サウウェブ

映画のネタバレや感想や小ネタなども解説まとめサイト

映画

キングダム 映画感想・ネタバレ 原作をほぼ忠実に再現してた

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

映画「キングダム」観に行ってきました。
原作のコミックやアニメでも人気作品の中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画の実写映画化になります。主演は実写映画御用達の山崎賢人さん。

終盤の展開以外はほとんど原作を忠実に再現した内容でした。話の内容としては原作コミックの5巻あたりの王都奪還までです。
映画化をするにあたり、脚本を変えるのか、と思っていましたが、ほとんどそのまま。逆に意外でした。

濃いキャラクターも登場する作品で、邦画でこういう作品はコスプレになりがちですが、そんな印象はなく、”信”に見えたし、キャスティングもよかったです。原作ファンもほとんどの方が納得するんじゃないでしょうか。
詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

作品紹介・あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。

出典:https://kingdom-the-movie.jp/

 

キャスト

監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「BLEACH/ブリーチ」「図書館戦争」などの佐藤信介。

  • 信 / 山崎賢人
    戦争で身寄りをなくした孤児でありながら、お笹馴染みで親友に漂と共に「天下の大将軍」になることを夢見る。漂の王宮行きをきっかけにえい政と出会う。
  • 漂 / 吉沢亮
    嬴政の影武者となる。信の幼馴染で親友。
  • えい政 / 吉沢亮
    秦国の若き王。後の始皇帝。腹違いの弟・成蟜が起こした反乱により王宮を追われる身に。その胸の内には”中華統一”という熱き情熱を秘めている。
  • 楊端和 / 長澤まさみ
    山の民を武力で束ねた、美しき山界の王。その存在は謎に秘められている。
  • 河了貂 / 橋本環奈
    鳥を模した不思議な蓑を被った、山民族の末裔。金目当てに信·嬴政と行動を共にする。
  • 成きょう / 本郷奏多
    贏政の異母弟。父母共に王族の1血を引いている自分こそが純血であり、王にふさわしいと考え反乱を起こす。
  • 昌文君 / 高嶋政宏
    贏政に忠誠を誓うただ一人の信頼できる大臣。赢政の替え玉として漂を王宮へ連れていく。
  • 壁 / 満島真之介
    昌文君の副官であり蠃政に忠誠を尽くす武将。
  • バジオウ / 阿部進之介
    双刀を扱う山民族ナンバー2
  • タジフ / 一ノ瀬ワタル
    山民族有数の怪力の持ち主
  • 里典 / 六平直政
    信と漂を下僕として扱う。
  • 朱凶 / 深水元基
    贏政の首を狙う暗殺者
  • ムタ / 橋本じゅん
    毒矢を武器とするベッサ族の刺客。
  • 左慈 / 坂口拓
    王弟側の凄腕の剣豪(元将軍)。
  • ランカイ / 阿見201
    成蟜が飼いならす人ならざる姿をした巨漢。
  • 魏興 / 宇梶剛士
    王弟の群を率いる武官。
  • 肆氏 / 加藤雅也
    竭氏の参謀であり反乱の指揮を執る。
  • 竭氏 / 石橋蓮司
    秦国左丞相で成蟜の腹心。
  • 王騎 / 大沢たかお
    六大将軍最後の一人。王宮内の権勢争いには全く興味を示さず、血が沸き立つような戦場のみを求める得体の知れない人物。
  • 騰 / 要潤
    王騎に常に付き従う副官。

 

キングダム ネタバレ

目指すは天下の大将軍

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

紀元前245年、中華西方の国『秦』。
戦争孤児の2人の少年・信と漂がいた。

里典に買われて、下僕の2人が今の生活から抜け出す方法は戦で武功をあげて昇格し、天下の大将軍になること。
そのために2人は人知れず剣の特訓をし続けてきました。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

そんなある日、2人が特訓しているところに通りかかった秦国の大臣・昌文君。
なぜか昌文君は漂だけを連れて行き仕官させることにします。

 

秦王・政

秦の王・政は若く、まだ政治的な力も持っていませんでした。
さらに政の母違いの弟・成蟜は公主(王族の娘)を母に持つ自分こそが王にふさわしいと考えており、王を殺そうと企みます。

昌文君は漂が秦の大王・政に瓜二つであったことから、漂を身代わりにして弟の反乱から王の命を救う作戦を思いきます。

この作戦の犠牲になってしまった漂は、信のところに戻り「託したぞ。」という言葉を残しました。
その言葉と共に受け取った地図が指す先の”コクヒ村”で待っていたのは秦王・政。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

「親友である漂が死んだのはコイツのせいだ。」と怒りを政に向ける信だったが、政を助けることこそが漂と夢見た大将軍への近道だと思い直し、共に戦う決意をします。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

途中で金目当てで近づいてきた案内役の河了貂とともに、まずは昌文君との合流地へ向かう3人でした。

 

穆公(ぼっこう)の避暑地

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

昌文君との合流地点、穆公(ぼっこう)の避暑地に向かう途中、刺客のムタに襲われます。
ムタの予想外に強さに苦戦するも、信の活躍により勝利をおさめます。

毒矢を受けた信でしたが、政に担がれながら穆公(ぼっこう)の避暑地に到着するも、そこには誰もいませんでした。
信たちは待つことになります。

そこに昌文君とその部下が到着しました。
政は昌文君に今回の脱出劇がなぜ失敗したのかと尋ねると、あるひとつの誤算があったといいます。

王騎将軍の率いる軍が昌文君の軍に戦いを仕掛けてきたのでした。

引退し、政治にも興味のないはずである王騎が出てきた理由は「熱き血潮渦巻く戦いを求めて」という生粋の武人としての発想でした。

昌文君の兵は追われてしまいますが、絶対絶命か、他の兵が諦めかけたとき、飛び出して兵たちを鼓舞したのは身代わりとして運ばれていた漂でした。
昌文君の兵たちは、漂の活躍のおかげで無事危機を乗り越えることができたのでした。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

 

味方探し

王弟・成蟜の反乱制圧として頼りにしていた呂軍は、戻ってこないことが推測されます。
王の座を狙っている呂丞相は、弟に反乱を起こして王を殺させ、そののちに弟の「非道」を高らかに叫び堂々と成蟜を討つ。
そういうシナリオで自分が王になると計画していると推測されていました。

秦国には政たちの味方をするものはいないのかと頭を悩ますと、昌文君と政「山の民」たちの存在を思いつきます。
400年前の名君・穆公(ぼくこう)と手を取り合い盟を結んだ「山の民」の協力を得ることができれば、大きな戦力になる。

山の民は戦闘能力が高く頼りになる一方で極めて凶暴。
穆公の死後、一方的に交流を絶った秦は憎まれている可能性も否定できず、山の民への協力依頼は賭けでした。

山を歩いていると、いつの間にか信たちは山の民に包囲されてしまいます。
信や政たち、昌文君らは山の民に連れていかれます。
彼らが連れていかれたのは「要塞」とも呼べるほどに文明化された山の民の王国でした。

 

山の民と説得

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

山の民の王・楊端和のもとに連れられた秦王・政。
山の民は秦国に対する恨みから、政たちを処刑するつもりであったが、政や信の弁舌により見事盟を結ぶことに成功します。

信たちは、山の民とともに王都咸陽へ向かいます。

 

開戦

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

咸陽では、呂氏が攻めてくるのに備え兵を集めるも、満足な兵数ではありませんでした。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

この状況を利用し、信たちは山の民になりすまし、盟の復活を打診し、秦国が誘いに秦が乗ったため、朱亀の門までは難なく進むことに成功します。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

武装解除を要求された朱亀の門にて政が剣を抜いて開戦。
突破が困難に思えた門も信の活躍により突破します

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

しかしそこには肆氏率いる精鋭部隊が待ち構えていました。
信たちは激しい戦闘となりました。

 

右龍の回廊

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

政や楊端和らが魏興の弩行隊と戦っている間、信や貂、壁らは別動隊として右龍の回廊へ回り込みます。
信たち別動隊の目的は本殿に行き、成蟜を討つこと。

しかし右龍の回廊には左慈と巨漢のランカイが待ち構えていました。

信や山の民の活躍で左慈の部隊を圧倒するも、大将・左慈は壁の部下を一太刀で倒し、姿を引っ込めました。
ランカイが信たちを襲います。

ランカイを前に手も足も出ない信たち。
絶体絶命かと思われたとき、山の民バジオウとタジフが前に出る。

バジオウとタジフによってランカイの手足の身動きを止めます。
そこに欄干に信の一撃が入ります。
それによってランカイは倒されました。

 

左慈撃破

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

外ではあまりの人数差に、さすがに山の民をはじめ疲労の色を隠せない様子の味方たち。
そんな中、政のゲキにより兵たちは再び士気を上げる。
政の若さを感じさせない堂々とした戦いっぷりによりなんとか場をしのいでいた。

本殿にたどり着いた信たち。
周りが慌てるふためく中、余裕の表情を見せる成蟜。

そこには再び左慈の姿があった。
左慈により信も一撃で戦線離脱してしまう。

竭氏を吹き矢で殺しますが、小刀で刺されてしまった貂。

キングダム映画感想・ネタバレ

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

起き上がった信は漂の「もっと剣を信じろ」の言葉に左慈に渾身の一撃を与えるのでした。

 

王座奪還

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

致命傷となったかと思われましたがくさびかたびらを着用していたためなんとか無事でした。
止血をしようとした信が鎖帷子を脱がせると、貂が女であることに気が付きます。

本殿から外に逃げ出した成蟜。
その姿を見て戦場が混乱するなか、なぜか王騎将軍が登場します。

静まった戦場で王騎は政に問答をはじめる。
王騎「貴方様はどのような王を目指しておられます?じっくり考えてお答えください。この宝刀は不遜な言葉を許しませんよォ 相手が誰でありましょうとねェ」
政「中華の唯一王だ。」
何の躊躇もなく即答する政。

政の答えと”中華への路”をしっかりとらえた目に王騎は熱い時代の到来を感じ、満足して撤退する。

最後の悪あがきをする成蟜であったが、政にあっけなくやられ、政と信たちの勝利に終わりました。

 

エンドロール

Wasted Nights / ONE OK ROCK


 

エンドロール後

続編等の予告あると思ったが、特に何もなく終了。

 

スポンサーリンク

記事内広告



 

原作との違いは?

ランカイと左慈の出てくる順番が逆。

最後の戦いはランカイではなく、左慈でした。

バジオウの「しばし昔に戻るぞ。」のシーンは無し。

 

続編は?

キャスト人は続編に意欲を示していますが、監督もコメントを出していました。

佐藤信介監督は

続編のサブタイトルは『蛇甘平原の戦い』に(したいと)決まってるんですけど(笑)。最初に映画化の企画を聞いた9年前、直感で無理だと思った。でもそれから7年後、またこの話が来たときに『今ならできる』と感じたんです。それで今、なんとなく『これなら蛇甘平原ができる』と思える。

とコメントされていますので、続編あるかも。

スポンサーリンク

記事内広告



感想

公開日から土日2日間で、動員38万2000人、興収5億2600万円 累計動員50万7000人、累計興収6億9000万円を突破。
公開初日のレイトショーで観ましたが、満席だったので納得です。

キャスティングが見事にハマっていて、違和感なく見れました。
左慈との戦闘シーンは脚色されていましたが、原作よりも映画版の方が良かったと思います。

大沢たかおさんの演技が完全に王騎だったのがびっくりでした。
原作読んでない人でも感動できる仕上がりになってると思います。

邦画なので、どうしても安っぽくなると思っていなのですが、しっかり壮大なスケールを再現していました。
変な脚色もなく、完成度が素晴らしかったです。

これなら続編やってほしい!

 

twitterまとめ

いいなと思うツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 2 レビュー
by はる

「面白かったけど1回観ればよくね?」と言う旦那を無理やり付き合わせての2回目。

終わった後「やべー 1回目以上に面白かった」って言ってました。何回も観たいと思った映画は初です。とにかく面白い!続編観たい!

by サウウェブ

面白かった!続編に期待!!

-映画