サウウェブ

B'zのツアーやグッズ、ネタバレなど話題情報まとめサイト

B'z

祝!平成No.1売上アーティストにB’z!謙虚なコメント

2019/04/11

B’z

昨年、デビュー30周年を迎え、31年目は21枚目となるアルバム「NEW LOVE」のリリースや2019年の6月8日からは「B'z LIVE-GYM 2019」も控えているB'z。
そんな全く休む気配のないB'zが平成No.1売上アーティストの堂々の1位となりました
2位AKB48、3位Mr.Childrenと続きます。

ランキングの累計枚数を見ると圧倒的な差です。休むことなくやってきたからでしょうか。凄すぎます。

スポンサーリンク

オリコン平成ランキング

アーティスト累積売上(シングル+アルバム)枚数
B’z8262.4万枚
AKB486005.3万枚
Mr.Children6001.0万枚
浜崎あゆみ5070.8万枚
DREAMS COME TRUE4494.2万枚
GLAY3880.8万枚
3844.0万枚
ZARD3763.3万枚
サザンオールスターズ3761.9万枚
宇多田ヒカル3734.0万枚
出典:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52827/2/#link1

 

お二人のコメント

松本孝弘さんからのコメント

僕達がB’zを結成し実際に楽曲制作を始めたのは1988年5月頃だったと思います。
オリコンさんのシングル、アルバムウィークリーチャートの左ページ(1~50位)に入るのが、当初大きな目標でした。
同年9月21日にデビューして数ヶ月で昭和から平成に元号が変わりました。
この30年の間に日本の音楽シーンは大きな発展を遂げたと思います。J-ROCK、J-POPは国内に確実に浸透し、これらのジャンルは確立されました。
そしてその礎となった昭和の歌謡曲、ニューミュージック、ロックは、その素晴らしさを再認識されたと思います。
間もなく30年に渡る平成という時代は幕を閉じますが、日本の音楽界にとってのこの貴重かつ激動の時代に、最前線で我々の音楽を発信し続けられた事、そしてB’zの音楽に多くの方々に興味を持って頂いた事、心より嬉しく思うと共に感謝しています。
新たに時代が変わっても、B’zはrock'n' rollを探求し続けます。
今後共宜しくお願い致します。

出典:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52827/2/#link1

稲葉浩志さんからのコメント

我々がデビューしたのは1988年で、すぐに平成の時代が始まり、音楽ソフトはアナログレコードからCDに移行する真っ最中であり、音楽業界全体の売り上げも大幅に伸びはじめていました。そんな好条件の時勢の中、楽曲の制作とライブを繰り返しながら、多くのみなさんに作品を聴いていただけたのは本当に幸運であり有り難いことです。
今もまた音楽を聴くスタイルは大きく変化し、次々と素晴らしいアーティストが現れていますが、まだ昭和の名残を残していた頃の平成の空気をたっぷり吸い込んだグループとして、令和の時代もB’zなりの表現をしていきたいと思います。

出典:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52827/2/#link1

 

津山市長からもお祝いの声

稲葉さんの出身地である岡山の津山の市長からもお祝いのコメントがありました。

 

ニュース特集まとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

 

twitterまとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-B'z