サウウェブ

INABA/SALASのツアーやグッズ、ネタバレ話題情報まとめ

INABA/SALAS 稲葉浩志

INABA/SALAS FM802『on-air with TACTY IN THE MORNING』最終日4日目インタビュー書き起こし セットリストは稲葉さん担当

INABA/SALAS FM802『on-air with TACTY IN THE MORNING』インタビューオンエア!!

FM302の『on-air with TACTY IN THE MORNING』内でINABA/SALASのインタビューが4月13・14・15・16日の4日間にわたり放送されます。その最終日の4日目のインタビューの書き起こしです。ツアーについての話と稲葉さんのある一面についての内容でした。

このインタビューはツアー延期発表の前に収録したみたいなので、インタビューの中では開催される内容となっています。

スポンサーリンク

番組詳細

番組名 FM802「on-air with TACTY IN THE MORNING」
出演日時 4月13・14・15・16日(月-木)9:00
放送時間 毎週月〜金曜日 6:00~11:00
パーソナリティ 大抜卓人
番組HP https://funky802.com/tacty/

2017年の「CHUBBY GROOVE」の時もインタビューから3年ぶりにインタビューに応えられました。

 

「on-air with TACTY IN THE MORNING」最終日4日目書き起こし

大抜さん:今日ですね。稲葉さんとそしてスティービー・サラス。お二人迎えましたINABA/SALASということです。よろしくお願いいたします。

稲葉さん:よろしくお願いします。

大抜さん:この「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020」が行われます。これだけ曲がありますから、どれを入れて、どれを外すかなんて贅沢な悩みですね。

稲葉さん:そうですね。前回1枚しかアルバムなかったので、ほぼ全部やるっていう感じでしたけども、今回はその中から選ぶっていうように選択肢があるんで、そういう悩みじゃないですけど、そこはまた考えどころだと思いますね。

大抜さん:前回はカバーもありましたよね。

稲葉さん:そうですね。前回はクラッシュとデビットボウイですかね。

David Bowie「Moonage Daydream」

 

The Clash 「Police on my Back」

大抜さん:そこら辺もあるか分かりませんが、、、

稲葉さん:そうですね。これから相談して。

大抜さん:ということですね。どうでしょうか、セットリストもなんとなくスティービー・サラスはイメージがあるんでしょうか。

サラスさん:”INABA/SALAS”的に素晴らしいことはいっぱいあるだけれども。最もクールなことは自分がセットリストを考えなくてもいい(笑)。稲葉さんが素敵なセットリストを毎晩考えてくれて。そこが唯一、僕が考えなくていいところなんです(笑)

大抜さん:ちなみに稲葉さんって我々も音楽ファンにとっても、日本の音楽会にとってもスーパーストイックなイメージを勝手にみんなが持ってて。スティービー・サラスが横に見てて実際どうなんですか?

サラスさん:やっぱりちゃんとしてますし、でも他の男と同様クレージーになる部分もあるんですね。でもいつもはすごく落ち着いていて。例えば、夜寝れなくて、「あの曲の部分が最悪だ。心臓発作を起こす。どうしよう!」と電話を掛けると、すごく落ち着いて「いや、大丈夫だよ。」っていう対応をしてくれる。
すごくいいんですけれども。でもじつはみなさん知らないのは、例えばクラッシュも聞いちゃったりとかして、で「わーっ」っていう面もあるんです。

大抜さん:そうなんですね。やっぱりいいですよね。そういう意味でいいコンビネーションだなと(笑)。

稲葉さん:エピソードがね。ちょっと(笑)

一同:(笑)

サラスさん:でもね。内緒ごともいろいろあるので、全部はバラせないですけどね(笑)。

大抜さん:ほんとにね。関西の公演が行われるというこのスペシャルな。全体が落ち着いてね。音楽を思いっきり楽しめる!と早くなって欲しいなと思いますし。

稲葉さん:そうですね。

大抜さん:稲葉さんはこのライブに向けて気持ちを作っていくという感じですかね?これから。

稲葉さん:もう僕らも100%準備をしておきますので、今は皆さんね、お互い健康に気を付けて、前向きにいきたいなと思います。ぜひ。

大抜さん:はい、ありがとうございます。最後にじゃあ、スティービー・サラスからラジオの前のファンに向けてお願いします。

サラスさん:僕個人のファンがいらっしゃるのか、よくわからなんですけど、僕はほんとに日本が大好きで。こうやって日本に来られることが、第二の故郷だと思っているので、すごく嬉しいです。”カラーコード”の最初のリリースから30年経った今もこうやって日本に来て、ライブができるということは光栄で嬉しいことです。

大抜さん:関西公演も楽しみにしてますし、またハイライトがまた戻ってくるんだというのを楽しみに待ちたいと思います。
ということで、INABA/SALASとして、稲葉さんとスティービーサラスさんをお迎えしました。ありがとうございました。

稲葉さん:ありがとうございました。

(「IRODORI」オンエアのあと)

大抜さん:INABA/SALAS “IRODORI”をお送りしました。4日間に渡ってお届けしてまいりました。この「INABA/SALAS」のインタビュー、いかがでしたでしょうか。今日はね。最後にツアーの話が出ていましたが、今月末からスタート予定だったツアーは全公演延期となってます。そしてイベントの出演もキャンセルとなっております。そして、この延期公演に関しては現在調整中ということですから、詳しくはオフィシャルサイトをご確認ください。
このINABA/SALAS、スティービーサラスを通じて稲葉さんの意外な一面出てきて、みなさんも楽しめたでしょうか。

 

オンエア楽曲

INABA / SALAS “IRODORI”


スポンサーリンク

記事内広告


 

「CHUBBY GROOVE TOUR 2017」で演奏されたカバー曲

今回のインタビューの中で出た「CHUBBY GROOVE TOUR 2017」ツアーでセットリストに登場したのはDavid Bowieの「Moonage Daydream」とThe Clash 「Police on my Back」でした。
どちらもスティービー・サラスのカバーアルバム「JAM POWER」に収録されております。

David Bowie「Moonage Daydream」

JAM POWER」では「Moonage (Daydream)」という名前で収録されています。
ちなみにこのツアーの前の年の1月10日に亡くなったデヴィッド・ボウイ。ツアーの中でDAVID BOWIEのTシャツも着てリスペクトされていました。

 

The Clash 「Police on my Back」

Police on my Back」は稲葉さんが歌っています。聞き比べると、面白いですね。

稲葉浩志とビバリーヒルズで夕食をとった後、俺の車で彼の部屋に向かったんだ。ラジオを付けたらクラッシュの曲が流れていて、彼はボリュームを上げてノリノリになった。一年後にまた俺の車に彼が乗っていた時、ラジオでクラッシュの曲が再び流れたんだよ。曲に合わせて全ての歌詞を歌う浩志を見て、彼がクラッシュの大ファンだって事を知ったんだ!そこで『JAM POWER』を録音する時、クラッシュの曲で歌ってもらえないかと訊いたら「英語で?」って尋ねるんだ。「ああ」って答えたよ。どの曲が一番いいか、お気に入りのクラッシュの曲を聴き直してみたんだ。みんなが知っているように俺はファンクが好きだから「This Is Radio Clash」を試してみたんだけど、浩志の声にはどうも合わなかった。でも浩志とハワイで会った時にステーキを焼きながら「Police On My Back」を聴いた時に「これだ!」って閃いたね。サンディエゴに住んでいた高校時代のバンドがこの曲をよく演奏していたから、俺はこの曲をよく知っていたんだ。ジャラ・スラップバックがリズム・トラックにファンクの要素を盛り込んでくれた後、俺は東京に飛んで浩志とヴォーカルを録音した。ロスに戻った後、偉大なるキングスXのシンガー、ダグ・ピニックがコーラスを歌って、曲に厚みを与えてくれたんだ。

スポンサーリンク

記事内広告


 

「IRODORI」自宅スタジオセッション動画公開

「Maximum Huavo」がリリースされた翌日4月16日になんと”IRODORI”の自宅スタジオセッション動画を公開SNSとYouTubeに公開されました。
稲葉さんの自宅には勝新太郎さんからもらったテンガロンハットや松本さんからもらったギターなどに目がいってしまってなんども観てしまいます。

#inabasalas #イナバサラス #イナサラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

ツアー延期は悲しいけど、自宅で楽しめる動画も公開してくれて嬉しい!

-INABA/SALAS, 稲葉浩志