サウウェブ

B'zのツアーやグッズ、ネタバレ話題情報まとめサイト

#FRIENDS B'z

B'z「FRIENDS Ⅲ」のジャケットは北海道豊頃町のハルニレの木?ケンナの木?

2022/01/17

「FRIENDS III」 (初回限定盤) (CD+DVD)

B'zが2021年12月8日にリリースしたコンセプトアルバム「FRIENDS Ⅲ」。そのジャケットに使われている木が北海道の豊頃町の名木「ハルニレの木」ではないか?という噂がファンの間で話題とのことで、まとめました。

オフィシャルでも発表されておらず、憶測ですが、もし本当であれば、「ハルニレの木」は八神純子さん、ドリカム、B'zのファンの聖地となる超パワースポットになります!

もしかしたら1作目の「FRIENDS」のジャケットでも撮影されたマイケル・ケンナさんの「ケンナの木」の可能性も??

スポンサーリンク

ジャケット写真はハルニレの木?

「FRIENDS Ⅲ」のジャケット写真では、雪原にたたずむ1本の木と、枝の隙間から陽光が差し込む幻想的なジャケットになっています。

このジャケットに使用されている木と豊頃のハルニレの木かどうかは公式には発表されていません。

実際のハルニレの木よりも枝が細いため、もし一緒のハルニレの木であれば、昔に撮られた写真と予想されています。

今作のアルバムに収録の1曲目の曲名が「harunohi」ということもハルニレを暗示しているらしい。。。

スポンサーリンク

記事内広告


 

豊頃町の名木「ハルニレの木」とは?

ハルニレの木」とは、北海道豊頃町(とよころちょう)の十勝川沿いに立つ推定樹齢は約150年の木です。
2本の木が一体となり、寄大きく枝分かれしているのが特徴です。

また、「ハルニレの木DREAMS COME TRUE(ドリカム)の楽曲の歌詞にも登場し、脚光を浴びた木でもあります。

夏、冬も幻想的な姿を魅せ、季節ごとに景観を楽しめ、豊頃町のシンボルツリーとなっているフォトスポットです。

 

DREAMS COME TRUEの歌詞に登場

Eyes to me

2013年にリリースされたDREAMS COME TRUE(ドリカム)の「Eyes to me」の歌詞に

「ハルニレをバックで 空に手を広げて」

という歌詞にも「ハルニレの木」が使用されています。

ドリカムのボーカル吉田美和はお隣の池田町出身ということで、歌詞に入れたものだと思われます。

 

八神純子さんアルバムジャケットにも採用

TERRA - here we will stay (特典なし)

2021年9月29日発売のシンガー・ソングライター八神純子さんのアルバム「TERRA - here we will stay」のジャケット写真にハルニレの木が採用されています。

 

ZARDのアルバムジャケットにも採用

ZARD BLEND II ~LEAF & SNOW~

2001年11月21日にリリースされたZARDのアルバム「BLEND Ⅱ」のジャケットにもハルニレの木が採用されています。

スポンサーリンク

記事内広告


 

豊頃町のハルニレの木の場所

所在地北海道中川郡豊頃町幌岡
関連HP豊頃町公式ホームページ
電車・バスJR豊頃駅から徒歩30分
車でとかち帯広空港から約35km
駐車場あり

スポンサーリンク

記事内広告


 

今は無き「ケンナの木」が元??

マイケルケンナ ケンナの木

マイケル・カンナさんはイギリスの写真家で、撮影写真は「FRIENDS」のジャケットに使用されています。

マイケル・カンナさんは北海道屈斜路湖の砂湯キャンプ場(弟子屈町)にあったミズナラと思われる木を「彼女」と呼び、そのミズナラの木は写真ファンから「ケンナの木」と呼ばれ、人気のある被写体となっていました。
ケンナさんは2002年以降毎年のように屈斜路湖を訪れてこの木を撮影しており、その写真は『HOKKAIDO』(2006年)に掲載されています。

しかし、この「ケンナの木」は2009年8月に伐採されてしまい、今ではもうありません。砂湯キャンプ場を管理する自然公園財団は倒木の危険があると判断し、環境省の許可を得て伐採に至ったとのことで、同財団はこの木が有名な木であることを知らなかったという。残念ですね。

ハレクラニの木よりも左右に枝が広がっているので、もしかしたら「FRIENDS」から始まった作品も「FRIENDS Ⅲ」でもマイケル・カンナさんの作品だったのかもしれません。

スポンサーリンク

記事内広告


 

SNSまとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

#bz #friends #friends3 #ハルニレの木 #ケンナの木

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-#FRIENDS, B'z