サウザンドウェーブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

車・車用品

RX-8 冷却水量警告灯(パルテノン現象・ラジエター警告灯)の修理・サブタンク交換費用

 | 2,318 views

冷却水警告灯 radiator サブタンク交換

RX-8(LA-SE3P)乗りでは誰もが遭遇するであろう有名な持病、テールランプ水槽化現象、クラッチのエア噛み、プラグかぶりなど経験してきました。そして、この前パルテノン現象なんて言われているラジエターのセンサー誤作動でおきる冷却水量警告灯が点灯しました。
あとで見返す時のために、そのときのことをまとめました。

スポンサーリンク

冷却水量不具合の現象

ラジエーター不具合修理費 パルテノン現象 radiator

エンジンをかけてしばらくすると、すぐに消える警告灯の一つの冷却水量警告灯が点灯しっぱなしになりました。
エンジンルームを開けて冷却水の量を確認しても減っておらず、異常があるように見えませんでした。気になっていたけど、車を走り出して、しばらくすると消えたりするので気にしていませんでした。警告灯がついたり、つかなかったりしてたし。

あとで調べてみると、RX-8オーナーの間でセンサーの不具合で有名なパルテノン現象のようです。警告灯が「パルテノン神殿」みたいだからそう言われているそうな。冷却水の量に異常があるわけではなく、センサーの誤動作のようです。

マツダのセーフティチェックの時期だったので、予約したついでに冷却水サブタンクの交換費用の見積もりをお願いしました。

 

修理・サブタンク交換費用

ラジエーター不具合修理費 パルテノン現象 radiator

18,926円!!

ネットで検索しても19,000円とか安いところだと16,000円を見かけていたので、驚きはしなかったけど、高すぎるやろ。まぁ、妥当な値段のようです。サブタンクが11,000円って高すぎる。

 

まとめ

今回はサブタンク交換せずに様子見にしました。ラジエターが漏れていたわけじゃないので。
それにこの後のタイミングでバッテリーを交換したんだけど、交換してからは一度も警告灯が点灯することがなくなりました。もしかしたらバッテリーが弱くなってきて、それがラジエターのセンサーの不具合になったのかもしれません。わからないけど。バッテリー交換して、一旦リセットされたからかな?

冷却水量警告灯が一度点灯しても、慌てることなく、エンジンルームの冷却水の水量を確認して、減ってたりしなければ、まずセンサーの不具合だと考えて良さそうです。それでも水温計には注意しながら走らないといけないとダメですが。
警告灯が点灯したままだと、もし本当に冷却水量に異常があった場合にわからないので、早めにサブタンクの交換はしないといけないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-車・車用品