サウウェブ

B'zのツアーやグッズ、ネタバレ話題情報まとめサイト

B'z 松本孝弘

B'z松本さん「Here Comes the Taxman」をGibson Les Paul Custom -清正-で演奏 アルバム初回特典Tシャツ着用

B'z松本さん「Here Comes the Taxman」をGibson Les Paul Custom -清正-で演奏 ツアー 初回特典Tシャツ着用

8月7日18時に今回もB'zの公式SNSのTwitter、Instagramで松本孝弘さんによるギターを弾いている動画が投稿されました。

今回は松本さんの最新のソロアルバム「Bluesman」からの1曲「Here Comes the Taxman」でした。
そして松本さんが自宅スタジオで弾いているギターはカスタマイズされた「Gibson Les Paul Custom -清正-」。

松本さんが着ているTシャツは「Bluesman」の「初回限定特典のTシャツ」を着られていました。

松本さんが弾いているギター「Gibson Les Paul Custom -清正-」と、松本さんが着ている「Bluesman」初回限定特典のTシャツについてまとめました。

スポンサーリンク

”Here Comes the Taxman”演奏動画を披露

今回で11回目の投稿で演奏されたのは2020年9月2日にリリースとなるB'zの松本孝弘さんの最新オリジナルアルバム『Bluesman』の3曲目に収録されている「Here Comes the Taxman」が演奏されました。

曲名の中の”Taxman”は、税務署の方を指しています。ジャズな印象で松本さんらしさの感じられる一曲。早くフルで聴きたい!

スポンサーリンク

記事内広告


 

松本さんが着ているのはアルバム初回特典のTシャツ

Tak Matsumoto 新アルバム「Bluesman」9.2リリース発表!!氷室京介が作詞とヴォーカルで参加

松本さんが着用しているのは「Bluesman」の初回生産限定盤特典のTシャツでした。
初回生産限定盤にはTシャツの他にピックもついてきます。

スポンサーリンク

記事内広告


 

松本さん使用しているギター”Gibson Les Paul Custom -清正-”とは

B'z松本さん「Here Comes the Taxman」をGibson Les Paul Custom -清正-で演奏 ツアー 初回特典Tシャツ着用

今回、松本さんが使用されたギターは「Gibson Les Paul Custom -清正-」でした。

この「Gibson Les Paul Custom -清正-」とは、1970年代にデビューした沖縄のハードロック・バンド「紫」のオリジナルメンバーの比嘉清正さんから譲り受けたギターです。

このギターを入手したのは90年代で、B'zのツアーで沖縄に行った際に比嘉が経営するお店に松本が立ち寄った時だったとインタビューで回答されています。
松本さんはこの沖縄の海沿いで比嘉さんが営んでいるバーに、公演時よく足を運んでいたとのこと。

このギターを入手した段階では塗装はもちろんのこと、木部の一部も剥がれているなど、まったく使用できる状態ではなかったので、松本さんはそれを使用できないまま長年保管していたが、近年になってなんとかリペアできないかということで修理に出し、どうにかレコーディングでも使える状態にまで復刻しました。

実際に音を出してみると、スタンダードとは異なる特徴的なキャラクターだったことから、今回のレコーディングで急速使用されることになったという。

 

比嘉清正さんから誰譲り受けたギターだからこそ、「Gibson Les Paul Custom -清正-」とつけられた

このギターに名付けられた名前の「清正」はご本人の了承を得て、正式に名づけられました。
ちなみにシリアルも消えちゃってので、年代も不明とのこと。

こちらで保管しておくうえで名前が必要になってくるんで 「じゃあ清正にしよう」 と。
名刀みたいでカッコいいじゃないですか(笑)。

と「Player」のインタビューでコメントされています。

 

レスポール·カスタムとは

レスポール·カスタムは、レスポール·モデルが登場した翌年、1953年の末に登場しました。

1ピース·マホガニー· ボディにアルニコVとP-90を搭載し、タキシードを思わせるエボニーフィニッシュ、チューンOマチック· ブリッジなど、スタンダードとは異なる仕様を採用し、低いフレットでフレットレスワンダーと呼ばれた。

その後、3ピックアップ仕様になり、再発売後はメイプルトップ、メイプルネックになったりと、生産された時期によってスタンダード以上に大きく仕様変更が繰り返されており、その時代によってサウンドもかなり変化しています。

Tak’s Guitar of the Day: “Here Comes the Taxman”

Gibson Les Paul Custom -清正-

#Bluesman
#Takmatsumoto
#Gibson
#GuitarPlayer
#Bz
#Herecomesthetaxman

スポンサーリンク

記事内広告


 

Twitterまとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

Epiphone / Inspired by Gibson Les Paul Custom Ebony エピフォン2020【御茶ノ水本店】

価格:70,800円
(2020/8/20 12:58時点)
感想(0件)

Gibson CUSTOM SHOP Limited Run Les Paul Custom VOS w/Ebony Fingerboard (Ebony) 【ikbp5】

価格:426,800円
(2020/8/20 12:58時点)
感想(0件)

Gibson《ギブソン》CUSTOM SHOP 1968 Les Paul Custom VOS/Polaris White #091338【あす楽対応】【oskpu】

価格:591,800円
(2020/8/20 12:58時点)
感想(0件)

Gibson《ギブソン》Les Paul Custom '55 EB【Vintage】【中古】

価格:3,278,000円
(2020/8/20 12:58時点)
感想(0件)

#Bluesman #松本孝弘 #Takmatsumoto #清正 #Gibson #GuitarPlayer #Bz #Herecomesthetaxman

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

カッコイイ!早くフルで聴きたい!

-B'z, 松本孝弘