サウウェブ

#映画 のネタバレや感想や小ネタなど解説まとめサイト

映画

ジオストーム(Geostorm) 映画感想・ネタバレ 映像凄かった!B'zは吹替版のみ

2018/01/22

2017年にアメリカで公開され、日本では3ヶ月遅れで公開された災害映画「ジオストーム(原題:Geostorm」を日本語吹替版のみでB'zが主題歌を担当したということで観に行ってきました。
字幕版ではエンディングのB'zは流れないので注意です。

地球の気候をコントロールすることを可能にした人工衛星が暴走し、世界中が異常気象や大災害に見舞われるなかで、未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いたディザスターパニックアクション大作という謳い文句。

上映時間は約2時間(109分)。物語の展開が読めて、良くも悪くも想像通りの映画でした。
詳しくは下記の完全ネタばれで。

スポンサーリンク

作品紹介・あらすじ

世界各国の最新テクノロジーを集結し、天候を完璧に制御することを可能にした気候コントロール衛星の運営開始から3年。
突如として衛星が暴走を始め、世界中で異常気象を発生させる。
衛星の生みの親でもある科学者のジェイクは、衛星の暴走原因を突き止めるため宇宙へ向かうが……。
出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/

 

キャスト

監督・製作・脚本は「インデペンデンス・デイ: リサージェンス(2016年)」「GODZILLA(1998年)」では製作・脚本を担当したディーン・デヴリン。

  • ジェイク・ローソン / ジェラルド・バトラー(上川隆也)
    気候コントロール衛星「ダッチボーイ」の開発者。「エンド・オブ・ホワイトハウス」シリーズのジェラルド・バトラー
  • マックス・ローソン / ジム・スタージェス(山本耕史)
    ジェイクの弟。気候コントロール衛星「ダッチボーイ」の責任者。
  • サラ・ウィルソン / アビー・コーニッシュ(ブルゾンちえみ)
    大統領のSP。マックス・ローソンの彼女。
  • ウーテ・ファスベンダー / アレクサンドラ・マリア・ララ(田中敦子)
    ステーションの司令官・責任者。
  • チェン・ロン / ダニエル・ウー(蟹江俊介)
    マックスの学生時代の友人。香港で働くステーションの職員。
  • アル・ヘルナンデス / エウヘニオ・デルベス(岩崎正寛)
  • レイ・デュセット / アムール・ワケド(横島亘)
    ICCSの保安担当。
  • エニ・アディサ / アデペロ・オデュイエ(木村涼香)
  • アンドリュー・パルマ / アンディ・ガルシア(内田直哉)
    アメリカ合衆国大統領。
  • レオナルド・デッコム / エド・ハリス(菅生隆之)
    アメリカ合衆国国務長官。
  • ダンカン・テイラー / ロバート・シーハン(寺島惇太)
    ソフトウェア技術者
  • トーマス・クロス / リチャード・シフ(仲野裕)
    バージニア州知事。査問会の議長。
  • カサンドラ・ジェニングス / メア・ウィニンガム(神田みか)
  • デイナ / ザジー・ビーツ(英語版)(朴璐美)
  • ハンナ・ローソン / タリタ・ベイトマン(英語版)(潘めぐみ)
    ジェイクの娘。
  • ミッキー / ダニエラ・ガルシア(熊谷海麗)
  • マイク / リッチー・モンゴメリー(間宮康弘)
  • リコ / デヴィッド・S・リー(さかき孝輔)
  • カール / ビリー・スローター(英語版)
    当初はキャサリン・ウィニックがジェイクの元妻でありハンナの母であるオリヴィア・ローソン役にキャスティングされていたが、再撮影の結果、彼女の役はジュリア・デントンが務めることになった。

 

ジオストーム ネタバレ

気候コントロール衛星「ダッチボーイ」

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

2019年。災害史に残るような規模の自然災害が多数発生した後、18の国が共同で”ダッチボーイ”という愛称の防衛システムを構築します。
これは国際気象宇宙ステーション(ICSS)を中心に気象をコントロールするための人工衛星を張り巡らせるというものでした。

システムの総責任者であるジェイク・ローソンは、国際色豊かなスタッフ陣を総動員して地球の監視を行っていました。
そんなある日、ジェイクはアメリカ合衆国上院の査問会に呼び出されることとなりました。

「”ダッチボーイ”の管理者としての資質に欠けるのではないか」という疑念を向けられたジェイクは激怒します。
ジェイクは査問会の議長を務めるトーマス・クロス(バージニア州知事)を罵倒したことが決定的となり、ジェイクは”ダッチボーイ”の責任者の地位をおろされ、その後任にはジェイクの弟のマックスに移ることとなりました。

 

「ダッチボーイ」の不具合

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

2022年。アフガニスタンで一つの村が村人ごと凍りついてしまうという異常気象が発生します。
国連の調査隊が現地に派遣されたが、原因の特定はされませんでした。

その原因を探るため、国際気象宇宙ステーション(ICSS) ではアフガニスタン上空の衛星を回収して調査をしようとしますが、技術者が密かにデータを抜き去ってしまいます。
彼はそのデータをロッカーの一つに隠しますが、その後、誤作動によって宇宙空間に放り出されてしまうのでした。

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

事態を重く見たアンドリュー・パルマ(アメリカ合衆国大統領)は内閣の緊急会合を開きます。その会合にはマックスも参加していました。
アフガニスタンでの一件の原因は気象コントロール衛星「ダッチボーイ」の不具合によるものだと説明されます。

現在、国際気象宇宙ステーション(ICSS) を管理しているのはアメリカで、この事件が明るみになれば諸外国から責任を追及されることは明らかでした。
パルマ大統領は国際気象宇宙ステーション(ICSS) の管理権がアメリカから国連に移る2週間後までこのことを隠蔽することにします。

それに対してマックスは「できるだけ早く過失を認めて不具合の修正を行うべきだ。手遅れになったらどうするのか。」と主張しました。
それを受けてパルマ大統領は国際気象宇宙ステーション(ICSS) の不具合原因究明のため、人員を一人だけ送ることを決めます。
デッコム国務長官の薦めもあり、マックスはジェイクを「ダッチボーイ」へ連れて行くことに決めました。

 

ジェイクを説得

職を失ってから3年経過したジェイクは妻と離婚し、自宅も手放してトレーラーハウスで生活をしていました。
シャトルの打ち上げが見えるフロリダ州で生活していたジェイクはマックスからの復職の誘いを一旦断るが、「ダッチボーイ」への情熱を感じ取りマックスの説得で引受けることとなりました。

その頃、香港でも異常な気温上昇が発生し、それが原因で発生した火災によって街が大混乱に陥っていました。

香港でも異常気象

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

国際気象宇宙ステーション(ICSS) に到着したジェイクは、ステーションの司令官を務めるウーテ・ファスベンダーに出迎えられ、スタッフたちに紹介されました。
早速、ジェイクたちは香港で起こった出来事に対して調査を開始します。
しかし香港の気象を制御している衛星は壊れており、データが全て消滅していることがわかっただけでした。

その頃、マックスはダッチボーイを管理する香港支局の職員、チェン・ロンから衛星にアクセスができなくなっていると異常を報告されていました。
さらにチェンは「このまま衛星の誤作動が続くようなら、世界規模の異常気象”地球嵐(ジオストーム)”は発生するかもしれない」と警告を受けます。

マックスは職員でハッカーでもある友人のデイナの協力を得て、衛星にアクセスしようとしますがが、何者かによってアクセスがブロックされていることが判明します。
アクセスの変更をできるのは、マックスが働いている本部内しかなく、誰かが「ダッチボーイ」の異常作動を隠そうとしているのではないかと、2人は疑うのでした。

その頃、香港では大停電が発生し、混乱を押さえ込むために軍隊が出動するに至っていた。
「香港にいたのでは何もできないどころか、自分の命も危ない」と考えたチェンはアメリカへ行くことを決めました。

 

香港の衛星のハードドライブ

ICSSでは香港の異常気象を引き起こした衛星を回収して調査を開始しようとしていました。ですが、衛星を固定していたクレーンアームが暴走をおこし、そこにいたジェイクやウーテ、他のクルーの命を危険にさらした後に、衛星を粉々に破壊してしまいました。
残った部品を調べても、肝心のハードドライブは完全に破壊されていたのでした。

衛星の誤作動の原因を方法がなくなったと思った矢先、技術者が宇宙に放出されて亡くなった際に、誤作動で開放されたドアの一つが、ICSSの部品に引っかかっていることがわかります。
ジェイクとウーテはそのドアのハードドライブを回収しに、ステーションの外へ出るのでした。

無事にドアを回収しますが、ジェイクの宇宙服の姿勢制御装置が暴走を始め、ジェイクは回収したドアを持ちながらステーションの壁などにぶつかりながら暴走します。
その衝撃でドアを失ってしまい、装置を外してステーションの部品をギリギリで掴み、ウーテに助けられてステーションに救助されます。

ステーション内に戻ったウーテはまたも解決の糸口をなくしてしまったと嘆きますが、ジェイクはドアを放す前にハードドライブを抜き出すことに成功していたのでした。
しかしジェイクはそのことをウーテにしか明かさず、他のクルーには失敗だと告げました。
それはジェイクは誰かが故意にジェイクを殺してハードドライブを手に入らないようにしようとしている、と疑ったからでした。

ハードドライブを調べた結果、故障による誤作動ではなく、プログラムによる作動であったことが判明します。
誰かが技術者を事故死させ、同じ人物がジェイクを殺そうとしていることがわかりました。

 

ゼウス計画

アメリカではマックスはチェンかとの待ち合わせ場所でサラと待っていました。ですが、目の前でチェンは交通事故に巻き込まれてしまいます。

サラは怪しげな人物に気がついて追いかけますが、逃げられてしまいました。
チェンを助け起こすマックスですが、瀕死のチェンは「ゼウス」とだけ言って息絶えてしまいます。

その後、マックスはジェイクに呼び出され、通信会話で暗号を受け取ります。
その暗号を解読すると、「一連の災害が故障ではなく故意に引き起こされた可能性が高いこと」、「政府関係者にその犯人がいる可能性が高いこと」を知ります。
それを知ったマックスは、デイナとサラの協力で「ゼウス」について、大統領府のコンピューターにハッキングすることを決意します。

その結果、「ゼウス」計画とは、世界中で異常気象を起こさせ、「ジオストーム」を発生させるという計画でした。

 

コンピューターウィルス

ジェイクとウーテは監視カメラの映像を見返し、その映像からICCS技術者が死ぬ前にアフガニスタンの気象衛星からログデータを抜き取っていたことを発見します。
デュセットの協力でそのファイルを見つけ出し、そこから一連の誤作動と思われていたものはコンピューターウィルスによって起こっていることと判明します。

マックスとジェイクはデイナによって傍受されないように繋げられた通信会話でそれぞれが発見したことを報告します。
ジェイクはこの計画は大統領が裏にいるのでは、という可能性を話すのでした。

その話を信じられないマックスに、ジェイクは2週間後に控えた「ダッチボーイ」の受け渡しに際し、異常が多発することで国連側が受取を拒否し、再びアメリカ
一国で「ダッチボーイ」がコントロールするためが動機だと話します。

ジェイクはコンピューターウィルスの排除にはシステムの再起動が必要と話すと、そのための再起動コードは大統領が持っているとわかりました。

 

再起動コード

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ジェイクの仮説を信じないマックスは、フロリダ州のオーランドで開催される民主党全国大会に参加する大統領に無理やり同行することをします。
サラの協力もあり、無事にオーランドについていくことのできたマックスは、なんとか機会をみて大統領に話をしようとしますが、なかなか好機は訪れません。

そんなとき、日本の東京、ブラジルのリオデジャネイロで異常気象が発生し、大きな被害が出ているニュースが飛び込んできます。
しかも次の異常気象地はオーランドである予報も発表されていました。

国務長官のデッコムがマックスの様子に気が付き、問いただします。
マックスはデッコムに状況を説明し、大統領から再起動コードを聞き出さないといけないというのですが、再起動コードは大統領の指紋を使用しており、つまり大統領自身が再起動コードなのでした。

協力を約束したデッコムですが、突然、マックスを殺そうと発砲します。
寸前のところで逃げ出したマックスはデッコムこそが黒幕であったことに気がつくのでした。
サラのもとに言って、デッコムが黒幕だという正体を明かし、異常気象が迫っていることも伝えます。

 

黒幕逮捕

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

覚悟を決めたサラは大統領を拉致することにします。マックスに車を用意するように言い大会会場で銃を発砲。
無線で「銃を持った不審者を見た」とでっち上げて他のSPを誘導し、大統領をマックスの用意した車に乗せて逃走します。

その直後、デッコムの手先が追跡してきますが、異常気象が始まり、落雷がいたるところで発生します。
そしてその一つがスタジアムに落ちてスタジアムは大爆発を起こしてしまうのでした。

サラの運転でデッコムの部下からの攻撃を交わしながら、反撃をして撃退します。

待ち伏せしているデッコムをおとりの車で油断させて確保します。
応援の警察も集まってきてデッコムは身柄を拘束されますが、大統領に計画は2次大戦後の偉大なアメリカを取り戻すために、目障りな敵を一掃することといい、その復活したアメリカの大統領になれるチャンスだ、と誘います。
が、大統領は耳を貸さず、デッコムは逮捕されて連れて行かれるのでした。

 

ICCS内の裏切り者

ICSSではコンピューターウィルスによって衛星の暴走が始まります。
ジオストームへのカウントダウンが始まり、モスクワは熱波による被害、インド・ムンバイでは4つの大竜巻が、ドバイでは津波が街を襲うのでした。

さらにコンピューターウィルスはICSSの自爆装置も作動させてしまいます。ウーテはステーションの全乗組員に退去を指示しました。

ジェイクはこれまでのことからソフトウェア技術者のダンカンが怪しいと問い詰めますが、隠していた銃で反撃されます。
そのまま格闘の末、ダンカンはジェイクを狙ったつもりで発砲した弾丸が窓を破損させてしまい、壊れた窓から宇宙空間に放り出されてしまいました。

最後のシャトルの前でウーテはジェイクを待っていましたが、そこに現れたジェイクはウーテに再起動コードを入力するために一人残ると申し出ます。
その役目はステーションの司令官であるウーテが引き受けると言いますが、マックスはジェイクにしか再起動コードを教えないだろうと、脱出を促します。
ウーテはシャトルで脱出することになり、ジェイクは入力装置へと向かうのでした。

大統領がNASAのケネディスペースセンターに到着し、再起動コードの認証を行います。
通信会話でジェイクは再起動コードを受け取ります。
そこでマックスとサラは、再起動コードでジオストームの発生を止めることはできても、ICSSの自爆装置を止めることができないことを知るのでした。

ジェイクは再起動コードの入力装置への部屋に入るための扉を開けれずに手間取っていました。
するとそこに現れたのはウーテで、その扉は間違っていて、入力装置の扉を教えてくれました。
そして2人で再起動コードを入力し、「ダッチボーイ」のシステムは再起動され、ジオストームの発生を防ぐことに成功するのでした。

 

ICCS自爆装置

ジオストーム geostorm 映画感想・ネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

システムの再起動でも自爆機能は止まりません、ICSSは爆発していき破壊されていきます。
そんな中でジェイクとウーテは予備の衛星を見つけます。
その衛星内に入り込んでICSSから脱出し、ジェイクは救命信号を出して気づいた誰かに救出してもらおうと願います。

爆発する中、無事にICSSから離れることができ、その信号に気づいたシャトルに回収してもらい、生きて地球に戻るのでした。

 

6ヶ月後

ジェイクは新しい衛星システムを構築するため、1週間後、再び宇宙へ旅立つことが決まっていました。
その前に娘のハナとマックスの3人で釣りをしていましたが、ジェイクとマックスは釣りに飽きて歩いていきました。

ステーションが再建されるまで、NASAが衛星を管理することになりました。
衛星は世界共有のものとなり、地球はひとつに結託したのでした。

 

エンドロール後

エンドロール・スタッフロール後は吹替役の紹介が出るだけで何もありませんでした。

日本語吹き替え版で主題歌「Dinosaur / B'z」

エンドロール中にB'zの「Dinosaur」が流れました。

歌詞は映画と関係ないけど、映像は「ジオストーム」の映画に合ってます!

 

スポンサーリンク

記事内広告


ジオストームのドッキリ動画

映画「ジオストーム」のプロモーションで行われたドッキリ企画。
ニューヨークのとある区画を貸し切り、その区画が大寒波に襲われて凍り付いたかのように装飾したのである。ドッキリに協力しているタクシードライバーが客を乗せてしばらくすると「ニューヨークを突如として大寒波が襲いました」という偽のニュース速報が流れ、その後に装飾した区画に入るというものであった。
最初は半信半疑であった乗客も精巧な装飾を目にして慌てふためくこととなった。その動画は2017年10月16日にYoutube上で公開された。

 

監督が銀座を選んだ理由とは?

デブリン監督は、銀座を選んだ理由を「世界中の街の中でも、一目見てどこかわかる非常に特徴的な街だし、他にはない雰囲気を持っているからだ」とインタビューでコメントされていました。
映画の中では、銀座の歩行者天国に直径5メートルもの超巨大な雹が落ちてきました。

 

B'zが担当した映画主題歌まとめ

今回映画の主題歌として洋画が初ということで、これまで担当した映画の主題歌をまとめました。

映画タイトル 主題歌
「不夜城」(1998年) The Wild Wind
「名探偵コナン 世紀末の魔術師」(1999年) ONE
「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」(2002年) Everlasting
「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」(2006年) ゆるぎないものひとつ
「俺は、君のためにこそ死ににいく」(2007年) 永遠の翼
「TAJOMARU」(2009年) PRAY
「名探偵コナン 沈黙の15分」(2011年) Don't Wanna Lie
「名探偵コナン 純黒の悪夢」(2016年) 世界はあなたの色になる
「疾風ロンド」(2016年) フキアレナサイ
「ジオストーム」日本語吹替版主題歌(2018年) Dinosaur

 

吹替版主題歌はB'z

ディーン・デブリン監督がB'zが主題歌をやることでコメントを出されていました。ちょっとリップサービスしてる感じですね(笑い)
歌詞は全く関係ないけど、曲はディザスター映画には合います。

日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB’zとのコラボレーションをとても楽しみにしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!

 

スポンサーリンク

記事内広告


映画感想・まとめ

率直な感想は今までの災害映画(ディザスタームービー)をまとめたような映画。裏切りや予想外の展開はあるけれど、ちょっと展開の読める話で残念な感じはしました。

黒幕の首謀者は何万人もの死者を出したのは”大統領となるため”という陰謀論という結末。なんじゃそりゃ。。納得できん。

ただ映像は凄かったです。高層ビルのドミノ倒しとか、熱帯地域の波や人が一瞬で凍っていく映像、砂漠に津波が押し寄せる映像など、そういう映像を観せたくてこの映画を撮ったんじゃないかと思わせる作品でした。
ここまで気象現象が映像がされている映画はないんじゃないかな。

この映画は4DXで観ることを強くお勧めします。この映画を観て新しい要素はないけど、4DXのために作られたと思えば納得の作品でした。

あと映画館の音響でB'zの曲も聴けるし、ぜひ観に行って欲しい!

 

twitterまとめ

いいなと思うツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-映画