サウウェブ

映画、海外ドラマ、スケボー、車、B'z、BUMPのブログ

ウォーキング・デッド シーズン9

ウォーキング・デッド シーズン9 第5話ネタバレ・感想 リック卒業、映画で復活

 |  21,495 views

ウォーキング・デッド 9

ウォーキング・デッドシーズン9第5話。
ウォーカーたちの群れを橋から引き離すために誘導するリックですが、落馬し、鉄骨に腹部を串刺しになってしまいます。リックが助かるかどうか気になる展開の続きです。

リックの卒業回でも注目されている今回。来週以降や、今後のウォーキングデッド映画化についてもまとめました。
詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

あらすじ

https://www.youtube.com/watch?v=bSde0SKaqBU
清算(What Comes After)

橋を守るため、ウォーカーの大群をキャンプとは逆の方向へ誘導しようとするも、絶体絶命の状態に陥ってしまったリック。
果たして彼の元に助けは来るのか!?
出典:https://tv.foxjapan.com/fox/program/episode/index/prgm_id/21487

 

ウォーキング・デッド シーズン9 第5話 ネタバレ

幻覚を見るリック

鉄骨に串刺しになったリック。

リックはシーズン1第1話でベッドで起きる自分の幻覚を見ている。
ベッドのリックに「起きろ。クソ野郎。」と言われました。

目を覚まし、現実に戻るリック。
串刺しのリックにウォーカーの群れが迫っていました。

リックは自分のベルトを外して、自分の上にある鉄骨にベルトを引っ掛けて体を起こし、鉄骨から抜け出します。
負傷しながらも5,6m先にいた白馬に近寄って行き、なんとか馬にまたがり走り出して行きました。

 

ヘリと連絡を取るジェイディス

ゲイブリエルを置いてゴミ山から一人で出て行ったジェイディスは車に乗って走っていましたが、車が故障してしまいます。
すると、ヘリから無線連絡がありました。

ヘリ「位置と”A”の状況を報告しろ」
ジェイディス「アコティック川の東岸。ゴミ山の北、1,5マイル地点。」
ヘリ「”A”はどうした?」
ジェイディス「あるわ。輸送の準備はできている。」
ヘリ「取引放棄から連絡がなかった。ゴミ山から撤退しただろ。これが罠なら報いを受けさせる。」
ジェイディス「罠じゃない。避難のためならなんだってする。ここを離れたい。私を見つけて。」
ジェイディスは「待ってるわ」と行って歩いて行きました。

 

シェーンが再登場

リックは馬に乗ってウォーカーの群れから逃げて、森の中の小屋に身を隠しました。
椅子に座って、そこにあった布を破り、お腹に巻いて止血。
リックは再び意識が遠くなってしまいます。

リックは白馬に乗って、シーズン1のアトランタを進んでいるとシェーンと遭遇。
シェーンはリックに「お前の家族を探しているのか?厳密に言えば、俺の家族。俺の娘だぞ。目が似ている。」
さらに「お前は俺に似ている。他の誰より俺の影響を受けている。」
リック「望んでいなかった。」
シェーン「だが受け入れたろ?お前はあの草原で二人きりの時。俺を手本にした。あれでよかった。一歩踏み出した。」
リック「責任は俺に。」
シェーン「そこが間違っている。俺の責任だ。思い出してみろ。ゲス野郎の喉を噛みちぎり、教会では頭をかち割った。俺が求めていたお前だ。お前の中に眠っていた。教えてやるからよく聞くんだ。怒りた憎しみを思い出してみろ。そうすれば忠誠心を見いだせる。唯一終わらせる方法だ。お前ならできる。」
リック「お前にしたことは悪かった。」
シェーン「そんなことは忘れろ。あと一つ。起きろ!!」

現実に戻るリック。

目の前にはウォーカーがいました。
すでに小屋の入り口はウォーカーの群れがおり、反対側の壁を破り、馬に乗ってかろうじて逃げることができました。

 

マギーはニーガンを殺さなかった

ニーガンを殺すためにアレクサンドリアにやってきたマギー。
ニーガンを捕らえている牢屋の部屋の入り口にやってくると、ミショーンが前に立って塞いでいました。

「何かすればあいつのためになる」と説得をしようとするミショーンですが、マギーは「私のためや、みんなや、グレンのためよ」と言います。
さらに「憎しみは1年半立っても消えなかった。」というマギーにミショーンは「何か方法を考えなきゃ。」と言います。

マギー「教えてよ。どうすれば解放される?こんな生き方は無理。」
ミショーン「私にもわからない。背負って行きられる?」
マギー「背負うわ。こんな生き方より。」
と言って手をだすマギー。
ミショーンはその手に牢屋の鍵を渡します。

牢屋の部屋に入るマギー。ひざまついて、明かりのあることろに移動しろ、というマギーですが、それを無視するニーガン。
ニーガンはグレンを殺した時のことを詳細に状況を説明してマギーを挑発します。
「殺してくれ」と言うニーガン。

マギーは怒り、牢屋の鍵を開けて牢屋の外にニーガンを引っ張り出します。
明るいところに引っ張り出したニーガンは暗闇ではわかりませんでしたが、衰弱していました。

「なぜ殺してくれと頼む?」と聞くマギー。
ミーガンは「妻のもとに行きたい。ルシールのもとへ」と答えます。
ニーガン「俺は死ぬべきだ。死ななきゃならない。俺を殺すのは君であるべきなんだ。俺にはできない。今の俺ではダメだ。こんな生き方させないでくれ。終わらせてくれ。殺せ。頼む。」
マギー「中に戻って」
ニーガン「よせ、よせ、どうしてなんだ。」
マギー「ニーガンを殺そうとしたけど、死ぬより悲惨だわ。それでいい。入って。」
ニーガン「こんなはずじゃなかった。」

ニーガンは再び牢屋に戻ります。
マギーは牢屋に鍵をかけて部屋を出ました。

外で待っていたミショーンはマギーが手に持っていたバールに血の跡がないことに気づきます。
すると、駆け寄ってきたダイヤンが「キャンプが危ないわ」と知らせにきました。

 

ハーシェル、サシャも再登場

リックは「誘導しないと」と意識朦朧になりながら馬に乗っていました。
再び意識は遠くなります。

リックは農場でハーシェルに再会します。
リックは、ハーシェルとベス、グレンに起きたことを謝り、マギーに多くを失わせたことを謝ります。

ハーシェル「私の娘は強い子だ。孫がさらい娘を強くする。娘の心配はいらない。」
リック「家族を探している。俺がみんなんをまとめる。」
ハーシェル「その必要はない。とらわれるな。」
リック「あなたが俺に望んだ。カールのために。簡単ではなかった。」
ハーシェル「だが、いずれたどり着く。誰もが。」
リック「疲れたんだ、ハーシェル。俺の家族はここで見つかるかも。」
ハーシェル「起きるんだ」

意識を取り戻すリック。
ですが、再び馬に跨りながら意識を失います。

”外に死人がいる”
と警告された扉を開けて先を進むとそこには一面死人が倒れていました。

その死体にはマギーやダリル、シェーンなど仲間が倒れています。
その中からサシャが立ち上がります。

リック「みんな死んでいる。」
サシャ「いいのよ。」
リック「何がいいんだ?いいはずがない。」
サシャ「役割を果たした。私のように。死者はみんなそう。私たちに必要な強さを与えてくれた。その私たちが他の人たちを救い、彼らに強さを与えた。お互いをかえ、向上し合う。終わりはない。」
リック「もう終わる気がする。」
サシャ「小さいことはね。全ては終わらない。あなたや私、個人のことじゃない。私たち全員のことよ。バランスは保てない。バランスは必ず崩れ、善の方向へ。勇敢さの方へ。愛へと向かう。家族をあなたは失っていない。だから迷わないで。あなたは起きるのよ。」

意識を取り戻すリックは馬から落馬していました。
馬はそのまま森の中に走って行ってしまいます。
落馬した場所は橋の修理のために設営していたキャンプ場でした。

 

橋を爆破

キャンプ場では仲間がウォーカーとなって迫ってきていました。
リックはリボルバーで迫ってくる3体を狙撃し、倒します。
すると、さらにウォーカーの群れが現れました。

リックは意識が朦朧としながら、ウォーカーの群れを修復中の橋に誘導します。

橋の目前で意識が失いそうになると、ダリルやミショーンたち仲間が駆けつけて後ろに迫るウォーカーたちを倒します。
リックの元にミショーンが駆け寄ります。
リック「俺はもう無理だ」
ミショーン「私たちは死なない。あなたを愛したのは戦士だからよ。決してあきらめない。だから戦って、私や皆のために。」
リック「君は家族だ。君を見つけた。」
ミショーン「そうよ。」
リック「だがこれは現実じゃない。」
ミショーン「現実よ。起きて。」

意識を取り戻したリック。
再び、橋を渡ってウォーカーたちを誘導します。

橋の対岸側についたリック。
ウォーカーの群れの重みで橋が崩壊すると予想していましたが、予想が外れて橋は壊れませんでした。
そのままウォーカーはリックの方向へと歩いてきます。

「無理だ」と諦めるリック。
1体のウォーカーに襲われそうになりますが、横からボーガンが放たれてウォーカーの頭部に命中。
橋の横からダリルがリックを助けるためにボーガンを放ったのでした。
そのままダリルはリックの近くにいるウォーカーをボーガンで狙撃して倒します。

マギーは銃声でリックの反対側におびき寄せようとします。
ミショーンも急いで橋の方向へと走って行きました。

リックは橋の真ん中ににダイナマイトの箱があることに気が付きます。
リックは「家族を見つけた」と橋の中央にあるダイナマイトを銃で撃ち、爆発。
橋は炎に包まれました。

マギー、ダリルたち仲間はそれを驚き眺めていました。
ウォーカーたちは橋から続々と川に落ちて流されて行っています。
ダリルは泣きながら森の中に歩いて行きました。

 

リックはジェイディスに助けられる

川の下流でヘリとの合流場所にいるジェイディス。
無線でリックが橋を爆破したことを知ります。

すると、ジェイディスは川岸にリックが流れ着いているのを見つけます。

ジェイディス「”B”がある。最初から”A”はなかった。傷ついているけど強い人よ。」
ヘリ「罠なら報いを受けさせると言ったろ。」
ジェイディス「嘘はつかない。もう二度と。」
銃を捨てるジェイディス。
ジェイディス「友人を救いたい。私を救った人よ。そっちのためにもなる。取引する?」

着陸するヘリ。

ヘリに運ばれながら目を覚ますリックに「もう大丈夫。私が救うわ。」と話しかけるジェイディス。
そのままリックはヘリでジェイディスと共にどこかに飛んで行きました。

 

数年後?

マグナ率いるグループがウォーカーの群れに襲われていました。
囲まれて身動きができなくなってしまう5人。

すると、数体のウォーカーが倒されて、「こっちよ」と女の子の声が聞こえます。
そこから逃げることができました5人。
ウォーカーを倒したのは見知らぬ女の子でした。

女の子「名前は?」
マグナ「私はマグナ。コニーとケリー、ユミコとルーク。あなたは?」
女の子「ジュディス・グリムス」
その女の子は10歳ぐらいに成長したジュディスだったのでした。

 

ニーガンは演技だった?本心だった?

ニーガンが殺して欲しいと言ったのは、殺されないように演技していたのか、本心だったのか半分半分で思っていましたが、「殺してほしい」というのは演技ではなく、本心のようです。

 

リックは映画で復活!!

米AMC局が手掛けるドラマ「ウォーキング・デッド」がテレビ映画化されると、Varietyほか海外メディアが報じています。
映画の脚本はドラマのショーランナー(製作総責任者)を務めていたスコット・M・ギンプルが脚本を執筆するといわれており、The Hollywood Reporter は、AMCが“ウォーキング・デッド・ユニバース”と題し、リックの物語を3本の映画で描くとも報じています。

映画化について、スコット(ドラマの製作総責任者)は「我々はリック・グリムスの物語を継続させる最初のパートに取り掛かっており、まだ見ぬ『ウォーキング・デッド』の世界やこれまで登場した人物、そして今後皆さんのお気に入りになってほしい新キャラクター達と共に、今も拡大している最中です」と語っています。

 

次回からはどうなるの?

https://www.youtube.com/watch?time_continue=13&v=AgFkOSwqsbw

予告編を見ると第5話の最後、ジュディスが大きくなった話の続きですね。

スポンサーリンク

300_250_PC用

感想

ジュディス・グリムスが大きくなっている!
それに短剣?とリボルバーを携帯している!しかもカール(リック)の帽子も!
ミショーン、リック、カールの要素が凝縮されていますね。

リックの幻覚でハーシェル、サシャ、シェーンが登場したけれど、グレンは出ませんでしたね。

リックは結局、ジェイディスに助けられて、ヘリで連れて行かれてしまいました。
交換条件として”A”とか”B”って言っていたけど、結局よくわからないままでした。

次回からは数年後ということで、グレンとマギーの子供もどこまで大きくなっているのか気になるところ。

リックは生きているというのは嬉しいですね。
というか、今回テレビシリーズの退場となったリックですが、今度は映画で戻ってくるようです。
それもリックが主演で。
どんな展開になるのか気になるところです。

9年も続く人気シリーズがスピンオフだけでなく、今度は映画にもなるなんて忙しい。
しかも三部作。
製作総責任者のスコット・M・ギンプルは「我々はリック・グリムスの物語を継続させる最初のパートに取り掛かっており」とコメントされている通り、今後の展開が楽しみです。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

サウウェブ
平均:  
 1 レビュー
by サウウェブサウウェブ

リックはいなくなったけど、次回からはジュディスの活躍が楽しみ!

-ウォーキング・デッド, シーズン9