サウウェブ

映画、海外ドラマ、スケボー、車、B'z、BUMPのブログ

シーズン2 マクガイバー

MACGYVER/マクガイバー シーズン2 第14話 ネタバレ・感想 ジャックCIA時代のツケ

 |  31 views

マクガイバー DVD-BOX PART2(5枚組)

MACGYVER/マクガイバー シーズン2 第14話。
前回はマクガイバーの父親の進展はありませんでした。サマンサもリハビリで実家に帰省中。
今回も特に進展はありませんでしたが、今回は今回でジャックの過去など面白い回でした。
詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

あらすじ

第14話「マルディグラ+椅子」/Mardi Gras Beads + Chair

マクガイバーとジャックが指令室へと入ると深刻な顔のマティが待っていた。
デューク・ジャコビーなる男が再びニューオーリンズに現れたという。
それを聞いたジャックは凍り付くが、マクガイバー、ライリー、ボーザーには初めて聞く名前だ。
マティたちの反応から相当な悪党かと構えるが、状況説明で画面に映し出されたのは笑顔のジャックだった。
出典:http://www.superdramatv.com/lineup/SN0000000485.html

 

キャスト

ゲスト:ジョニー・コイン「ブラックリスト」、エイミー・スマート『バタフライ・エフェクト』
脚本:マルキ・ジャクソン(脚本)、アンドリュー・カールスルアー(脚本)、ブライアン・ダーキン(原案)
監督:マイケル・マルティネス

 

マクガイバー シーズン2 第14話 ネタバレ

仮設トイレで避難

南太平洋、ミクロネシア。
猛烈な大風の真っ只中。

例によって、マクガイバーとジャックはククーデターの証拠を掴む潜入任務は成功しますが、逃走に失敗。
クーデターを企てる将軍と二人になるのを避けるため、台風の中逃走しますが、選んだのは仮設トイレ。
台風の中、転げ回流のに耐える2人でした。

 

ジャックの偽物?デューク・ジャコビー

ジャックはマクガイバーと女性とのデートのことを話しながら作戦室に向かっていました。
この前食事した女性はジャックにブルース・ウィリスのことを聞かれて、「エクスペンダブルスに出ていた人?」と言われて即会計。
もう二度と会わないんだとか。

そんな態度のジャックにマクガイバーは前に付き合っていたサラが1年前に結婚したことを今も引きずっている、と指摘。
前に進めよ、とマクガイバーに言われます。
ジャックは「美人で、賢かったら俺も攻める、さらに格闘技と銃撃戦の知識があれば文句なし。」と返します。
サラの代わりはいない、とジャックを説得するマクガイバー。

作戦室に入ると、マティは10年前に葬ったはずの男、デューク・ジャコビーが再び活動し始めたことを知り激しく動揺します。
デューク・ジャコビーの顔が映るとジャックの顔で全員が驚きます。
デューク・ジャコビーとはCIA時代のジャックの潜入IDの1つ。

デューク・ジャコビーは当時、ハリケーンカトリーナの被害で無法地帯と化したニューオリンズの港で不穏な動きを監視するために送り込まれました。
そのおかげでCIAは数多くの犯罪やテロを防ぎました。
優秀でしたが、お金がかかることでも有名で、CIAはデューク・ジャコビーを暗殺されたことにしました。
作戦名は”予算削減”。

何者かが、そんなデューク・ジャコビー名義の銀行口座を2日前に開き、クレジットカードや免許証の再発行を行った。
誰が、偽装IDの情報を手に入れたのか、目的はなんなのか、それを調べるためにマティ、ジャック、マックは一緒にニューオリンズまで出向くことなりました。
ボーザーも一緒に行くと思い込んでライリーに「お土産にベニエ買ってくるね。」と言いますが、ボーザーは財団で別の任務を命令されます。

 

デューク・ジャコビーの妻発見

ジャックたちはまず、街の情報屋に聞き込みをします。
その情報から、ジャコビーの妻ディキシーが住んでいる住所を突き止め、自宅に潜入。
中はもぬけの殻でした。

ジャック達はリビングにあったノートPCからCIAの情報がジャックの他に16人も漏れていることを突き止めます。
さらに5万ドルが引き出されたこともあって、大金がこの家にあると予想。

マクガイバーはジャックの携帯を分解してホール効果センサーと箒、スピーカーで金属探知機を作ります。

金属探知機からキッチンの引き出しから大金とディキシーの顔写真を発見します。
ライリーはこのディキシーの顔写真から街の監視カメラを照合して、20分前にジャズバーに入ったところを突き止めます。
ジャックとマクガイバーはそのバーに向かいました。

ジャックとマクガイバーはジャズバーに入り、ディキシーを発見。
ジャックがディキシーに接触をします。

ディキシーにどうやってIDを盗んだのか聞いても答えません。
すると、デューク・ジャコビーに恨みのあるギャング達はジャズバーに入ってきます。

ディキシーとジャック、マクガイバーはジャズバーから逃走。
ギャングの1人を捉えますが、ディキシーとジャックはギャング達に連れ去られてしまいました。

 

ボーザーの暗号通信

ライリーはどうやってCIAのIDが盗まれたのか、CIAのネットワークを調べるもハッキングの形跡はなし。
フェニックス財団のネットワークを調べますが、同様にハッキングの形跡はありません。
ですが、内部から暗号化されたデータが流出していたことを特定します。
毎日少しずつ送られていることからメールで送られているかもしれないと予想します。

昨日の午後3時21分は長時間繋がっていたことから通話しているかもというライリーに
AIのスパーキーが「ぴったりですね。午後3時21分と言えば、、、」と、全ての発言を待たずにボーザーはスパーキーの電源を落とします。

ボーザーは自分がその暗号化通信を送っているとライリーに白状しました。
訓練校で出会ったリアーナに夢中で連絡を取るべく、未認証の暗号化通信をしていました。

ボーザーは「リアーナ以上の人はいない。キャリアを捨てる覚悟をしている。あとは君次第。」とライリーに判断を仰ぎました。

 

尋問と追跡

マクガイバーとマティは捕らえたジャングから尋問し、聞き出そうとしますが答えません。
ボーザーが訓練校で学んだ尋問のアドバイスをしますが、マティに「訓練校のカリキュラムは全て私が作ったの」と言われてしまいます。

マティはギャングの足を踏みます。
ギャングの出した声からアルバニア系だと判断するマティ。
ボーザーに「”人は苦しい時とっさに母国語が出る”とメモしといて。」というマティ。

マクガイバーは口を割らないギャングを泳がしてジャックが捕らえられている場所を探すために手錠にコーティングを施します。
セレンと酸化カドミウムと塩酸でで作った溶液で赤外線カメラで手錠を感知して捕らえられるようにします。

あとはギャングにうまいこと逃げてもらうだけですが、ちょうど逃げ出そうとしていることをでした。
マクガイバーはそのギャングを捕らえようとしながら手錠をはめることに成功します。

衛星の赤外線カメラで逃げたギャングの居場所を追っているライリーとボーザー。
ジャックとディクシーが捕らえられているギャングの居場所を知ることができました。

その頃、ジャック達と連れ去ったのは昔はめたレイモンドという人物でした。
レイモンドはギャングを仕切っており、昔デュークが原因で父親が60年のムショいりになったことを恨んでいました。

ジャックは50万ドルお金を隠しているとハッタリをかまして時間稼ぎをいます。
レイモンドはそのお金の真偽を調べると、昔沼に置き去りにした兄弟がデュークを殺させてくれるなら100万ドル払うと言われた、と言います。
レイモンドはジャックだけを連れ去って行きました。

マクガイバーたちが赤外線カメラでギャングたちの居場所を突き止めます。
SWATとアジトに突入し、ギャングたちを捕らえディクシーを救出。

ディクシーの証言と過去の報告書から2009年にブラジル人の密輸業者2人を沼に運んでいることを知ります。
マテウスとグスタヴォ・バルボーザという人物だと判明しました。
不動産を買い占めている人物で、その不動産の中には墓地もありました。
その墓地だとあたりをつけて墓地にSWATと向かいました。

 

ジャック火葬?

マクガイバーとマティ、SWATで墓地に向かうとレイモンドを捕らえることができました。
レイモンドに「バルボーザはどこに?」と聞きますが、何も知らないと答えません。

ライリーから火葬場で熱源反応がある、との報告を受けてマクガイバーは火葬場へとレイモンドの乗っていた高級車に乗って向かいます。

そのころ、ジャックは棺桶に入れられ、行きたまま火葬の釜に入れられてしまいます。
火がついて、棺桶は燃えて行きます。

 

デューク・ジャコビーは正式に殉職

マクガイバーは火葬場のガスを止めるため、災害時にガスが止まる仕組みを利用するため、車を火葬場に突っ込ませます。
火葬場の塀に衝突する車。
火葬場の釜のガスは止まり、火は消えましたが、棺桶に燃え移っている炎は消えません。

車からマクガイバーが降りると、ギャングに狙われますが、SWATが間に合い助けられます。
マクガイバーは急いて火葬場の中に入って行きました。

ジャックが入ってまだ燃えている棺桶を素手で手前に引っ張ります。
マクガイバーの両手は火傷します。
燃える棺桶を台座から落として、棺桶を破壊。
棺桶の中からジャックを救出しました。

マティがCIAと話し、デューク・ジャコビーは正式に殉職されることとなりました。
ジャコビー夫人も夫と共に埋葬されました。

手錠をかけられた女詐欺師ディクシーは刑務所行きにならず、CIAを助けるかわりに罪に問われないこととなりました。
偽装IDの改善に協力する条件で。
それを聞いてジャックは大喜びでマティに感謝します。

ディクシーは本名は”ドーン”だとジャックに打ち明けました。

 

ライリーは告げ口しないことに

ボーザーの暗号化通信のメール解析した結果、ライリーはボーザーの微笑ましい内容だったことから、マティに告げ口しないことにしました。
さらに財団のネットワークでも検知不能なアプリを作ってあげて、ボーザーの携帯に入れてあげました。

 

ジャックは結ばれるも、、、

その後ジャックとディクシーは盛り上がってジャックの家で一夜を共にします。

翌朝も幸せそうなジャックで、ディクシーと恋人になるか?と思ったら”天職なの 妻より”と書かれたメッセージを見つけます。
ディクシー(ドーン)は詐欺師の道を選びました。

さらにはジャックの部屋にあった絵画やテレビも盗んで出て行っていました。
ジャックは父の認識票(ドックタグ)を確認します。
”そこまでひどい女じゃないわ”とメッセージと共に、無事だったの安心するのでした。

 

前にジャックのものが盗まれたのはいつ?

シーズン2 第7話でジャックの家に空き巣が入った以来の2回目。
前回は父親の認識票(ドックタグ)が入ったシガーボックスが盗まれてお騒動となりました。

 

ボーザーが言ってたベニエって?

ベニエ(仏: Beignet)は、生地を油で揚げた、ドーナツに似たペイストリーである。メープルシロップや果物を詰めたものはオードブルとしても人気がある。

字幕ではドーナツと訳されていましたが、ベニエはドーナツに似たペイストリーのようです。

 

次回はオリジナル版のマードックが登場

アメリカの放送でも話題となっていましたが、次回のシーズン2第15話にはオリジナル版のマードックである”マイケル・デス・バラス(Michael Des Barres)”が出演します!
来週は必見!!

 

ジャックが言ってた映画は?

今回はスターウォーズネタありませんでしたね。

エクスペンダブルス

冒頭のマクガイバーとの会話の中で登場。

 

今回のクリップは?

マクガイバー シーズン2 14話 クリップアート

ニューオリンズに行くということで、ニューオリンズのシンボル”ユリの花”に見えますね。
“Fleur de lis”と呼ばれるこのシンボルは、アイリスの花を紋章化した物で、もともとフランス王家の紋章として知られています。
ニューオリンズは以前にフランスの入植地なのでフランス王家の紋章。

 

スポンサーリンク

300_250_PC用

感想

今回は本編の話としたらボーザーとリアーナの現状報告くらいで進展はありませんでしたが、オチもあって面白い回でした。
最近オチがしっかりしている話が多いですね。

来週はいよいよ、本土で話題となったオリジナル版マードックとリブート版のマードックの共演です。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

サウウェブ
平均:  
 1 レビュー
by サウウェブサウウェブ

次回のマクガイバーも楽しみ!

-シーズン2, マクガイバー