サウザンドウェーブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

B'z

Tak Matsumoto & Daniel Ho「Electric Island, Acoustic Sea」レビュー・感想 ロックと癒しのコラボ!

2017/03/18  | 805 views

Electric Island, Acoustic Sea  [CD ]

松本さんとダニエル・ホーさんのコラボアルバム「Electric Island, Acoustic Sea」が発売となりました!
どちらもグラミー受賞者の2人、松本さんとダニエル・ホーさんんが“Tak Matsumoto & Daniel Ho“としての初のインストフルアルバムです。
だけど1曲だけジャーニーの「Faithfully」のカバー曲が入ってて歌あります。

ツアースケジュールまとめはこちら
【インタビュー】Tak Matsumoto & Daniel Ho、松本孝弘が語る「このユニットじゃないとこういう音にはならない」
【インタビュー】Tak Matsumoto & Daniel Ho、ダニエル・ホーが語る「Takさんをもっと見て学びたい」

スポンサーリンク

購入応募特典 Wチャンス

アルバム「Electric Island, Acoustic Sea」に入っている「応募抽選カード」に記載されているコードを応募サイトに打ち込んで応募するだけです。
応募締切:2017年2月13日(月)12:00
ハワイは当たっても行けないからサイン当てたい!

購入応募特典 Wチャンス応募申し込みページはこちら

1st chance ハワイ公演ライブ特派員募集:20名様
2nd chance
  • Tak Matsumoto & Daniel Ho 直筆サイン色紙 + ギターピック セット:100名様
  • オリジナル・スリップマット:500名様
    (国産ポリエステル100%・両面樹脂加工フェルト使用)

スリップマットとは

プラッター(ターンテーブルの回転部分)の上に敷くもの。レコードを程よく滑らせるためにレコードの下に敷くマット。フェルト生地で作られたものが多い。 
レコードに傷をつけにくくし、レコードを手で押さえてもターンテーブルとシートが程よくすべることでターンテーブルは回り続けます。 DJ用のシートはフェルトのような繊維状のシートが使われている。

 

CDショップ店頭DAYスペシャル特典「オリジナル・クリアファイル」

指定のCDショップ店頭で購入すると「オリジナル・クリアファイル」がもらえます。通常盤・アナログレコードどちらも対象作品です。
また、この特典プレゼントは、INABA / SALAS Zepp Tokyo公演会場でのCD販売所でも実施しています。東京と大阪でしか手に入りませんね。。。

店舗・場所 日時
タワーレコード渋谷店・1Fエントランス 2月7日(火)12:00~20:00
2月8日(水)10:00~20:00
SHIBUYA TSUTAYA・1F西武側店頭販売スペース 2月7日(火)10:00~20:00
2月8日(水)10:00~20:00
銀座山野楽器本店・1F銀座通り口 2月7日(火)10:30~20:30
2月8日(水)10:30~20:30
タワーレコード新宿店・Flagsビル2Fデッキ 2月7日(火)12:00~21:00
2月8日(水)12:00~21:00
タワーレコード梅田大阪マルビル店 2月7日(火)16:00~20:00
2月8日(水)16:00~20:00
INABA / SALAS Zepp Tokyo公演・会場CD販売所 2月7日(火)14:30~   
2月8日(水)14:30~   

 

当選者の声

僕は当たらなかったけど、当選した人おめでとうーー!羨ましすぎる!

 

収録曲

  1. Soaring on Dreams

    一番初めにレコーディングされた曲。ダニエルさんがTakさんのことをイメージして作曲したそうです。
  2. Fujiyama Highway
    三線ウクレレ(4弦でフレットのあるもの)が使われてレコーディングされた曲。
  3. Magokoro (True Heart)
    コーラスにチェロが使われています。
  4. Infinite Escapade
  5. Faithfully

    「Faithfully」のミュージックビデオ撮影では、ダニエルさんが松本さんに「パートを交換するのはどうですか?面白くないですか?」と提案すると、松本さんからは「「Faithfully」はとてもシリアスで良質な楽曲。だから楽器の交換はしないよ」と返事され、ロックスターになるチャンスは断られたそうです。
    Journey / Faithfully(1983年)のカバー。ダニエルさんがこの曲の歌詞の「家族と離れてツアーに出ているミュージシャンの話」がTakさんのことを思い出すってことでカバーしたそうです。
    Journey - Faithfully (Official Video)(youtube)
    Faithfullyの歌詞和訳はこちら
  6. Sunny Tuesday

    スラックギター、イプヘケ、ウリウリ、ベースウクレレなどハワイの楽器で作られた楽曲。
  7. Wander Blues
  8. Adrenaline UP!
    シャオルオ(中国の小さいシンバル)が曲の真ん中と終わりに使用されています。
    これぞTak Matsumoto & Daniel Hoのコラボロック!という曲です。
  9. Omotesando
    ノスタルジックな一曲。
  10. Island of peace

    New Horizon(2014)#5にも収録されている楽曲のコラボセルフカバー。
  11. Rain
    エレキギター、太鼓、琴、ピアノなど使われた楽曲器。
    New Horizon(2014)#12にも収録されているコラボセルフカバー。
  12. Lia
    ダニエルさんが90年代後半にスラックギターで最初に書いた曲。
    松本さんがエレキでダニアルさんがアコースティックを弾いています。

通常盤 CD

アナログレコード LP2枚組

 

感想・レビュー

ダニエル・ホーさんとのコラボはどういう感じになるのか楽しみにしていましたけど、期待以上でした。思っていた以上にロックでした。全体的には気持ちのいいヒーリング系のアルバムになってます。松本さんが作曲する楽曲とはまた違った仕上がりでこういうのもいいですね。ダニエル・ホーさんいわく、これまでとはまた少し違ったハイエナジーな音楽ができたとのこと。

ラリー・カールトンとの共演以降、「New Horizon(2014)」とかジャズやフュージョン寄りのテイストが多かった印象で、「enigma(2016)」でロックやフュージョンな感じ出してきて、今回の「Electric Island, Acoustic Sea」はジャズじゃなくてハード寄りの作品になっていました。嬉しい!それにヒーリング!
ヒーリング系で今までのだと「華(2002)」が近いかな。和ではないけど。三線、琴、太鼓使っているし。見事、日本の楽器とハワイの楽器を融合させたテーマでユニット作品というものになっています。稲葉サラスみたく、これまでとは違った一面が感じられる作品です。

ダニエル・ホーさんはインタビューで「メロディ、ベースラインがあって、それに対するカウンターがある、繰り返し聴いても聴くたびに新たな発見がある。メロディが途切れても、それに対するアンサー的な音が一音一音入っているので、何回聴いても楽しんでもらえるような要素が散りばめられています。」とおっしゃっていました。何度も聴きこみます!!

「Soaring on Dreams」癒されます。「Adrenaline UP!」もロックでカッコイイ!Blue NoteやBillbord liveで聴けると思うと楽しみでしょうがないです!早く生で聴いてみたい!

ツアースケジュールまとめはこちら

 

Electric Island, Acoustic Seaの名前の意味は?

アルバムタイトルを命名したダニエルさんがインタビューで由来を話されていました。
「Electric Island」が松本さんで中心にある島。メロディ担当。「Acoustic Sea」がダニエルさんで、その周りを囲んで、2つの文化を融合させるアイディアとのこと。

 

アルバムを作ることになったきっかけは?

ロサンゼルスで出会ったお二人は初対面で意気投合し、後日、ダニエル・ホーさんが今回のアルバム1曲目の「Soaring on Dreams」を松本さんに聴いてもらったところ、松本さんがすごく気に入って2人でアルバムを制作することになり、スムーズに進んだそうです。

 

ダニエル・ホー / Daniel Hoとはどんな人?

ハワイ出身・ロサンゼルス在住のマルチ・ミュージシャン、Daniel Ho(ダニエル・ホー)さんはスムース・ジャズ・バンド、キラウエアの元リーダー兼キーボード奏者。そしてグラミー受賞者。
ウクレレ、クラシック・ギター、エレキ・ギター、ピアノ、ベース、ドラムなど様々な楽器を弾きこなす実力派ミュージシャン。2006年と07年にはグラミー賞のハワイ音楽部門ベスト・アルバム賞を連続受賞しています。

ダニエル・ホーさんのホームページ
ダニエル・ホーさんのインスタグラム
ダニエル・ホーさんのtwitter

 

使用ギターは?

Gibson Tak Matsumoto 1959 Les Paul

収録全12曲中8曲で使用されました。

  • Soaring on Dreams
  • Fujiyama Highway
  • Faithfully
  • Sunny Tuesday
  • Wander Blues
  • Adrenaline UP!
  • Island of peace
  • Lia

Les Paul 1957 Gold Top Reissue 1991 #1-8283

収録全12曲中5曲で使用されました。

  • Fujiyama Highway
  • Magokoro (True Heart)
  • Infinite Escapade
  • Wander Blues
  • Omotesando

Gibson Les Paul Gold Top 1956 P-90 #615315

  • Adrenaline UP!

Gibson Les Paul Standard 1961 #15712

  • Omotesando

Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163

  • Adrenaline UP!

Sadowsky ST

  • Soaring on Dreams
  • Wander Blues

 

twitterまとめ

気になるツイートをピックアップ。

 

-B'z