サウウェブ

映画のネタバレや感想や小ネタなども解説まとめサイト

映画

アベンジャーズ エンドゲーム 映画感想・ネタバレ 完全完結で伏線回収

2019/04/28

アベンジャーズ エンドゲーム 映画感想ネタバレ

(C)2019 MARVEL

11年続いたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の完全完結。待ちに待った映画「アベンジャーズ エンドゲーム(原題:Avengers: Endgame)」観に行ってきました。完全ネタバレです。

インフィニティ・ウォーでサノスが6つのインフィニティストーンを使って生命の半数を消し去ってしまった約20日後の話になります。アベンジャーズも生き残ったはアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクブラック・ウィドウ、ホークアイ、ウォーマシン、ポール・ラッド、アントマン、キャプテン・マーベル、ネビュラたち。どうなってしまうのかわからない展開でしたが、ドクター・ストレンジの1400万605通りの1の未来に向けて動き出します。最終章ということで綺麗な終わり方でした。。

今回もしっかりスタン・リーが登場していました。詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

Contents

作品紹介・あらすじ

前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で、宇宙最強の敵サノスに立ち向かうも、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまうという敗北を喫したアベンジャーズが、残されたメンバーたちで再結集し、サノスを倒して世界や仲間を救うため、史上最大の戦いに挑む姿を描く。

出典:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

 

キャスト

監督は前作に引き続き、アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟です。

サノスのフィンガースナップから生き残った者

  • アイアンマン/トニー·スターク / ロバート・ダウニー・Jr.
    宇宙からの脅威を予期し備えてきたトニーだが、最新アーマーもサスには通じず敗北する。かつて見た悪夢のように目の前で仲間を失い、心に傷を負った彼は、ラボに再び足を踏み入れることすら躊躇う。人里離れた家で妻ペッパーと一人娘のモーガンと共に暮らしていた。大好物はチーズバーガー。
  • キャプテン·アメリカ/スティーブ·ロジャース / クリス・エバンス
    小柄で病弱だったが、第二次大戦中の極秘実験によって、史上最強の兵士へと生まれ変わった伝説の超人兵士。かつての恋人ペギー・カーターの写真を常にコンパスの中に入れて持ち歩いている。ペギーとはダンスの約束をしていた。
  • ブラック·ウィドウ/ナターシャ·ロマノフ / スカーレット・ヨハンソン
    ロシア出身の元スパイであるナターシャ·ロマノフの戦闘技術の数々は、このところの逃亡生活と休みのない戦いの連続で、さらに鋭く研ぎ澄まされてきた。
  • ソー / クリス・ヘムズワース
    神の国アスガルドの王の息子。義弟ロキ、親友ヘイムダルの死。アスガルドの民の半分と義弟ロキの命を奪われ、復讐心を燃やす。宇宙で遭遇した“ガーディアンズ”のロケットとグルートを伴いワカンダの戦場に降臨。サノスに傷を負わせるも暴挙を防げなかった。失った究極のハンマー、ムジョルニアに代わる戦闘用の斧 “ストームブレイカー”が武器。雷のパワーを操る。地球の港町を”新アスガルド”としてお酒を煽って暮らしている毎日でお腹が出てきてしまっている。
  • ハルク/ブルース·バナー / マーク・ラファロ
    過去の実験中の事故により、極度の興奮や怒りを感じると凶暴なモンスター、ハルクに変身してしまう。ハルクの武器は、限界を知らぬ超人的な腕力やジャンプ力で、その破壊力は驚異的。サノスとの戦いではハルクは出現しようとせず、変身できないバナーは、ワカンダでの戦闘で、巨大なパワードスーツを装着しサノス軍と戦った。それからハルクの力を引き出すために脳にガンマ線を当てて、ブルースの頭脳とハルクの力を両立させることに成功する。
  • アントマン/スコット·ラング / ポール・ラッド
    バツイチ、前科アリ。最愛の娘のため、身長1.5センチのヒーロー・アントマンに。小さくなることで超人的なパワーを発揮、瞬時にして元のサイズに戻って戦うことも可能。また、約20メートルまで巨大化してジャイアントマンにも変身できる。宇宙の生命の半分が消された瞬間には、あるミッションで極小の“量子の世界”の中にいた。
  • ホークアイ/クリント·バートン / ジェレミー・レナー
    家族のために司法取引に応じ、サノスとの戦いに不参加だったが、サノスのフィンガースナップで家族が消えて”ローニン”として悪党を殺していく。
  • キャプテン·マーベル/キャロル ダンヴァース / ブリー・ラーソン
    武器は拳から発するフォトンブラスト。“キャプテン·マーベル”として覚醒した際、かつて暮らした地球に不時着し、当時の国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.のニック・フューリーと遭遇。アベンジャーズ計画を発足させるきっかけの存在となる。それから20年以上を経た今、自身も消えゆくフューリーから宇宙の彼女へとSOSが発信。旧友ニック·フューリーからの救援信号を受けたキャロル·ダンヴァースは、アベンジャーズの最新ミッションを手助けするために、故郷の星·地球に戻ってくる。
  • ウォーマシン/ジェームズ·“ローディ”·ローズ / ドン・チードル
    トニー·スタークの良き友人で、アメリカ空軍大佐。アイアンマンのマーク2を改良したパワードスーツを装着し、ウォーマシンを名乗る。ある戦いで負傷、半身不随となるもトニーの助力で復活。法を守ることを信条としていたが、サノスの脅威が迫った時には長官の命令に反し、頼ってきたキャプテン·アメリカらと行動を共にし、ワカンダで戦った。
  • ネビュラ / カレン・ギラン
    姉ガモーラと共にサノスの養女として殺人兵器として育てられ、その過程で身体の大半を機械にされた。壮絶な戦いの末スター·ロード率いる“ガーディアンズ”の仲間となり、惑星タイタンで、アイアンマンやスター・ロードたちと共にサノスに立ち向かった。ガモーラがサノスの野望の犠牲となったことで、サノスへの復讐心と深い悲しみを抱いている。
  • ロケット / ブラッドリー・クーパー(声)
    ガーディアンズ”の一員で、遺伝子改造が施された高度な知能を持っているアライグマ。可愛らしい外見とは裏腹に、怒ると銃をぶっ放す超過激な無法者。武器製造のエキスパートで、特技はオリジナルの武器の製作。宇宙で遭遇したソーと一緒にワカンダに降り立ち戦ったが、長年の相棒グルートは、サノスの野望が叶った瞬間に消え去ってしまう。
  • オコエ / ダナイ・グリラ
    歴代のワカンダ国王に忠誠を尽くしてきた親衛隊、ドーラ・ミラージュの隊長にして最強の戦士。王家からの信頼は厚く、ブラックパンサーことティ・チャラが王子の頃から面倒を見てきた。サノス軍の襲来に際し勇敢に戦ったが、守るべき国王であるブラックパンサーは、サノスによって消されてしまう。
  • ペッパー・ポッツ / グウィネス・パルトロウ
    トニーとの間にモーガンという娘ができて人里離れた場所で家族と静かに暮らしている。
  • ウォン / ベネディクト・ウォン
    ドクター·ストレンジと同じ魔術師。
  • ハッピー・ホーガン / ジョン・ファブロー
    トニー・スタークの運転手として働く

サノスのフィンガースナップで消された者

  • ドクター·ストレンジ/スティーヴン·ストレンジ
    優れた魔術師であり、タイム·ストーンの守護者。サノスの脅威を前にタイムストーンの力で1400万605通りの未来を覗いた上で戦いに臨んだ彼は、トニ一の命を救うためにタイム·ストーンをサノスに差し出す。その行動の真意を語らぬまま、消滅した。
  • スパイダーマン/ピーター·パーカー
    トニー·スタークに見いだされた、蜘蛛の力を持つ高校生ヒーロー。タイタンの戦いで仲間の命を守るために奔走するが、最後には恩師であるトニーの腕の中で灰となった。
  • スカーレット·ウィッチ/ワンダ·マキシモフ
    ヴィジョンと相思相愛になっていた彼女は、サノスの配下の突然の襲撃を受けた時、恋人を守るため必死に戦った。ワカンダの防衛戦でも、最強の戦力として活躍する。しかしサノスの脅威の前に、自らの力でヴィジョンを破壊することを選択。だがその哀しい決断も、タイム·ストーンの力で無効にされ、失意のまま消滅する。
  • ファルコン/サム·ウィルソン
    キャプテン·アメリカの現代における親友であり、共に逃亡生活を生き延びてきた。スコットランドの戦いでは、キャプテンらと共にワンダとヴィジョンの危機に駆けつけた。ワカンダの防衛では、背中のウィングで空を飛ぶ能力を駆使し、ウォーマシンと共に空中戦を展開。最後は、ウォーマシンが名前を呼ぶ声を背に消えていった。
  • ウィンター·ソルジャー/バッキー·バーンズ
    ティーブ·ロジャースの幼馴染みだが、悪の組織に暗殺者ウィンター·ソルジャーへと洗脳され、アベンジャーズ分裂のきっかけを作った。ワカンダの技術により洗脳を解かれ、ようやく自分を取り戻した彼は、贖罪の念を胸にワカンダの防衛戦に参加。狙撃手として活躍するが、スティーブの目の前で灰となり最初の犠牲者となった。
  • スター·ロード/ピーター·クイル
    地球人と宇宙種族セレスティアルのハーフで、ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーのリーダー。ノリの軽い性格だが機転が利き、タイタンの戦いにおいては、優れた作戦立案能力を発揮した。しかし、サノスの口から恋人ガモ-ラの死を聞かされた彼は、悲しみのあまり殴りかかって、自らの作戦を台無しにしてしまう。最後には苦い敗北感を胸に灰となった。
  • マンティス
    ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーの一員。明るく純粋な性格でドラックスとは迷コンビ。触れた相手の感情を操るエンパシー(共感能力)の持ち主で、タイタンの戦いでは作戦の鍵となる。その能力で、あと一歩でサノスからガントレットを奪うところまで追いつめたが、作戦は失敗してしまう。状況を理解できぬまま、突然の消滅を迎えた。
  • グルート
    ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーの一員の植物型宇宙人。反抗期の真っ最中で、周囲の声にも耳を貸さずゲームばかりやっていた。しかしニダベリアでのソーの必死な姿に刺激された彼は、自分の身体の一部を使いストームブレイカーの完成に協力。そのままワカンダの防衛戦に参加するが、親友であり父親代わりでもあったロケットの前で灰となった。
  • ドラックス
    ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーの一員で、強靭な肉体を持つ戦士。空気を読めない性格で、いつも周囲を混乱させている。妻と娘をサノスに殺され強い復讐心を持っており、ノーウェアで仇の姿を発見した時にはクイルの制止も聞かず襲いかかろうとした。タイタンの戦いでは、ついにサノスに一矢を報いたが、突然の最後を迎える。
  • ブラックパンサー/ティ·チャラ
    アフリカの超文明国ワカンダの若き国王であり、国を守護する戦士。かつては希少金属ヴィブラニウムの秘密を守るため鎖国体制を敷いていたが世界のためにその力を使うことを決意する。キャプテン·アメリカからヴィジョンを守る防衛戦の協力を要請され、国を挙げてサノスの軍勢と戦った。最後は将軍であるオコエの前で消滅した。
  • マリア·ヒル
    元SHIELD.(シールド)の副長官であり、ニック·フューリーの右腕的存在。S.H.L.E.L.D.崩壊後は、アベンジャーズのサポートスタッフとしても活躍していた。再びフューリーと合流した彼女はヒーローたちの活動を後方から支援していたが、世界に起こった異変を理解する間もなく、フューリーの前で消滅する。
  • ニック フューリー
    元SHIELD.(シールド)長官であり、アベンジャーズを結成した人物。死を偽装し表舞台から姿を消していた彼は、ヒーローたちの活動を裏から支援していた。世界に起こった異変を察知し、消滅する寸前にポケベルでキャプテン·マーベルに救援信号を送る。

サノスとの戦いで倒れた者

  • ロキ
    アスガルドの悪戯の神。義理の兄弟であるソーに対する愛憎から数々の事件を引き起こし、かつてはサノスと同盟を結び地球に侵攻したこともあった。しかしサノスによりソーの命が危機にさらされた時、服従する振りをし刃を向ける。最後に兄をかばいヒーローとして散った。
  • ヘイムダル
    虹の橋ビフレストの門番であり、ソーの友人でもある寡黙な戦士。アスガルドの避難民船がサノスに強襲された際に、重傷を負う。しかし最後のカを振り絞り、魔法を使ってハルクを地球に送った。だが、その行為がサノスの怒りを買い槍に貫かれ倒された。彼の決死の行動が、地球にサノスの脅威を知らせることとなった。
  • ガモーラ
    サノスに育てられた義理の娘だったが、故郷の人々を虐殺したサノスを憎んでいる。ソウルストーンの所在を知りながら隠しており、その秘密を守るために、恋人のクイルに自分を殺すように懇願した。しかし妹ネビュラを拷問され、ついに口を割る。最後にはソウルストーンを手に入れるため、サノスに殺される。
  • ヴィジョン
    マインド·ストーンを額に宿す人造生命体。コーヴァス·グレイヴの強襲に遭い重傷を負う。世界を救うために自らの命と共にストーンを破壊することを提案するが、キャプテン·アメリカに諭され戦う決意をする。迫りくるサノスを前に、恋人ワンダに再び自らの破壊を懇願するが、時を戻され、最後には頭部を破壊されストーンを奪われてしまう。

その他

  • サノス / ジョシュ・ブローリン
    全生命の半分を消し去るという野望を達成したサノスは、宇宙に均衡をもたらしたという事実に安堵し、人知れぬ惑星で穏やかな隠遁生活を送ろうとしていた。しかし残されたアベンジャーズは、まだ地球と無数の失われた生命をあきらめようとはしない事態を修復しようと、さらに決意を固めて迫ってくる。
  • ハワード・スターク
    トニー・スタークの父親。1970年のニュージャージーの軍事施設で働いていた。
  • ジャーヴィス
    ハワード・スタークの運転手。かつてトニーの身の回りをサポートする人工知能AIはここから取られた。
  • エンシェント・ワン
    ソーサラースプリーム。
  • 真田広之
    東京で暗躍しているマフィアのボス。”ローニン”として悪党を殺しまくっているクリント·バートンに殺される。
  • スタン・リー
    1970年のニュージャージーの軍事施設のシーンで車に乗って登場。

 

アベンジャーズ エンドゲーム ネタバレ

ホークアイの家族も消滅

サノスがインフィニティストーンの力を使う直前、バートン(ホークアイ)は司法取引に応じ、サノスとの戦いに不参加だった。
ランチの準備をしながら家族との団欒していました。
娘にアーチェリーを教えていると、家族たちが消えてしまったことに戸惑うバートンでした。

 

サノスとの死闘から3週間後

アベンジャーズ エンドゲーム 映画感想ネタバレ

(C)2019 MARVEL

「アベンジャーズ インフィニティウォー」でのサノスとの死闘から約3週間後、タイタンの星からトニー・スタークとネビュラは宇宙船に乗り宇宙空間をさまよっていました。
食料と酸素、そして燃料がほとんど底をつき、あとは死を待つだけという状況となり、ペッパーにメッセージを残し、眠りにつくトニー・スターク。
そんな彼の前にキャプテンマーベルが現れ、宇宙船を地球へと連れ帰るのでした。

地球に戻ってきたトニーはスティーブやペッパーとの再会もつかの間、スティーブに八つ当たりをします。
意識を失い病床に着くトニーを除いた、スティーブ、ソー、ブルース、ナターシャ、ローズ、ロケット、ネビュラ、そしてキャロルは、サノスがどこにいるか捜索することになりました。

そして2日前にインフィニティガントレットが再び使われた形跡を辿り、サノスのいる星を目指します。

 

農園で生活するサノス

一人、農園で生活をしていたサノスに奇襲をかけるアベンジャーズ。
2度インフィニティガントレットを使用した影響で弱っているサノス。

サノスが2日前にインフィニティガントレットを使用したのはインフィニティストーンを原子に戻すために使ったと知ります。
インフィニティストーンが無いと知り落胆する一同。
ソーが“ストームブレイカー”でサノスの首を落とします。

 

インフィニティストーン消滅から5年後

アベンジャーズ エンドゲーム 映画感想ネタバレ

(C)2019 MARVEL

アベンジャーズたちはそれぞれの場所から連絡を取りながら、自分たちの役目を全うしていました。

スティーブはグループセラピーで人々を励まし、ナターシャは金髪から伸びた赤毛が目立つほどの長さになり、オコエは地殻変動に関しての報告を、ロケットやネビュラ、キャロルは宇宙で活動をしています。

報告が終わるとローズはメキシコの抗争はクリント・バートンが起こしたものだとナターシャに話します。
この5年間でクリントは様々な場所で人殺しをしていたのです。

 

量子世界の時間の流れがヒントになる

倉庫内の車のバンにある装置にネズミが触って起動させます。
すると量子の世界から人の姿に戻るアントマンのスコット・ラング。

スコット・ラングは世界の人口が半分になったことを知ります。
娘に再会すると、5年の月日が経っていることに驚きます。
それもそのはず、自分の体感では5時間くらいしか感じていませんでした。

アベンジャーズの本拠地にスコット・ラングが突如として現れます。
スコット・ラングは、量子の世界での時間体験を説明し、大切なものたちを救える可能性がまだ残っていると告げるのでした。
量子の世界で時間をコントロールできる可能性を感じたナターシャ、スティーブ、スコットはトニーの元を訪ねることにしました。

 

家族とひっそり暮らすトニー

トニーはモーガンという娘が生まれ、人里離れた場所で幸せな生活を送っていました。
量子の世界を使ったタイムトラベルの話を聞いたトニーは、スティーブたちの頼みを断ります。
インフィニティストーンの危険性を考えると、家族が助かっているのに無理強いはできないとスティーブたちは引き下がります。

トニーに断られたスティーブたちは他の有識者であるブルース·バナーの元を訪れます。
ハルクの力を使えなくなったはずでしたが、ハルクの姿をしたブルースに驚く一同。
ブルースはガンマ線の部屋にこもり、脳と筋肉を融合させることに成功したのでした。
ブルースは専門分野ではないと断りますが、ナターシャに説得されて協力することにします。

それからトニーはスパイダーマンであるピーター·パーカーと写った写真を見て、タイムトラベルの開発を進めます。
メビウスの輪の構造をしたタイムトラベル用のGPSの開発に成功しました。

娘のモーガンを寝かしつける時に「3,000回愛してる」と言われ、それをペッパーに自慢するトニー。
タイムトラベルの装置がさっきできたことを言うと、危険があることを察してペッパーは「あなたを止めようとしたのは、私の数少ない過ちの一つよ。」とやろうとしていることの背中を押します。
トニーは再び命向き合う決心をし、スティーブの元へと向かいました。
トニーに返してしまった盾を受け取るスティーブ。

 

新アスガルドで引きこもりお腹の出たソー

ロケットとブルースはソーの元を訪れます。
ソーは地球で”新アスガルド”の街を作り、生き残ったアスガルドの民たちと暮らしていました。

ヴァルキリーからソーの所在を聞くと、家に引きこもっていることを知ります。
この5年で筋肉質な体型だったソーは、毎日酒を飲んでいたせいで、すっかりお腹が出ていました。
ロケットいわく”溶けたアイス”。
髪も髭も伸びてトニーいわくリボウスキ状態となっていました。

全員助けられる可能性があると、何とか説得して本部へ連れ出します。

 

ローニンとなるホークアイ

アベンジャーズ エンドゲーム 映画感想ネタバレ

(C)2019 MARVEL

”ローニン”として悪党を殺しまくっているクリント·バートン。
そのクリントは東京でヤクザ殺しをしていました。

そこにナターシャが失った家族を元に戻せるかもしれないと説得にやってきて、クリントを本部へと連れていきます。

 

タイムトラベルに成功

タイムトラベルテストの試みるブルースたちですが、うまくいきません。
トニーが協力し、加わったことで、とうとうタイムトラベルが現実に近づいていきます。

しかし肝心の量子の世界に入っていくのに必要なピム粒子も残りわずかとなり失敗できません。

「サノスが赤ん坊のときに殺せば」という話題になりますが、ブルースは過去に行ったとしても”それはその人には未来でしかなく、これまでいた現在は過去でしかない。これまでの未来は変わらない”ということが明かされます。

失敗の連続に怖気づくスコットにクリントがタイムトラベルに試みます。
家族が消える前にタイムトラベルします。
自分の子供たちの声を聞き、声をかけますが、次の瞬間現代に戻ります。
タイムトラベルに無事成功したのでした。

 

インフィティストーン回収作戦会議

過去にタイムトラベルをすることが決まり、どの時点でインフィニティストーンを回収するのが効率的か作戦会議をします。

  • ソーはエーテル(リアリティストーン)がアスガルドで昔の恋人ジェーンの中に入っていること
  • ロケットはパワーストーンはクイル星にあること
  • ネビュラはソウルストーンはヴォ―ミア星にあること
  • タイムストーンはドクターストレンジが持っていること
  • マインドストーンはロキの杖にあること
  • 四次元キューブの中にスペースストーンがあること

を話します。
偶然、同時にストーンがNYに3つタイムストーンマインドストーンスペースストーンが揃っていることをナターシャは気づきます。
3チーム、3つの場所に分かれて同時にストーンを回収することになります。
特製のスーツに着替えてタイムトンネルへと向かいました。

トニー、スティーブ、スコット、ブルースは2012年のNY決戦にタイムトラベル。
ローディ、ネビュラ、ナターシャ、クリント、はクイル星にタイムトラベル、そこからナターシャ、クリントはボーミア星に向かいます。
ソー、ロケットはアスガルドへタイムトラベル。

スポンサーリンク

記事内広告



 

タイムトラベル:2012年ニューヨーク決戦

2012年のニューヨークでのタイムトラベルしたトニー、スティーブ、スコット、ブルースはそこから2手に分かれます。
トニー、スティーブ、スコットはロキを滅多打ちにしているアベンジャーズタワーに侵入。

ロキから杖を回収したアベンジャーズは事後処理をシールドに任せますが、そこに登場したのは士官のシットウェルとSTRIKEのラムロウ。
彼らがロキの杖を回収します。

エレベーターに乗った彼らの前に現れたのはスティーブ。
スティーブはシットウェルの耳元で「ハイル・ヒドラ」とつぶやいてスティーブがヒドラ党員だと思わせて安心させました。
そのまま”ロキの杖”を回収してエレベーターを降りていこうとする。

スティーブはその時代のキャプテンアメリカに遭遇し、ロキと間違われて襲われてしまいます。
コンパスの中にあったペギーの写真を見られて動揺され、締められますが「バッキーは生きている。」と言い、隙をついて反撃。
スティーブはロキの杖を回収することに成功します。

四次元キューブを回収しに来たシールド。現れたのはピアース長官。
当時のトニーから半ば強引に四次元キューブを奪おうとしますが、その後ろで兵隊に変装した現在のトニーがタイミングを伺います。
四次元キューブの入ったケースを強奪に成功したかと思いきや、エレベータに乗れなかった2012年のハルクとぶつかりケースを落としてしまいます。
それをロキが奪ってどこかに消えてしまいました。
トニーとスコットは四次元キューブの奪還に失敗してしまいます。

ブルースはニューヨークにあるサンクタムを訪ねます。
そこでタイムストーンを持っているエンシェント・ワンに石を渡してくれるように頼みますが、断られます。
力ずくで奪おうとしますが、アストラル体にされてしまいます。
ブルースはストレンジが自分からサノスに渡したという事実を話し、「彼は優秀です。」とストレンジを信用してブルースにタイムストーンに渡しました。

 

タイムトラベル:アスガルド

ソーとロケットはダークエルフが襲ってくる時間のアスガルドにタイムスリップ。
怖気付くソーはこの日に殺されてしまう母親に再会します。
母親にはソーが未来から来たと見破られます。

ロケットは一人、ジェーンの体内にあるリアリティストーンを回収するミッションを遂行し、成功します。
その際に騒動が起こり、ロケットはソーの母親にいる部屋に逃げ込みます。

タイムスリップの時間を告げるアラーム。
ソーはその時代のハンマーのムジョルニアを呼び寄せて掴みます。
すると元の時代へのタイムスリップしました。

スポンサーリンク

記事内広告



 

タイムトラベル:1970年ニュージャージー州の軍事施設

もう元の時代に戻る分のピム粒子しか残されていないのに四次元キューブの回収に失敗したトニーとスティーブは1970年ニュージャージー州の軍事施設に行くことを決めます。
そこには四次元キューブと量子の世界に行くのに必要なピム粒子が存在しているためでした。

1970年ニュージャージー州の軍事施設にタイムスリップしたトニーとスティーブ。
「なぁ、みんな戦争より愛し合え!」とスタンリーが車に乗って走り去ります。

四次元キューブがある部屋に入り、金庫を破って四次元キューブを回収するトニー。
そこで働いている当時のトニーの父ハワードが1970年の軍事施設におり、息子と対面します。
父親から名前を聞かれて自分の名前を言えないため、咄嗟に「ハワード・ポッツ。」と名乗ってしまいます。

これから生まれてくる子にどう接していいかわからない父親に優しく助言をするトニー。
父親から言われた言葉「金で時間を買えた試しがない」というトニー。
別れた後車の前で待っている運転手はジャーヴィスという名前でした。

スティーブは無事にピム粒子の回収をします。
そこでスティーブはペギーと遭遇します。
隣の部屋にいるペギーはスティーブに気づきませんでした。

 

タイムトラベル:惑星モラグ

惑星モラグにパワーストーンがあることを知っているネビュラは、ローディと共にパワーストーンを一人回収しに行くクイルの背後に隠れて動向を監視します。
クイルがヘッドホンでレッドボーンの「Come and Get Your Love」を聞きながらストーンの場所へ向かいます。

クイルを眠らせて、パワーストーンを回収しました。

ローディがタイムトラベルの装置を起動して元の時代にもどります。
ですが、ネビュラはサイボーグのため、過去の自分とリンクしてしまうという不測の事態が発覚してしまいます。
ネビュラはタイムトラベルが作動できませんでした。
その場で気を失ってしまうネビュラ。

この時代のサノスがネビュラの記憶を見てしまい、自分の運命を知ってしまうのでした。
目を覚ましたネビュラは「問題が発生した!サノスに知られた!この時代のサノスに!」と無線で連絡します。
ネビュラはこの時代のサノスに回収され、この時代のネビュラと未来のネビュラが入れ替わりました。

 

タイムトラベル:惑星ヴォーミア

ヴォーミアでソウルストーンを回収するためにやってきたクリントとナターシャ。
レッドスカルによってソウルストーンの回収方法を聞いた二人は、どちらも自分が犠牲になることを主張。
それによるバトルが始まります。

自ら崖に飛び込もうとするクリントですが、そこに飛び込むナターシャ。
ロープの矢を放ちナターシャを助けようとし、腕を掴むクリントでしたが、自ら崖を蹴り落ちて行くナターシャ。

クリントはソウルストーンを手に入れました。

スポンサーリンク

記事内広告



 

6つ揃ったインフィニティストーン

それぞれ、ストーンを回収して現代に戻ってきました。
犠牲となったものはナターシャだけでした。

トニーたちはストーンをセットできるインフィニティガントレットを作成します。

ストーンからはガンマ線が出ているため、ガンマ線に耐えられるブルースが使用することになります。
万一に備えて、アベンジャーズの基地のシャッターを閉めます。

そのころ、ネビュラはタイムトラベルの装置を破壊し、サノスたちが乗っている小さくした宇宙船を実際の大きさに戻していました。

ブルースはインフィニティガントレットをはめた指を鳴らします。
外の様子を見に行くスコット。
クリントのスマホには消えたはずの妻から着信があります。
電話で話し、無事に戻って来たことを知ります。
消滅した人類の復活に成功しました。

 

サノスとの戦闘再び

ブルースはガントレットの影響で右腕を負傷していました。

アベンジャーズの本部はネビュラが大きさを戻した宇宙船からの攻撃を受けます。
建物が崩壊し、ガントレットが床の下に落ちてしまいます。

トニー、スティーブ、ソー、ブルース、スコット、クリント、ローディ、ロケットはそれぞれバラバラとなります。

クリントはガントレットを回収します。
トニー、スティーブ、ソーはサノスとの戦闘に向かいます。

ブルース、ローディ、ロケットは瓦礫の下敷きとなっていました。
スコットが駆けつけて巨大化し、助けます。

サノスはネビュラにガントレットを持ってくるように命令します。
サノスの兵から逃げるクリントを見つけて、入れ替わっていることに気づいていないクリントはガントレットをネビュラに渡します。

そこに船に捕らわれられていたはずの現代のネビュラとガモーラが現れます。
船で義理の姉のガモーラから未来では「(ネビュラと)姉妹になった。」と話を聞き、改心したのでした。

過去から来たネビュラがガモーラに銃を向けたので、現代のネビュラが過去から来たネビュラに銃を放ちます。
過去から来たネビュラは倒されました。

その頃、サノスはトニー、スティーブ、ソーを前にしていました。
サノス「過去を知っているものがいる限り、新しい世界を受け入れることができないものが抵抗する。今やっと何をすべきかわかった。この宇宙を全て原子レベルにしてからやりなおす必要がある。その後、お前たちが集めてくれたストーンで世界を作り直す。そこに生きる命は失ったものを嘆かず、与えられたものを享受する。感謝に満ちた世界だ。」
トニー、スティーブ、ソーとサノスとの戦闘が始まります。

ストームブレイカーとムジョルニアの二つを扱って戦うソー。
戦いの中で、ストームブレイカーを自分の首に突きつけられるピンチとなるソー。
スティーブは咄嗟にムジョルニアを手に取り、サノスに一撃を食らわせてソーを助けます。
ムジョルニアを扱う姿に「知ってた」というソー。
スティーブはムジョルニアを振り回して使いこなし、雷も使いながらの激しい戦闘が繰り広げられます。

しかし、サノスの力の前に倒れるトニー、スティーブ、ソー。

 

援軍到着

サノスとの最終決戦。
サノスの援軍が到着して、アベンジャーズたちの形勢が悪くなってきました。

スティーブにサムから「左を見ろ。」連絡が入ります。
すると、復活したドクター・ストレンジ、スパイダーマン、スカーレット、ファルコン、バッキー·バーンズ、ピーター·クイル、ブラックパンサーなど仲間たちがストレンジの魔術によって駆けつけました。

スティーブ「アッセンブル!」
サノス軍とアベンジャーズ軍の戦闘が始まります。
ペッパー自身もアイアンマンスーツを着て戦いに参加します。

 

インフィニティガントレットのバトンリレー

ストーンを遠く離れた場所に移動させるために茶色い「616」と書かれたバンにあるタイムマシンを利用しようとします。
バンはサノスたちのいる戦闘地域の中心にありました。
アベンジャーズたちはストーンがセットされたガントレットをバンに向けて持っていこうとします。

アイアンマン「勝つ道は1400万605に1だっけ?これがそうか?」
ドクター・ストレンジ「何か教えたら実現しない。」

スパイダーマンがサノス軍の大群に襲われる際、スーツの機能についていた瞬殺コマンドを実行します。

サノスは上空の戦艦から砲撃をするように指示を出します。
砲撃を受けて、再びアベンジャーズはピンチとなります。
すると、戦艦の砲撃はさらに上空に向けられました。
上空からやって来たキャプテン·マーベルに向けられたものでした。
この5年でキャプテン·マーベルは髪をショートにしていました。(原作にもショートカットのキャプテン·マーベルが登場。)
キャプテン·マーベルはサノスの戦艦を撃破しました。

スポンサーリンク

記事内広告



 

1400万605分の1

激しい戦闘の中、サノスはアベンジャーズたちからガントレットを奪い取ります。
キャプテン·マーベルが奪い取ろうとしますが、サノスはパワーストーンの力を使ってキャプテン·マーベルを遠くに飛ばしてしまいます。

サノスが指を鳴らそうとするときに、トニーが再び襲い掛かりますが、倒されてしまいます。
サノスは指を鳴らそうとしますが、何も起きません。
トニーが襲い掛かったときにインフィニティストーンを自分の腕に移していたのでした。
サノスはインフィニティストーンがアイアンマンの腕にあるのに気がつきます。

トニーはドクター·ストレンジの方を見ると、ドクター·ストレンジは人差し指を立てます。
”1400万605分の1”というサインを見るトニー。

トニー「私がアイアンマンだ。」
トニーはインフィニティガントレットの指を鳴らします。

サノス軍が消滅していきます。
そしてサノスも消滅します。

ガンマ線を放つインフィニティストーンをはめたガントレットを使用した代償で、トニーの右腕はボロボロになり、そのまま命を失ってしまったのでした。
悲しむ一同。

 

トニーの葬儀

トニーの自宅の横にある川でトニーの葬儀が行われていました。
花束と共にペッパーがプレゼントとして渡したアークリアクターを川に流します。
そのアークリアクターには「トニースタークにも心がある」と書かれていました。

葬儀には生き残った面々が参列していました。
アイアンマン3でトニーを助けた少年ハーレー・キーナーが大人になった姿で参列。
フューリーやキャプテンマーベルも参列。

トニーはタイムトラベル前に残していた映像が上映されました。

トニー「みんなハッピーエンドが好きだ。でもいつもそうはいかない。多分今回も。君がこのメッセージを流すのはお祝いの時だといいな。家族が戻って、この星に平穏が戻った時。そもそもそんな時があったのか疑問だが。10年前宇宙には我々以外がいると言われたが、まさかここまでとはね。いわば光と闇の戦い。そんな世界でモーガンは生きていく。だからメッセージを残そうと思った。予期しない死は訪れる。今回のタイムトラベルにはどうしても生存率に疑問が残る。きっと何もかもうまくいくさ。計画通りに。3,000回愛してる。」

ハッピーがモーガンに「何食べたい?」と聞くと父の好きな食べ物と同じチーズバーガーを希望するのでした。
ハッピーは「お父さんもチーズバーガーが大好物だった。チーズバーガー好きなだけ買ってあげる。」といいます。

 

ソーはアスガーディアンズに

ヴァルキリー「王はいつ戻るの?」
ソー「それなんだが、君がいる。あるべき自分じゃなくて、ありのままの自分でいたいんだ。君は根っからのリーダーだ。」
とソーはヴァルキリーにアスガルドを託しました。

ソーはガーディアンズの船に乗り込み、ガーディアンズたちと宇宙へ行くことにしました。

 

ストーンを元の世界に戻しに行くスティーブ

アベンジャーズ エンドゲーム 映画感想ネタバレ

(C)2019 MARVEL

スティーブはインフィニティストーンを元の世界に戻すために一人用のタイムマシンの装置で過去にタイムスリップします。
ブルース、バッキー、サム·ウィルソンが見送ります。

ですが、5秒後に戻ってくるはずのスティーブが戻って来ません。
「タイムスタンプを見るともう戻って来ているはずなんだが。」というブルース。

バッキーは近くのベンチに座っているスティーブの後ろ姿を見つけます。
近くによるサム。
そこには老人となったスティーブが座っていました。

サム「キャプテン。」
スティーブ「やぁ、サム。」
サム「それって失敗したのか?成功したのか?」
スティーブ「ストーンを戻した後、ふと自分の人生を生きてもいいなと思ってね。」
サム「で、どうだった?」
スティーブ「素晴らしかった」
サム「そりゃよかったな。」
スティーブ「ありがとう。」
サム「キャプテンアメリカがいない世界で生きなきゃいかないのはちょっと辛いけど。」
スティーブ「それで思い出した。持ってみろ。」

キャプテンアメリカの盾を「君のだ。君に託す。」とサムに譲りました。

サム「ペギーとはどうだった?」
スティーブ「それは胸にしまっておこう。」

スティーブは過去に戻った後、ペギーとしていたダンスを約束を果たすのでした。

学校に戻ったピーター・パーカーはネッドとの再会を分かち合います。

スポンサーリンク

記事内広告



 

エンドロール後

エンドロール終了後、マーベルのロゴとが現れて、トニーがアイアンマンスーツを作るときの「カン、カン」という音が流れました。

 

スポンサーリンク

記事内広告



 

インフィニティストーンの能力まとめ

パワー·ストーン

サノスが最初に手に入れたインフィニティ·ストーン。紫色の石で、所有する者に全てを破壊する強大なパワーを与える。ノバ軍によって保管されていたが、サノスはその本拠のザンダー星ごと滅ぼし入手した。エネルギー波を放ったりバリヤーを展開することも可能なようで、戦闘では最も頻繁に用いられている。タイタンのアイアンマンたちとの戦いでは、巨大な月さえも破壊する凄まじい威力を見せた。なお怪力を誇るハルクとの対決でサノスはこの石をあえて用いずに自力で勝利している。

スペース·ストーン

サノスが2番目に手に入れたインフィニティ·ストーン。青色の石でかつては四次元キューブの中に収められていた。アスガルドの宝物庫に保管されていたのをロキが秘かに持ち出していたが、サノスに奪われる空間にワームホールを作り出し自由にデレポートすることが可能で、サノスはこの石の力で宇宙を駆け巡り残りの石を入手した。そして野望を遂げたサノスは、再びスペース·ストーンの力でワームホールを開き、ヒーローたちの前から姿を消したのだった。

リアリティ·ストーン

サノスが3番目に手に入れたインフィニティ·ストーン。赤色の石で、惑星ノーウェアに住む収集家コレクターによって保管されていたが、ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーが駆けつけた時には既にサノスに奪われていた。現実を思いのままに操ることが可能で、幻影を見せたり、物質を別のものに変換することもできる。サノスはガモーラに幻影を見せ自らの死を偽装し、彼女の自分への愛情を確かめようとした。タイタンではドクター·ストレンジを相手に、かつての繁栄した故郷の姿を再現してみせた。

ソウルストーン

サノスが4番目に手に入れたインフィニティ·ストーン。オレンジ色の石で、魂を司る。惑星ヴォーミアに眠っており、数十年前に地球から転送されたレッドスカルが番人をしていた。6つの石の中でも特別である種の意思を持っており手に入れようとする者には犠牲を求める。愛する者を失うことがその条件だと知ったサノスは、義理の娘であるガモーラを自らの手で葬った。全ての戦いを終えたサノスは、この石の力によってなのか、精神世界で幼子の姿のガモーラと対話する。

タイム·ストーン

サノスが5番目に手に入れたインフィニティ·ストーン。緑色の石で時間を司る。アガモットの目と呼ばれる魔法道具に収められ、至高の魔術師エンシェソト·ワンと彼女の率いる魔術師たちにより太古から守られてきた。現在はドクター·ストレンジが守護しているが、タイタンの戦いでトニーの命が奪われようとした際に、ストレンジは自らサノスに石を差し出す時間を自由に進めたり逆行させることが可能で、サノスは石の力で時を巻き戻し、ヴィジョンと共に破壊されたマインド·ストーンを復活させた。

マインド·ストーン

サノスが最後に手に入れたインフィニティ·ストーン。黄色の石で、他人の精神を操ったり強化することができる。人工知能のウルトロンを目覚めさせ、人造生命体のヴィジョンに命を与えた。ヴィジョンの額に収められているが、同じ石によって能力を得たスカーレット·ウィッチのパワーでのみ破壊することが可能とされる。最後に残った石として、ワカンダにおける最終攻防戦の中心となった。サノスはヴィジョンの頭部を破壊して石を入手、インフィニティ·ガントレットを完成させた。

 

ソーが引きこもってやっていたゲームは「フォートナイト」

新アスガルドで呑んだくれのソーが引きこもってやっていたのは「フォートナイト」というゲーム。
実際にフォートナイトはアベンジャーズとコラボしています。

フォートナイト エンドゲーム(フォートナイト)

 

エンシェント・ワンがタイムストーンを渡した理由は?

ブルース・バナーはタイムストーンの回収にサンクタム・サンクトラムに向かい、エンシェント・ワンに出会います。
そこでエンシェント・ワンはまだ会ったことのない「ドクター・ストレンジは数ブロック先で手術を受けている」と話します。
エンシェント・ワンはすでに未来を見ており、自身の死は変えられないことをしっており、まだ会っていないストレンジのことを信頼していたのでした。

 

ロキはどこに行った?

トニーとスコットが過去にタイムスリップし、四次元キューブを回収しようとした時、トニーは階段を下りてきたハルクにぶつかって、ロキに奪われてしまいます。
そしてロキは姿を消してしまいました。
実際にはない瞬間で時間軸がおかしくなるのですが、ロキはどこへ行ってしまったのでしょう。
今年に「ディズニー+」で配信されるドラマ「ロキ」に続く話なのかもしれません。

スポンサーリンク

記事内広告



 

父親と再会したトニー

1970年代にタイムスリップした際に、トニーはまだ息子が生まれる前のハワード・スタークと出会います。
もうすぐ自身が生まれる父親と少ない時間を過ごすトニーだが、映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の時に最後の言葉について後悔があることを明かした。彼らが去る時、「金で時間を買えた試しがない」と伝えます。

 

ジャービスの元になる人物

ハワードが基地から去る時に彼の執事が登場しました。ドラマ「エージェント・カーター」で登場したエドウィン・ジャービスである。
人工知能J.A.R.V.I.S.の名前にもなった人物が映画に登場しました。

 

スティーブがハンマー・ムジョルニアを扱えた伏線

「エイジ・オブ・ウルトロン」でソーの送別会を開いていたアベンジャーズは、ムジョルニアを持ち上げられるのは誰か?とい話をしていました。
そこでスティーブだけ少し持ち上げます。

これはスティーブがジョルニアを扱える伏線でした。

 

「On your left(左から失礼)」の意味

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でスティーブがサム・ウィルソンと最初に会話した時の言葉は「On your left(左から失礼)」でした。
そして、復活したサムがスティーブに通信した時に彼が言った言葉も「On your left(左から失礼)」でした。
そこからブラックパンサーらが現れ、数々のヒーロー達が集まってきました。

スポンサーリンク

記事内広告



 

ペッパーがアイアンマンスーツを装着

ペッパーが映画「アイアンマン3」でアイアンマンのアーマーを着た時から、ファンはいつかレスキューとして彼女のアーマーを着ることを長らく願ってきた。
そして、今回の映画でそれが実現した。
コミックにおけるレスキューアーマーの配色とは異なるが、それはアニメシリーズ「アイアンマン ザ・アドベンチャーズ」に登場したレスキューアーマーに似たスーツを着用しました。

 

ドクター·ストレンジが見た1400万605通りの未来とは?

サノスとの決戦を前に、ドクター·ストレンジは時を操るアガモットの目=タイム·ストーンの力を使い、1400万605通りもの未来を垣間見た。
その中でサノスに勝利する未来はたった一つだけだったという。
その未来のためにサノスにタイム·ストーンを差し出したストレンジ。
その未来とはトニーがガントレットが使う未来だったようです。

 

「私がアイアンマンだ。」の伏線

トニーはサノスを倒す時、ユニバースの1作目「アイアンマン」の最後にトニーが言った言葉「I am Iron Man」を言っていました。
その言葉でトニーは亡くなりました。

 

「アイアンマン3」の少年ハーレー・キーナーも出演していた

トニーの葬儀が行われたときにトニーと関わりのある人物が数多く出席しました。
その中には、映画「アイアンマン3」でトニーを助けた少年ハーレー・キーナーも参列していました。
他に参列していたのはアベンジャーズ、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー、シールド、サンダーボルト・ロス。

スポンサーリンク

記事内広告



感想

アベンジャーズ エンドゲーム クーナッツ 数量限定先着来場者特典 ホークアイ

めちゃめちゃ良かった!観たいシーンが全て詰まっていました。
3時間で長く感じると思っていましたが、そんなことなく最後まで集中して楽しめました。
マーベルのユニバース作品を観ていて良かったと思える作品でした。

今回上手かったのが、タイムスリップの定義。
過去改変でみんな元どおりなんて展開ではなく、今の時間軸を変えずに、見事に消された人たちを助けました。
トニーとナターシャは残念でしたが。

前作「インフィニティウォー」から生き残ったのがアベンジャーズの初期メンバーでした。
そして最後はユニバース作品の1作目「アイアンマン」のトニー・スタークから始まって、トニー・スタークで終わる結末で見事な終わり方でした。

トニーはアイアンマン作りに必死になったり、悩み、宇宙からの侵略者と戦ったり、異空間への捨て身など、何度も自分の死を覚悟して戦って来ました。
そんな自己犠牲の道を選んで来たトニーがようやく解放されました。

スティーブは氷漬けによって、最愛のペギーとの幸せな日々を過ごすことができず、戦いに費やし自分の人生を誰かのために使って来ました。
そんなスティーブがやっと解放されて、最愛のペギーとの人生を歩めました。

ソーもアスガルドの王という立場から解放され、自分がありのままの姿で模索する展開で終わりました。

家族と再会できたクリント、キャプテンマーベルもみんな活躍しているシーンがあって満足!

結局、6つのインフィニティストーンを収めたガントレットって生物を半数にできる能力じゃなくて、ドラゴンボールみたいに願いを叶えてくれる石ってことなのかな。

次は2019年の夏「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」?

 

twitterまとめ

いいなと思うツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

アベンジャーズ見事な終わり方で最高でした!!

-映画