サウウェブ

#映画 のネタバレや感想や小ネタなど解説まとめサイト

映画

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

2020/09/22

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

クリストファー・ノーラン最新作の「TENET」を観てきました。

複雑で、超難解な映画でした。「インセプション」「インターステラー」など数々の話題作を送り出してきた鬼才クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル脚本のアクションサスペンス超大作。正直1回目ではわからないと思います。

これまで「メメント」の最後を最初に持って着て、オープニングをオチに持っていったり、「インセプション」では頭の中に入って夢の時間の流れを表現したり、「インターステラー」では重力の強い惑星での時間の流れ、「ダンケルク」では陸海空それぞれの時間経過を分けた表現など、ノーラン監督は時間の表現にこだわった作品作りをされていました。
そして今回の「TENET」で表現したのは”時間の逆行”です。

今回主演はデンゼル・ワシントンの息子であるジョン・デビッド・ワシントンが勤め、ノーラン作品ではおなじみのマイケル・ケインの登場します。
撮影はホイテ・バン・ホイテマ、美術はネイサン・クローリーなど、スタッフも過去にノーラン作品に参加してきた実力派が担当し、音楽は「ブラックパンサー」でアカデミー賞を受賞したルドウィグ・ゴランソンがノーラン作品に初参加です。

今年はこれで間違いなしな作品でした。詳しくは下記のネタバレで。

2020年製作/150分/G/アメリカ
原題:Tenet
配給:ワーナー・ブラザース映画

スポンサーリンク

作品紹介・あらすじ

満席の観客で賑わうウクライナのオペラハウスで、テ口事件が勃発。罪もない人々の大量 虐殺を阻止するべく‘特殊部隊が館内に突入する。部隊に参加していた名もなき男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、仲間を救うため身代わりとなって捕えられ、毒薬を飲まされてしまう。しかし、その薬は何故か鎮痛剤にすり替えられていた。
昏睡状態から目覚めた名もなき男は、フエイと名乗る男から”あるミッション”を命じられる。
それは、未来からやってきた敵と戦い、世界を救うというもの。未来では、”時間の逆行門と呼ばれる装置が開発され、人や物が過去へと移動できるようになっていた。 ミッションのキーワードは<TENET>。
「その言葉の使い方次第で、未来が決まる。謎のキーワード、TENET(テネット)を使い、第三次世界大戦を防ぐのだ。
突然、巨大な任務に巻き込まれた名もなき男。彼は任務を遂行する事が出来るのか? そして彼の名前が明らかになる時、大いなる謎が解き明かされる―。

出典:https://wwws.warnerbros.co.jp/tenetmovie/introduction.html

 

キャスト

脚本・監督・製作はもちろんクリストファー・ノーラン。
撮影はホイテ・バン・ホイテマ。
音楽はルドウィグ・ゴランソン。

  • 名もなき男 TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係名もなき男 / ジョン・デビッド・ワシントン
    テストに合格し、人類を極秘ミッションを与えられたスパイ。彼自身も任務の全容を把握できていない。
    演じているジョン・デビッド・ワシントンの父親はデンゼル・ワシントン。
  • ニール TENET テネット映画ネタバレ感想ニール / ロバート・パティンソン
    名もなき男の部下でムンバイの作戦から同行する。
  • キャット TENET テネット映画ネタバレ感想キャット / エリザベス・デビッキ
    バートン卿の姪で絵画の鑑定士。夫もセイターとの関係は思うようにいかないが、彼との間の息子マックスの事を思い別れることができない。
  • マックス / ロウリー・ジェパード
    セイターとキャットの息子。パンフレットでは「MAX」ですが、海外情報では「Maximilien」が正式名称らしく。逆から読むと、、、。
  • セイター TENET テネット映画ネタバレ感想セイター / ケネス・ブラナー
    ロシアの武器商人で、現在の仲介人。スタルスク12の出身でそこにある力を手に入れる。
  • プリア TENET テネット映画ネタバレ感想プリヤ / ディンプル・カパディア
    「時を逆行する武器」を売っている大物武器商人サンジェイ・シンの黒幕。夫を”商売の顔”にしている。
  • アイヴス TENET テネット映画ネタバレ感想アイヴス / アーロン・テイラー=ジョンソン
    最終ミッションのカプセル回収班。名もなき男と同じく赤チームとして通常の時間軸のユニットリーダーを務めている。
  • マヒア TENET テネット映画ネタバレ感想マヒア / ヒメーシュ・パテル
    名もなき男の仲間で飛行機班として協力する。
  • バーバラ TENET テネット映画ネタバレ感想バーバラ / クレマンス・ポエジー
    「時を逆行する武器」を研究している。名もなき男に逆行して飛ぶ弾丸を説明する。
  • クロスビー TENET テネット映画ネタバレ感想クロスビー / マイケル・ケイン
    イギリスの諜報機関の連絡役。ロンドンでセイターの情報を名もなき男に伝える。
  • フェイ / マーティン・ドノヴァン
    病院船で名もなき男にあるミッションを与える。その際、TENETのメンバーを証明する指のサインを教える。

スポンサーリンク

記事内広告


 

 

TENET テネット ネタバレ

プルトニウム241回収作戦

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

6月14日、キエフ国立オペラ劇場に突如現れた武装グループに観客もろとも占拠されてしまった。
これを予期していたかのように出撃する特殊部隊。

両者の戦いの中、CIAのエージェントである「名もなき男」は潜入したスパイのもとへ。
スパイが奪取した「プルトニウム241」の回収が彼の任務でした。

観客ごと劇場を爆破しようとする特殊部隊を発見し、名もなき男はこの事件自体が何者かに仕組まれたものであることに気づきます。
名もなき男は敵の襲撃に遭ってしまいましたが、逆行する弾丸を操る謎の男によって助かり、観客の命を救うことができました。

観客の命は救ったものの、自らは敵に捕らえられ、凄絶な拷問を受けてしまいます。
名もなき男は敵の隙を見て、銀色の自殺カプセルを飲みましたが、それはすり替えられた単なる鎮痛剤でした。

 

トロンヘイム海上

名もなき男が目が覚めた場所はトロンヘイム海上の施設でした。
死んだと思われた名もなき男を救ったのは、第三次世界大戦を未然に防ぐために活動する謎の組織でした。
フェイと名乗る男から、テストに合格したことを告げられます。

彼らによれば、現代人を職滅するため、時間を逆行してくる未来からの脅威が存在すると言います。
任務を成功させるためには、時間に隠された秘密を解き明かし、人類が信じ続けてきた時間のルールから脱出しなければならないといいます。
キーワードは”TENET”
フェイは「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」と言い、名もなき男にTENETのメンバーを証明する指のサインを教えました。

協力を要請された彼は、施設内で研究員から時間の逆行を見せられます。
それは壁に打ち込まれた弾丸が、自力で飛び出し銃口に逆戻りするという、あまりにも現実離れした瞬間でした。
これは、キエフの劇場で彼を救った男が起こした現象と同じでした。

名もなき男は、逆行する弾丸を見せられ、驚得しつつも、その薬英の成分から、弾丸がインド製であることを突き止めます。

 

武器商人を追ってムンバイへ

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

インドの武器商人サンジェイ・シンを探るため、名もなき男はムンバイに行きます。
そこでアシスタントのニールと合流する名もなき男。
ニールは初対面にもかかわらず、名もなき男は任務中はお酒を飲まないからと「ダイエットコーラ」を代わりに注文するなど、名もなき男のことをよく知るニールでした。

サンジェイと対峙すると、本当の武器商人の黒幕は妻のプリヤであることが分かります。

 

キャットを仲介役に

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

イギリスの諜報員クロズビーの情報をたどり、未来人のエージェントとみられるロシアの武器商人セイターへの接触を示唆されます。

セイターに近づくため、名もなき男はセイターの妻である絵画鑑定士のキャット近づきます。

キャットは親密な関係だった画家のアレポが描いた贋作を故意にオークションに出品。
それを高額で競り落としたのは夫のセイターだった。
セイターは浮気の代償にキャットを美術品詐欺で訴えると脅していたのだ。
名もなき男は贋作を盗み出すのを条件にキャットにセイターへの仲介を約束させます。

名もなき男はキャットのために、オスロの空港に保管庫に突入することにしました。

 

オスロ空港の保管庫

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

キャットの情報から名もなき男は、オスロ空港の保管庫が贋作の隠し場所と推測します。

オスロの空港に隣接された保管庫のセキュリティを貨物機を保管庫に衝突させるという大胆な方法で突破した名もなき男とニール。
飛行機の衝突という混乱に乗じて、内部に突入する名もなき男とニールは、保管庫の中心に回転ドアのような装置を見つけました。

すると突然、回転ドア(時間反転システム)が開き、両方のドアから同時に2人の黒服の男が飛び出してきました。

名もなき男は時間を逆行する奇妙な動きに翻弄されながら苦戦を強いられます。
一方、ニールは逃げる黒服男を追いかけていきました。

名もなき男は謎の男と格闘するが、逆再生のような奇妙な動きに翻弄され、寸前のところで取り逃がしてしまいました。

 

セイターを助ける

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

アマルフィ海岸でセイターの大型ヨットに招かれる名もなき男。

贋作は事前にセイターによって保管庫から移動されていました。
セーリング中に逆上したキャットはセイターの命綱を切断、海へたたき込む。

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

海に落ちたセイターを救い、命の恩人となった名もなき男はキエフのプルトニウムの強奪を持ちかける。
キエフで回収されたプルトニウム241が警察に渡りタリンへ移送されることを知っていました。

 

タリンでのプルトニウム241奪還作戦

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

名もなき男たちはタリンのハイウェイで待ち構え、セイターの裏をかいて移送中のプルトニウム241の入ったトランクを強奪することに成功しました。

トランクの中身は何からの部品のような奇妙な物体。
息つく間もなく、次は逆走する車に突っ込まれます。

その車の中には未来から逆行してきたセイターとキャットが乗っていました。
未来から来たセイターは全ての真相を知っている様子で、キャットの命と引き換えにトランクを要求してきました。

そして、前方には横転しながら逆行する車が走っています。
名もなき男は”パーツ”を逆行する車に投げ入れ、空のトランクをセイターに投げ渡します。

セイターは順行する別の車に乗り、キャットは縛られたまま車に置き去りにしました。

名もなき男はキャットの乗る車に乗り移り、間一髪のところでブレーキをかけキャットを救いました。

 

逆行世界へ

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

銃撃戦の末、名もなき男とキャットはセイターに捕まり、回転ドア(時間反転システム)のある部屋へ連れてこられます。
名もなき男のガラスの向こう側でキャットは逆行世界のセイターの銃弾で重傷を負ってしまいました。

キャットの命を救うため、名もなき男は応援部隊のアイブスの手を借りて逆行する世界へ飛び込みました。
名もなき男はセイターとカーチェイスしたハイウェイへと向かいます。

TENET テネット映画ネタバレ感想 名もなき男とニールの関係

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

セイターの車に追いつくが、名もなき男の車は横転してし、”パーツ”はセイターに奪われてしまいました。
さらに漏れ出たガソリンに火をつけられ、車は爆発しますが、逆行する世界では高温のものは冷たくなるので、名もなき男は低体温症になってしまいます。

名もなき男は再び順行の世界に戻るため、オスロ空港の保管庫にある回転ドア(時間反転システム)を目指しました。

 

オスロ空港の回転ドアへ

負傷するキャットを連れた2人は、次に再度順行に戻るためにオスロの回転ドア(時間反転システム)を目指します。
以前、回転ドア(時間反転システム)から飛び出して襲ってきた黒服の男は、彼自身でした。

セイターに奪われてしまったパーツは、全時間を逆行させ順行の世界を滅ぼすアルゴリズムのパーツでした。
未来の科学者によって発見され、悪用されないよう9つに分解して過去に隠し、未来の科学者は自殺したのでした。
セイターは最後のパーツのプルトニウム241を手にしたことで全てのパーツを手に入れたことになりました。

セイターは時間を逆行させてすべての生命を消滅させることを考えていました。
セイターは末期のすい臓がんで余命わずかであり、アルゴリズムを起動し全人類を道連れにするつもりでした。
アルゴリズムは彼の命と連動しており、心臓が止まった瞬間にアルゴリズムが起動するようになっていました。
その起動時刻と場所は、2週間前、キエフ国立オペラ劇場でテロが起きた日に爆発があったスタルスク12。

キャットによれば、14日は彼が幸せを感じた最後の日で、それ以来姿を消したとのことでした。

名もなき男はアイブス率いる大部隊とともに母艦マグネヴァイキング号に搭載された回転ドア(時間反転システム)で時間を遡り、決戦の地スタルスク12へと向かいます。

 

スタルスク12での順行と逆行による挟み討ち作戦

作戦はスタルスク12での爆発を機転に順行逆行で10分間の挟み撃ちで決行されます。
逆行するブルー隊は爆心地へ降下し、敵の排除と情報収集。
順行するレッド隊はアルゴリズムの確保です。

レッド隊の名もなき男とアイブスは銃弾が降り注ぐ中、目的の施設にたどり着くことができました。
しかし、施錠された鉄格子に阻まれます。

扉の向こう側でセイターの部下ボルコフがアルゴリズムを埋めようとしているのを見ながら何もできないことに苛立ちを見せる名もなき男とアイブス。
名もなき男はなんとか襲撃しようとするもボルコフも応戦してきます。

そしてそんなボルコフに銃を向けられた次の瞬間、足元に横たわっていたバックに赤いストラップをつけていた兵士の死体が、逆行により突然蘇生し、立ち上がると敵の弾丸を受け止めて助けてくれました。
さらに逆行したその兵士は鉄格子の鍵を開けてどこかに行ってしまいます。
扉の鍵が開いたことで名もなき男とアイブスはアルゴリズムを回収することができました。

しかし、出口は塞がれ脱出できず、爆発の時間も迫っていました。
そのときどこからともなく上から投げ込まれた縄に引っ張られ、ギリギリで地上に脱出。

一方キャットは時間稼ぎをするためにベトナムへ行き、セイターがいるヨットへ向かいました。
幸せな会話をしているかのようでしたが、セイターの様子に次第に憎しみが込み上げ、キャットは隠していた銃でセイターを撃ち、ヨットから突き落としました。
そして自分も海へ飛び込んで逃げました。
(この後にセイターが姿を消したのはキャットが殺したため。)

 

雇い主を明かすニール

車でアイヴスと名もなき男を引っ張り上げたのはニールでした。
無事アルゴリズムを回収したアイヴスはアルゴリズムを3つに解体します。
アイヴスは3つに分けたパーツを名もなき男、ニールに投げて、三人が持ちます。

任務を終えたニールは、名もなき男にパーツを投げて、自分の雇い主が名もなき男であることを明かしました。
すべては未来の名もなき男が考えた作戦だったと言います。

ニールはそこで自分はまた時間を逆行し、鍵を開けられるのは自分しかないと告げて、戻っていきました。

ニールの去って行く後ろ姿のバックには赤いストラップがついていました。

そのストラップから名もなき男はボルコフとの戦いで鉄格子の向こう側で自分の身代わりとなり救ったのはなんとニールだったのと知ります。
さらにキエフの劇場で救ったのもニールだったと知ります。

 

組織の黒幕

後日、名もなき男はキャットの残した”電話の記録”からキャットの命を脅かすプリヤを殺しました。
名もなき男は「未来の自分がこの組織を作った」と言います。

学校帰りの息子と歩いて帰るキャットとの後ろ姿で終わり。

スポンサーリンク

記事内広告


 

エンドロール後

特に何もありませんでした。

 

スポンサーリンク

記事内広告


 

エントロピー増大の法則

「あらゆる物理学の法則は対照的であり、時間を巡航しても逆行してもエントロピー以外は同じ状態を保つことができる。」という考え方で、ある物体のエントロピーの流れを逆行させた場合、その物質の時間の流れを逆行させられるということ。
「エントロピーを減少の方向へ導くことができれば、時間を逆方向に進むことも可能になる」という大胆な発想がこの『TENET テネット』の根底にあります。

 

回転ドア(時間反転システム)

セイター達や名もなき男達が使用する時間反転システム。
オスロ空港では、回転ドアのような円筒をふたつ連ねた一人用。
タリンのカーチェイス後に登場するのは、ガレージぐらいの大きさがあり、複数の人間、大量の物品も収納できる。
名もなき男サイドの母艦の内部に設置されているドアは、3連のスロットマシンのような形状で、同時に複数の人間を通過させることが可能。

 

スクルスク12

セイターの故演で、核関連施設を有し、1970年代のソ連時代には20万人が居住していた。
だが、爆発事故があり、弾頭が地上に散乱し、街は放棄された。
当時、10代だったセイターは、瓦磯の中からプルトニウムを探す仕事に従事する。
放射線に晒されるかもしれない危険な毎日の中、セイターは地中よりタイムカプセルを発見することになる。

 

逆行弾を受けたキャットはどうして逆行しないといけなかったのか

順行では受けた逆行弾の傷は、銃弾を受けたという結果が確定しているので、回復しないから。
銃弾をしていない?回復する?地点にまで逆行して遡る必要があったのではないかということだから、逆行する必要があった。

 

バックに赤いストラップをつけていた兵士とは?

ニールが作戦行動中にバックバックに下げている。
五円玉のような穴の空いた硬貨に赤いひもが通してある。
キエフのオペラ劇場で名もなき男を救った人物や最後の戦いで洞窟の鉄格子前で倒れていた死体も同様のストラップを下げており、すべてニールであったことがわかる。

 

プルトニウム241とは?

9つに分けられたアルゴリズムのパーツの一つ。

 

「アルゴリズム」とは?

時間そのものの向きを逆行させる未来人の最終兵器。現代でセイターが集めている。
未来では気候変更により人が住めなくなってしまったので、過去を変えるために未来の科学者によって開発されました。
未来人は悪用されないよう9つに分解して過去に隠し、セイターにそれを探させました。
未来人は9つパーツを過去に隠すと自殺したのでした。

 

ロゴマークにも順行と逆行

映画冒頭「ワーナー·ブラザース」のロゴは時間の順行を示す「赤」で、その後の「シンコピー·フィルムズ」のロゴは時間の逆行を示す「青」で、 音楽も逆再生になっています。

 

銀のカプセル

CIAメンバーが密かに携帯している自決用毒入りカプセル。
激しい持間に耐え、仲間の脱出を確認した名もなき男が飲み込む。
だが、これは彼を試すためのテストだった。
同様のカプセルをセイターが自殺用に所有していた。

 

親殺しのパラドックスとは?

親殺しのパラドックス(おやごろしのパラドックス)は、タイムトラベルにまつわるパラドックスで、SF作家ルネ・バルジャベルが1943年の著作 Le Voyageur Imprudent(軽はずみな旅行者)で最初に(この正確な形式で)描いた。英語では grandfather paradox(祖父のパラドックス)と呼ぶ。
すなわち、「ある人が時間を遡って、血の繋がった祖父を祖母に出会う前に殺してしまったらどうなるか」というものである。

その場合、その時間旅行者の両親のどちらかが生まれてこないことになり、結果として本人も生まれてこないことになる。
従って、存在しない者が時間を遡る旅行もできないことになり、祖父を殺すこともできないから祖父は死なずに祖母と出会う。
すると、やはり彼はタイムトラベルをして祖父を殺す……。このように堂々巡りになるという論理的パラドックスである。
出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

 

TENETの意味は?

英語のTENETには、主義、教義、信条といった意味があります。

映画『TENET テネット』では、時間に隠された秘密を解き明かし、人類を滅亡から救うというミッションのキーワードとなっています。

SATOR式と呼ばれる、ラテン語の回文からきています。

SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS
(農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする)

さらにTENETの他にも引用されています。

SATOR」は今回の悪役名前”セイター
AREPO」はキャットと仲のいいアートディーラーの名前
TENET」は第三次世界大戦を阻止しようとする組織の名前
OPERA」は作品冒頭のキエフ国立オペラ劇場
ROTAS」はオスロ空港の警備会社の名前

 

ニールは未来から逆行してきた?ニール=○○○○?

キャットとセイターの息子のマックスとニールが同一人物説が有力です。
パンフレットでは「MAX」ですが、海外情報では「Maximilien」が正式名称らしく。逆から読むと「Neilimiam」、、、。「Neil」。

そう考えると、名もなき男はスタルスク12での挟み撃ち作戦後、TENETを立ち上げ、青年ニールと再会。
そして、名もなき男の命令で、ニールは時間を逆行し、名もなき男と合流することになります。

スポンサーリンク

記事内広告


感想・まとめ

話の展開が早くて、1回目で理解できる人なんているのかな。
理解しようとすると、どんどん話が進んじゃうので、2回以上見ないと分けわからないかも。

名もなき男はニールの終わりを知り、ニールはもなき男の始まりを知っていたとこが、逆行の世界を描けてて面白かった

冒頭のワーナーのロゴが赤で、エンドロールのロゴは青というのもおもしろい演出です。

ニールがマックスだとしたら、おそらく10年以上もの時間を逆行する世界で過ごしていたのかな、、、、。
ニール側からこの話を見てみたいですね。
ニールは自分が死ぬとわかっていて逆行したのかな。

ジョン・デヴィッド・ワシントンが「テネットはケネス・ブラナーがロシア訛りで逆再生セリフを喋ってるのを見るためだけに何度でも観る価値がある」って言ってるらしいです。
ってことはあのセリフって録音の逆回しじゃなくて逆回しの音を覚えて実際に喋ってってこと!?
すごい。
また観たくなります。

 

twitterまとめ

いいなと思うツイートをピックアップしました。

m/tTDtgTHShu

— カール ( •̀∀•́ )✧ (@tyya4x) September 22, 2020

【TENET テネット】ハミルトン 公式 腕時計 HAMILTON BELOWZERO TITANIUM AUTO カーキ ネイビー ビロウゼロ チタニウムオート メンズ ラバー H78505330 | 正規品 ギフト 時計 メンズ腕時計 ダイバーズウォッチ 自動巻 防水 機械式 100気圧防水 ダイバー アウトドア ブラック

価格:214,500円
(2020/9/22 23:01時点)
感想(0件)

#tenet #テネット #tenetテネット #映画 #ネタバレ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

難解な作品でしたが、2回、3回と見せる複雑な仕掛けで面白かった。

逆行と、順行が入り混じる映像は奇妙でさすがでした。

時間表現にこだわるノーラン作品、次はどんな作品を作ってくれるのでしょう。

-映画