サウウェブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

映画

堤監督作品 真田十勇士 映画感想・総評・ネタバレ

2016/10/06  | 1,357 views

堤監督作品 真田十勇士 映画感想・総評・ネタバレ

スポンサーリンク

あらすじ・作品紹介

関ヶ原の戦いから14年後。天下の名将としてその名を世に轟かせていた真田幸村(加藤雅也)、実際は奇跡的に運に恵まれ続けただけの腰抜け男。真田幸村は自分の虚像と実像の差に悩んでいた。

そんなある日、幸村は抜け忍の猿飛佐助(中村勘九郎)と出会う。自分の嘘とハッタリで幸村を本物の天下一の武将に仕立てあげることを決意した佐助は、同じく抜け忍の霧隠才蔵(松坂桃李)ら9人の仲間を集め、「真田十勇士」を結成。

亡き秀吉の遺志を継いで豊臣家復権を狙う淀殿に呼び寄せられた幸村と十勇士は、瞬く間に徳川との戦いの最前線に立つことになってしまう。
出典:http://sanada10braves.jp/

佐助役を中村勘九郎、才蔵役を松坂桃李が舞台版に続いて演じるほか、佐助と才蔵の幼なじみでありながら彼らの命を狙う女忍び・火垂役で大島優子が本格時代劇に初挑戦する。

堤幸彦監督と中村勘九郎がタッグを組んで大ヒットを記録した2014年の舞台「真田十勇士」を映画化。

 

感想・見どころ

監督は20世紀少年3部作、トリックシリーズ、SPECシリーズの堤幸彦監督。「神の舌を持つ男」などちょっとイマイチな作品もあるけど、割と好きな監督で、その監督の撮る時代劇はどういう風になるのか気になって観に行きました。結果、堤監督の撮る時代劇とアニメーションを楽しめるものとなっていました。エンドロールまで凝ったもので、真田十勇士の後日談を描いており、最後まで楽しめます。

「嘘も突き通せば真実となる」というテーマで作られている作品で、オチを通してそのテーマに繋がっていきます。話の内容は真田十勇士の結成、大坂冬の陣と、大坂夏の陣を描いた内容。NHKの大河ドラマ「真田丸」も観てないで僕でもそれなりに楽しめる内容となっていました。腰抜け男の真田幸村が猿飛佐助のプロデュースにより、どんな話の展開になっていくのかが見どころです。

 

ネタバレ

冒頭から真田幸村が猿飛佐助や霧隠才蔵と部下の三好清海入道、三好伊三入道の2人を仲間にします。

猿飛佐助は「嘘も突き通せば真実となる」その方がおもしろいでしょ?ってことであと5人個性的なキャラクターを集めて、「真田九勇士」を結成します。このあたりまでおよそ十数分アニメーションで描かれます。「この映画はアニメ映画ではありません。あと、数分で本編が始まります」のテロップが入るあたり堤監督っぽいです。

その後、根津甚八も加わり、「真田十勇士」を結成。

  • 真田幸村(加藤雅也)
    実は腰抜けで小心者。
  • 真田大助(望月歩)
    父の幸村を心から尊敬している。
  • 猿飛佐助(中村官九郎)
    久々津衆(徳川忍者)の抜け忍。頭の回転が速い。嘘で人を操る。
  • 霧隠才蔵(松坂桃李)
    久々津衆(徳川忍者)の抜け忍。クールで、空も飛べる忍者。佐助とともに十勇士を支える。
  • 火垂(大島優子)
    佐助と才蔵の命を狙うくノ一。
  • 三好清海(駿河太郎)
    霧隠才蔵の部下。
  • 三好伊三(荒井敦史)
    霧隠才蔵の部下
  • 由利鎌之助(加藤和樹)
    槍の達人。
  • 筧十蔵(高橋光臣)
    武ゲイ者。
  • 海野六郎(村井良大)
  • 望月六郎(青木健)
  • 根津甚八・豊臣秀頼(永山絢斗)
    豊臣秀頼は根津甚八謎に容姿が似ているってことで10番目の勇士。
  • 徳川家康(松平健)
  • 淀殿(大竹しのぶ)
    豊臣秀吉の遺児・秀頼の母

およそ内容は原作に近いと思いますので、ざっくりのネタバレで。

大坂冬の陣のあと、大坂城の堀を埋めて、大坂夏の陣にて、真田幸村と真田大助は敵陣に突っ込み討ち死にします。

真田幸村が討死したあと、猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海、三好伊三、豊臣秀頼(根津甚八が影武者として演じている。)達は、大阪城に戻り、火垂や久々津衆の首領などの前で淀殿が徳川に通じていたことを暴露します。

それがきっかけで、火垂、猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海、三好伊三、豊臣秀頼(根津甚八)達は仲間内で殺し合い、全員死にます。(実際は死んだふり)

久々津衆の首領など徳川の人間は豊臣秀頼たちが死んだと嘘を思い込みます。

その結果、豊臣秀頼を薩摩に逃します。

(エンドロール)

最終的に生き残った十勇士は、その後、琉球に移動し、劇団(嘘が真か、真が嘘か)を立ち上げ、大坂冬の陣の舞台を成功させる。仲間を増やし、真田十一勇士となる。

その後、バタヴィアに移動する。そこで仲間を増やし、真田十二勇士となる。

上海に移動し、仲間を増やし、真田十三勇士となる。

豊臣秀頼を天草四郎として天草に戻った一行。

真田十三勇士と火垂は最後まで、豊臣秀頼を支えたというオチ。

 

まとめ

NHKの真田丸とか観て、内容を知っているとさらに楽しめたのかな、という印象です。僕はあんまりでした。

ほんとはNHKの真田丸とか実際の話との比較とか、相違点をまとめたりしたらおもしろいと思ったけど、見てなくて書けないから薄っぺらい感想になってしまった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-映画