんでした。

 

感想

久しぶりにタラが登場しました。それには理由があって、タラはシーズン6の撮影している時から妊娠しており、出産をしたので、登場していなかったようです。

タラの手首のタトゥー?印?は何か意味ありげにアップのシーンがありましたが、意味があるのでしょうか?物資回収に出ていた2週間を数えていたのか?

XXVI
XIII
IX
⚪︎⚪︎⚪︎I

⚪︎は服の袖がかぶっていて見えませんでした。うーん、よくわからん。

ヒースはどこに行ってしまったんでしょうー。ふと現れるのかな。
シンディ達のコミュニティは今後関わってくるのでしょうか?タラは黙ってると思うので、きっと出てこないのかな。24:レガシーで主演をしている関係でいなくなったと見たほうがよさそうです。
同じ時期に放送してるし、出てくるとしたらシーズン8かな。

来週はいよいよリック、カールとジーザスの話のようです!来週が楽しみです!

ウォーキングデッドとは関係ないけど、来年2017年2月に「24」の新シリーズと初旬に「プリズンブレイク」が始まる。気になる。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

アレキサンドリアに1人で戻って来るタラ。救世主の襲撃から2週間経過して帰ってきたので、ニーガンにグレンやエイブラハム、そして”救世主”に彼女のデニースを殺されたことを何も知らないタラ。
サングラスをかけて帰ってくるシーンのツイートが多めでした。
タラが娘を背負っているツイートがありましたのでピックアップ。だからちょっとふくよかになっていたんですね。

タラは恋人のデニースにあげる首ふり人形のプレゼントを用意してアレクサンドリアに帰ってきます。ですが、そこにはデニースはいません。悲しい。

-ウォーキング・デッド, 海外ドラマ