サウウェブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

ウォーキング・デッド 海外ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン7 第3話ネタバレ・感想 ダリルの軟禁生活の実態

2017/10/18  | 4,128 views

ウォーキング・デッド7

ニーガン率いる”救世主”に人質として捕らえられたダリル。今週はその続きでした。

ダリルは軟禁され、ニーガンは自分の部下にしようとあることを仕掛けていきます。
それを通して、ドワイト(”救世主”の中ではDと呼ばれている)がどうしてニーガンに服従しているかも明らかにされます。

スポンサーリンク

前回のおさらい

第1話でグレンとエイブラハムを殺した後、ダリルの臆さない態度が気に入ったニーガンはダリルを自分のアジトに連れて帰ります。リックたちの人質として捕らえるが、実際は屈服させ、自分の部下にするのが狙い。そのダリルの軟禁生活はどういうものなのでしょうか。

救世主に捕らわれたダリルは明かりのない部屋に閉じ込められ、与えられるのはドッグフードのみ。
ニーガンの狙いはダリルを屈服させ部下に取り込むことだ。
一度はニーガンの元から逃げ出し、森でダリルと遭遇したドワイトは、ニーガンに従うしかないと説得しようとするが、ダリルはやすやすとはひざまずかない、しかし軽快な音楽が大音量で繰り返し鳴り続け、ろくに眠ることもできず、肉体的にも精神的にも追い詰められていく。
出典:http://tv.foxjapan.com/

 

ダリルとドワイト(D)、シェリーの関係のおさらい

この関係を知っておかないと楽しめないと思うのでおさらい。
ドワイト(D)の元妻シェリーはシーズン6の第6話「迷いの森」以来の出演します。

シーズン6でダリルがウォーカーを先導して率いてたところ、リックたちとはぐれます。そこで逃げ込んだ焼けた森の中でドワイト、シェリー、ティナと遭遇します。
ドワイトとシェリーは夫婦で、ティナは糖尿病でインスリンが必要なシェリーの妹。

ドワイトら3人はダリルを裏切り荷物を盗み森の中に置いてけぼりにしました。

 

あらすじ・ネタバレ

独房の中に捕らえられたダリル。そこでは全裸にさせられ、大音量の音楽をかけられ眠ることもできず、ドワイト(D)からは中身はドッグフードのサンドイッチを食べさせられるという軟禁生活を強いられていました。

精神的にも追い詰められいるのと、シーズン6で銃弾を受けていたダリルは「A」と書かれたトレーナーを着せられ、救世主のアジトにいる医師カーソンに診てもらいます。

ドワイト(D)に連れて行かれた診察室。そこには診察中のドワイト(D)の元妻シェリー(シーズン6の第6話以来?)がいました。

シェリーはダリルに何を言われても従うように話しかけますが、ドワイトに止められます。
ダリルのケガの診察が終わり、アジトのフェンスに連れて行かれます。

そこではダリルと同じようにアルファベットの文字がプリントされたトレーナーを着た人がフェンスの外にウォーカーを鎖や杭で打ちつけていました。
おそらく侵入者がアジトに入ってこないように?するためだと思います。

そこでドワイト(D)から「選択しろ!奴ら(フェンスにウォーカーを仕掛ける人)になるか、俺(ニーガンの部下)になるか」と選択を迫られます。
ダリルは拒否しますが、ドワイト(D)は「俺もそうだった。だがいずれひざまずく。」と告げ、ダリルを独房にもどします。

ニーガンはドワイト(D)にて「手こずっているようだが、仕事をたたえて、好きな女を楽しませてやる」と提案しますが、「まだ仕事は途中だから、褒美は受け取れない」と拒否します。
そしたらトランシーバーから「オレンジ事態」と連絡が入ります。どうやら逃亡者が出た模様。ドワイト(D)は脱走者を捜しに向かいます。

場面は変わり、独房にいるダリル。食事をいつも持ってくるドワイトではないデブのジョーイが持ってきます。
ジョーイが出て行き扉を閉めた後、鍵を閉める音がしません。ドアを開けようとすると扉が開きました。脱走を試みることにするダリル。

すると、建物の中の様子を伺いながら逃走を試みるダリルに背後からシェリーが現れ、「戻れるうちに戻って、逃げられない。捕まったらもっとひどい目にあう」と警告します。
しかしダリルは言うことを聞かず、外に通じる扉の前にいきます。窓から見えるのは外に置いてあるバイク。
それに乗って逃走しようと外に出て、バイクに向かいます。
すると周りからニーガンと手下たちが出てきて囲まれてしまいます。

ニーガンは部下たちに「お前は誰だ?」と問うと、部下たちは「ニーガン」と答える。
シーズン6でも捕らえた救世主はみんな自分のことを「ニーガン」と言ってましたね。まさに洗脳。

ニーガンはダリルに3つの選択肢があると提案します。

  1. 死んでつながれ俺の役に立つ
  2. 死んだ方がマシだと思う仕事をする
  3. 俺のために働く

4つ目はない、選べと迫ります。
しかりダリルは無言で選択しませんでした。

その態度にニーガンはルシール(有刺鉄線を巻いたバット)でダリルを殴ろうとしますが、ダリルはビビりませんでした。その臆さない態度が気に入ったのか、ニーガンからはお咎めなしでした。

しかし部下からは袋叩きにされて独房に戻されます。ダリルから仕掛けたように見えたけど。

独房に戻されたダリルの元にシェリーが現れて森でティナが亡くなった後、ダリルの物を盗みダリルに「後悔するぞ!」と言われ、その通りになたこと、森であったことを謝ります。

場面は変わり、脱走者を追うドワイト(D)。
道の上から落ちてくるウォーカーに遭遇し。バイクを壊してしまいます。ウォーカーに襲われながらなんとか歩いていると、脱走者を発見します。
その男(第3話の冒頭、ドワイト(D)がサンドイッチの材料をいろいろ奪って作るんですが、卵を奪われた人かな?)は行かせてくれ、君や君の妻もひどい目にあったと懇願しますが、ドワイト(D)は「彼女の話はよせ!何もかもが彼のものになる!」と言います。
その男はニーガンにやられるぐらいならここで撃ってくれ!といい、跪きます。
ドワイト(D)は立て、立たないとお前の妻を墓から出して鳥の餌にする(なんて言ったか覚えてない(笑))というと、負けたよと男は立ち上がり、歩き出します。
するとドワイトは後ろから銃で撃ってしまいました。

帰ってきたドワイト(D)はシェリーに会い、心配しているのか、彼(ニーガン)はどうだと様子を伺います。
2人は死ぬよりはよっぽどマシだと、この状況を諦めていました。

独房にいるダリルの元にドワイト(D)が現れ、ドワイトはティナ(シェリーの妹)は犠牲になり、お前は俺の仲間を殺したといい、壁に写真を貼りつけて去っていきます。
残された写真を見たダリルは泣いてしまいます。独房の横にいたドワイト(D)はその鳴き声を聞いてたら去っていきました。写真には何が写っていたんでしょう。グレンの遺体かな?

それからドワイト(D)はダリルを独房から出してニーガンの元に連れて行きます。
ニーガンからドワイト(D)が仲間になった経緯を聞かされます。

シェリーの妹ティナには薬が必要だった。その調達は危険だから高くので、それをチャラにするため、俺(ニーガン)と結婚しろという。それを聞いた彼女は「考える」と返事をする。
そしたら、このドワイト坊やが薬を盗み妻(シェリー)と俺のフィアンセ候補(ティア)と逃げ出した。そこで部下に追わせた。

そしたらドワイトは勇気を出して戻り、許しを求めた。誰かが犠牲を払わないといけないが、ドワイトは妻のシェリーを殺すなという。
それに感動したから彼(ドワイト)を殺すことにすると、彼女は彼を生かすなら俺と結婚すると言い出した。
だが、罰は受けさせる。そこでドワイトの顔半分を焼かれることになりました。

そして女房(シェリー)と俺は結婚。
そんなことがあっても彼(ドワイト)はここにいる。
今や参謀の1人。俺はお前もそうなれると思うとダリルに言います。

ニーガンは「やるべきことは1つの簡単な質問に答えるだけ!お前は誰だ?」とダリルに聞きます。
するとニーガンの部下になるなら「ニーガン」と答えるところを「ダリル」と自分の名前を言いました。そして独房に戻されます。

独房のドアを閉めるドワイト(D)にダリルは「なぜ屈したかわかる。人のためだろ?だから俺はできない。」といいます。

ドワイト(D)が自分が殺した脱走者がウォーカーとなり、アジトのフェンスに繋がれているところ見ているところで今週は終わり。

 

オレンジ事態(コード・オレンジ)とは

誰かが逃亡したときの合言葉だと思います。
トランシーバーの会話で逃走経路は3通りと言っていたので、逃げるときの道も決まっているものと思われます。

 

感想

今週はダリルとドワイトの話でした。みんなはニーガンに快く思っていないようだし、今後ドワイトはダリルと協力してニーガンを倒すような展開になるのでしょうか。
独房で見せられた写真には何が写っていたのでしょうか?グレンの遺体でしょうか?はっきり映らなかったのでよくわかりません。

いやー、ニーガンは今までのシリーズで一番やばいやつですね。徹底してます。
来週はリックたちの話になるのかな、そうなると第1話からそのまま続きですね。期待です。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。ダリルのツイートが多かったです。あと来週はリックたちのアレキサンドリアの話で決定みたいですね。

まじか。ウィンチェスター兄弟の父親役がニーガン役やってるのかよ。イメージが違いすぎる(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ウォーキング・デッド, 海外ドラマ