サウウェブ

映画のネタバレや感想や小ネタなども解説まとめサイト

映画

プロメア 映画感想・ネタバレ 独特なビビッド表現の映像美

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

今石洋之×中島かずきのタッグで制作されたTRIGGERの長編アニメーション映画「プロメア」を観に行ってきました。
ストーリー自体はありきたりでしたが、映像が他と違って凄かった。

あえて色数を減らし、蛍光色の独特な世界観が描かれて、手書きの作画とCGを混在させた映像に驚きでした。「スパイダーバース」を観たときの衝撃に近かったです。
ただ、蛍光色すぎて戦闘シーンではチカチカしすぎて観にくくて辛かった。そういう意味では「スパイダーバース」の方が観やすくてよかったな。

今石洋之×中島かずきタッグ作品の「天元突破グレンラガン」や「キルラキル」は観たことなかったのですが、今石洋之さんが所属するTRIGGERに在籍している”すしお(本名:石崎 寿夫)”さんがBUMP OF CHICKENの”LIVING DEAD Tシャツ”のデザインをされていることでTRIGGERの存在を知りました。

この作品は今石洋之監督ということもあってか、キャラクターが叫んだり必殺技を言ったり、そんなシーンが多かった。あえてそういうの入れているんだろうし、ファンはそういうのを期待しているんだと思うけど、天邪鬼でイラチな自分にとっては余計な演出であまり好きになれなかった。映像はすごいのに…と、そういう意味で残念に感じました。こればっかりは好き嫌いかな。
詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

作品紹介・あらすじ

突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」の出現をきっかけに、未曾有の大惨事である「世界大炎上」が起こり、世界の半分が焼失した。
それから30年後、一部の攻撃的なバーニッシュが「マッドバーニッシュ」を名乗り、再び世界を危機に陥れる。
これにより、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロと、マッドバーニッシュのリーダー、リオという、それぞれ信念を持った熱い2人の男がぶつかり合うことになる。

出典:https://promare-movie.com/

 

キャスト

監督は今石洋之さんで、脚本は中島かずきさん。キャラクターデザインはコヤマシゲトさん。そして音楽は澤野弘之さん。
豪華なTRIGGER制作のスタッフだけでなく声優陣も松山ケンイチさんをはじめとする豪華なキャストが集結です。

  • イチガロ・ティモス / 松山ケンイチ
    高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の新人隊員ながら、態度は誰よりも大きい。猪突猛進の筋肉バカで、燃える“火消し魂”を胸に“マトイ”を相棒として火災の現場に駆けつける。
  • リオ・フォーティア / 早乙女太一
    突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の攻撃的な集団〈マッドバーニッシュ〉のリーダー。そのクールな見た目とは裏腹に、特殊な炎〈バーニッシュフレア〉を操り全てを燃やし尽くす。
  • クレイ・フォーサイト / 堺雅人
    自治共和国プロメポリスの司政官で、フォーサイト財団理事長。かつては耐火構造素材の研究を行い、バーニッシュ火災を鎮火させる瞬間凍結弾の開発も成功させた。ガロにとっての憧れの人物でもある。
  • ビニー / ケンドーコバヤシ
    国家救命消防局”FDPP”に住み着くヘルメットをかぶったネズミ。ガロが所属する〈バーニングレスキュー〉のマスコット的存在で、
    普段はメカニック担当のルチアと行動を共にしている。
  • デウス・プロメス博士 / 古田新太
    国家調査団として長年〈バーニッシュ〉の研究をしている科学者。
  • アイナ・アルデビット / 佐倉綾音
    女性隊員。ガロと同じく10代の若者。どこかクールで落ち着いていて、マイペースに我が道をいくプロフェッショナル。無茶や無理をしがちなガロやパリスのツッコミ役である。
  • レミー・プグーナ / 吉野裕行
    バーニングレスキュー副隊長。二枚目で、その見た目の通り冷静で、すべてにおいてスマートな人物。隊長のイグニスを支える参謀役として欠かせない存在。20代。
  • バリス・トラス / 稲田徹
    重機ギア担当の隊員。筋肉質の大男で30代。怪力のパワー自慢で、常に身体を鍛えている。その巨体とスタミナを活かして、現場においては小柄なルチアを担いで運んでいくことも。
  • ルチア・フェックス / 新谷真弓
    メカニック担当の小柄な女性隊員で、バーニングレスキューの装備の開発と整備に余念がない。ガロが手にしている“マトイ”もルチアが作り上げたもの。
  • イグニス・エクス / 小山力也
    バーニングレスキュー隊の隊長で30代。現場では賢明な判断と貫禄ある態度で、隊長たちを指揮して引っ張っていく。部下を信用し、また部下から信頼も厚い頼れる男。
  • エリス・アルデビット / 小清水亜美
    フォーサイト研究所に所属している若き女性博士で、バーニングレスキューの隊員であるアイナの姉。研究所に篭って、”ある開発”に勤しんでいる。
  • ヴァルカン・ヘイストス / 楠大典
    プロメポリスにおけるバーニッシュ犯罪を管轄する警察兼軍隊的な組織〈フリーズフォース〉の大佐。ガロたちバーニングレスキューの越権行為を苦々しく思っている。バーニングレスキュー隊長のイグニスとは犬猿の仲。
  • ゲーラ / 檜山修之
    リオと共に炎上テロリストとして指名手配されている。攻撃的なパワータイプの〈マッドバーニッシュ〉。リーダーのリオを「ボス」と呼び、絶対的な信頼を置く。鎖骨に「雷刃」のタトゥーが入っている。
  • メイス / 小西克幸
    ゲーラと共にリオに仕える。スピードタイプの〈マッドバーニッシュ〉頭が良く、チームの頭脳担当。左腕に「風刃」のタトゥーが入っている。
  • ビアル・コロッサス / 柚木涼香
    自治共和国プロメポリスの司政官で、フォーサイト財団理事長であるクレイ・フォーサイトの秘書。クレイと行動を共にしており、受けた指示を的確に実行する。

 

監督・今石洋之とは?

トリガー所属のアニメーション監督、アニメーターである今石洋之は「天元突破グレンラガン」や「キルラキル」などの監督として参加しています。

 

脚本・中島かずきとは?

「劇団☆新感線」の劇作家。舞台だけでなく、「仮面ライダー」のシリーズや「劇場版クレヨンしんちゃん」シリーズにも参加しており、今石洋之とは「天元突破グレンラガン」の脚本を手掛けています。中島さんが直接松山ケンイチさにゃ早乙女さんにオファーをかけたそうなので、中島さんがいたからここまで豪華なキャスティングが可能になったのかもしれません。

 

キャラクターデザイン・コヤマシゲトとは?

「TRIGGER」の社名ロゴから、「交響詩篇エウレカセブン」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」「キルラキル」「HEROMAN」など数多くデザインに参加されているフリーのデザイナー。

 

音楽・澤野弘之とは?

「キルラキル」で劇伴を担当。その他にも「プラチナデータ」、「機動戦士ガンダムUC」、劇場版「進撃の巨人」、「甲鉄城のカバネリ」等の作品で劇中音楽を手掛ける作曲家で、自身もボーカル楽曲に重点を置いたプロジェクト「SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキ ヌジーク)」を立ち上げて活動をしています。

 

プロメア ネタバレ

突然変異「バーニッシュ」

ある日、世界各地で同時多発的に突然変異により炎を操る人種「バーニッシュ」が出現。
バーニッシュと人類は対立し、両者の争いは激化。そして全世界の大半を焼き尽くす惨事「世界大炎上」にまで発展しました。

 

”マッドバーニッシュ”逮捕

「世界大炎上」から30年後。
一部の過激なバーニッシュは「マッドバーニッシュ」を名乗り、散発的に火災を引き起こしていました。

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

自治共和国プロメポリスでマッドバーニッシュによる火災テロが発生、高機動救命消防隊、「バーニングレスキュー」に出動要請が出ます。
火災現場、フォーサイト研究所ビルに急行したバーニングレスキューは直ちに救命活動を開始します。

しかし、屋上に取り残された人々を見つけた隊員のアイナは応援を要請。新人隊員のガロが現場に向かいます。

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

ガロとアイナの活躍で屋上の人々を救助します。
するとそこにマッドバーニッシュの3人が現れました。

バーニングレスキュー隊長のイグニスからガロの前に現れたのは”マッドバーニッシュ”のリーダーと幹部の2人だと聞きます。
手を出さないよう、釘を刺しますがガロは聞く耳を持ちません。

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

マッドバーニッシュとの戦闘になるガロ。
ガロの操る、「マトイデッカー」とバーニングレスキュー隊員の協力により、マッドバーニッシュの三人を拘束することに成功しました。

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

その戦闘でガロは”マッドバーニッシュ”のリーダーが自分と同世代の少年だったことに驚き、「ガキ」呼ばわりするガロにマッドバーニッシュ”のリーダーはリオと名乗ります。

その後、現場に現れた警察兼軍部組織”フリーズフォース”によりリオたち三人は連行されていきました。

 

恩人のクレイから勲章

警察兼軍部組織”フリーズフォース”によってリオたちが連行されていった収監施設では子供や老人、ケガ人ですら拘束具がつけられて、まともな扱いがされていませんでした。

ガロはマッドバーニッシュの逮捕に貢献したことから、フォーサイト財団の総裁でプロメポリス共和国の司政官クレイから勲章を授与されます。

その後、バーニングレスキューの仲間達と食事に出かけたガロたち。
ガロは幼い頃、クレイに命に救われた話を仲間に話します。ガロはその恩に報いるためにもレスキュー隊で活躍したいと話しました。

すると突然店にフリーズフォースが押しかけてピザを焼いていた店員を連行しようとします。
その店員はバーニッシュであり、その定員を庇おうとする店主も一緒に拘束されて行きました。

ガロは店員と店主が連行されるのを止めようとしますが、フリーズフォースの司令ヴァルカン大佐はテロに関与していないか調査のためと強引に連行します。

バーニッシュでも被害を加えていない人を強引に連行して行くことに居た堪れなくなったガロはバイクで一人、走り去って行きました。

 

収容施設から逃走

リオは別の収監施設に移送されようとしていましたが、そのタイミングで拘束具を破壊し、脱走。収監されたバーニッシュたちを解放し、収容施設から逃げ出すことに成功しました。

そのころ、ガロはバイクで山奥の凍った湖に来ていました。そこにガロを心配して追って来たアイナもやってきます。
アイナに「ここには頭を冷やしたいときに来る」と言うガロ。
その上空を飛ぶ、施設から逃げたバーニッシュの乗る飛行機を目撃します。

ガロはアイナに本部への応援を頼むと、その飛行機を追いかけて行きました。
追って行った先には洞窟がありました。
ガロはその洞窟の前にいるバーニッシュを確認します。
そしてその洞窟に忍び込むと、そこにはリオが連れ出したバーニッシュたちが居ました。

子どもや老人の姿に驚いたガロは何者かに殴打され、気を失います。

ガロが目を覚ますと拘束され、目の前にはリオがいました。

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

バーニッシュも人だと言うリオにガロは「炎を出すことをやめれば、普通の人と同じように暮らせるのではないか。」と話します。
リオは「クレイがそうさせない。」と言い、フォーサイト財団が裏でバーニッシュを拉致、違法な人体実験をしている事を明かします。

驚くガロを尻目にリオはバーニッシュは人を殺さないことを誇りにしていると言い残しそこから去って行きました。

 

パルナスサス計画

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

その後、洞窟に駆けつけたアイナに助けられたガロは翌日、クレイに会いに行きます。
「バーニッシュに人体実験をしてるのか。」と尋ねるガロに、クレイは着いてくるように言います。

クレイは近年、マグマの活動が活発化しており、半年を待たずに暴走、地球は住めなくなることをいいました。
そのため、移住可能な惑星を見つけ、巨大な宇宙船の箱舟「パルナスサス号」で移住しようとする「パルナスサス計画」を進めていると明かします。

そして、クレイはガロにある実験に立ち合わせます。
実験の準備を進めるのはアイナの姉であるエリスでした。

そこに連れて来られたのは以前、飲食店でピザを焼いていたバーニッシュの店員でした。
店員をある装置に拘束し、装置を作動させると、ワープ用のゲートが開き、短距離ながらも人をワープさせることに成功します。

クレイは移住するために行うワープゲートを開く動力としてバーニッシュの力を利用しようとしていたのです。
この実験によってバーニッシュの店員は灰となりました。
バーニッシュは命を落とすと自身の炎によって灰となってしまうのです。

バーニッシュの命を使う以外にも方法があるはずだと摑みかかるガロをクレイは拘束しました。

 

突然変異・バーニッシュ

火山の近くにバーニッシュが隠れ住む集落を”フリーズフォース”が襲撃します。
リオは立ち向かおうとしますが、仲間の裏切りに遭い、氷漬けになってしまいます。

裏切っていたのは収容施設に拘束されていたバーニッシュの老人でした。
後先が短いと”フリーズフォース”側に内通しており、集落の場所を教え、リオにこっそりと、新型の凍結剤を取り付けていました。
ですが、その老人もヴァルカンの手により拘束されてしまいます。

ヴァルカンはリオも連行しようとしますが、マッドバーニッシュの幹部であるメイスとゲーラが立ちはだかり、リオを逃がすことに成功します。

リオは仲間を奪われた怒りにより、新型の凍結剤をものともしない炎を生み出し、炎の龍となり、市街地に向かいます。
クレイを倒そうとするリオは市街地で暴れまわります。

 

プロメス博士

プロメア 映画感想・ネタバレ

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

その頃、拘束されていたガロは逃げ出す事に成功します。
バーニングレスキューと合流し、消火活動を開始しました。
アイナと共に火災の元となっているリオの下に向かいます。

リオはクレイを見つけ、炎で焼き尽くそうとしますが寸前のところで割って入ったガロに妨害されます。

クレイは捕まえたバーニッシュたちからエネルギーを供給、パルナスサス号を起動します。

ガロはリオをアイナが操るレスキュー用ジェット機に押し込み、暴れまわるリオを止めようとしますが、ガロの「バーニッシュは人を殺さないという誇りを忘れたのか!」と言う言葉にリオは我に返ります。
そんなこと知らないアイナは「頭を冷やせ!」と二人を凍った湖に落としました。

リオの炎で湖の氷が蒸発し、そこに現れたのは巨大な研究所でした。
驚く三人は謎の人物により研究所に招かれます。

その招き入れた人物はバーニッシュ研究の第一人者、プロメス博士でした。
ですが実際は亡くなっており、自分の意識や人格をデータとして取り込んだAIでした。

プロメス博士本人はすでに殺害されており、その殺害した犯人はクレイでした。
プロメス博士を殺害したクレイはその後、プロメスの研究を盗み、それにより成した財力で現在の地位にまで上り詰めていたのでした。
プロメス博士はバーニッシュの力を一斉に利用する計画ではそれを実行すると、すぐに地球は壊滅すると説明します。
多くのバーニッシュに苦痛を強いることで地球のマグマが暴走すると言うプロメス博士。
なぜなら、地球の核とバーニッシュは繋がっていると言います。

 

プロメア

プロメス博士の話では30年前、時空に断層が出来き、異次元の世界とつながり、地球の核は多次元生命体”プロメア”と融合、その生命体に強く反応を示した人々こそバーニッシュでした。

バーニッシュの成り立ちに驚く三人にプロメス博士はバーニッシュの力を動力とするエンジンを搭載したロボット”デウス・X・マキナ”を与え、クレイをとめるように頼みます。
ガロとリオは”デウス・X・マキナ”に乗り込むとクレイの下へ向かいました。

パルナスサス号に到着したガロとリオ。
”デウス・X・マキナ”の容姿にやる気が起こらないガロを見かねてリオは自らの炎で鎧を作り、”リオデガロン”へと姿を変えました。

 

リオデガロン VS クレイザーX

その頃、アイナはエリスなどパルナスサス号の乗員に真実を伝えます。
しかし、クレイは捏造だとし、作業を続けるよう促します。
エリスは作業を続けます。

甲板で暴れまわるリオデガロンに対処すべく、クレイは自らもロボット”クレイザーX”に乗り対決することとなりました。

激闘を繰り広げるリオデガロンとクレイザーXの最中、エリスはエンジンを暴走させ、破壊していました。
そのことを知ったクレイはヴァルカンにエリスの排除を命令します。

ヴァルカンに追い詰められるエリスですが、駆けつけたアイナやバーニングレスキューに助けられます。

リオデガロンとクレイザーXの戦いは相打ちに終わり、ガロとリオとクレイはそれぞれ機体から降りました。

 

クレイの正体

クレイに渾身の炎を浴びせるリオですが、クレイには通じません。
クレイはじつはバーニッシュであり、クレイの炎はリオよりも強力でした。

リオを核にパルナスサス号のエンジンを再起動しようとするクレイはリオを拘束します。
それを止めようとするガロはクレイの炎を浴び、落下していきました。

落下したガロの下にバーニングレスキューの面々が集まり、炎を消火しようとしますが、炎は自然と弱まっていきます。
リオの炎がガロを守っていたのでした。

クレイはエンジンを再起動しようとしていました。
ガロはリオを助けに行くため、”マトイデッカー”に乗り込みます。

クレイはエンジンの再起動に成功、バーニッシュの莫大なエネルギーが流れ込み苦しむリオですが、そこでプロメアの意思を垣間見ます。

 

プロメアの意思

駆けつけたガロはエンジンを破壊しますが、クレイの炎に巻かれ”マトイデッカー”は溶けてしまい、ガロも炎を浴びます。
しかし、リオの炎に守られたガロは炎の中を悠然と歩き、クレイに近づいていきます。

驚くクレイを殴り飛ばしたガロは、リオの下へ走ります。
莫大なエネルギーを浴びたリオは命が尽きかけていました。

ガロは自身を守っていた炎をリオに戻し、リオの傷は癒え、意識を取り戻します。

しかし、バーニッシュ達の苦痛で世界中のマグマは暴走を始めていました。
「消せるだけ消す。」と意気込むガロにリオは「逆に燃やせばいい。」と言います。
地球のコアのプロメアの意思に触れたリオは「奴らは不完全燃焼なんだ。完全燃焼させればプロメアを満足させることが出来る。」と言います。

ガロの「燃やして救う」という精神とリオの「すべて燃やす」という衝動を”デウス・X・マキナ”で全世界に伝播させるれば地球を救えるというリオの提案に同意するガロ。
”デウス・X・マキナ”に乗り込んだ二人はバーニッシュ達の力も借り、変貌した姿”ガロデリオン”で炎を世界中に広げすべてを燃やし尽くします。

こうしてプロメアは衝動を満足させ、元いた宇宙に帰って行き、次元断裂を閉じました。
バーニッシュは力を失い、ただの人間に戻りました。

脅威が去った世界でガロは火事の後始末が残っているといい、元バーニッシュたちと後始末をしていこうというところで終わり。

スポンサーリンク

記事内広告




 

エンドロール後

特に何もありませんでした。

 

スポンサーリンク

記事内広告




 

映画「プロメア」の前日譚とは?

プロメア 会場特典前日譚「ガロ編」

映画館に観に行くとストリーミングで完全新作アニメーション「ガロ編」を見るためのQRコードシリアルコードがプレゼントされます。

内容はガロの高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉への配属初日。レスキューに参加する話でした。

スポンサーリンク

記事内広告




感想

気合い上等の根性論のどストレートな話でした。ここまで行ききっていたら気持ちいいですね。”完全燃焼”なエンターテイメント作品でした。
ストーリーはありきたりだけど、キャラクターも熱があって、音楽も良かった。そしてなにより映像が迫力もあって他にないテイストで盛り上がりました。
キャラクターに感情移入できないまま、熱い会話が繰り広げれらるので、置いてけぼりになったけど。

あえて悪くいうと、キャラクターがしょっちゅう叫んだりするからか、聞き取りにくい。アクションシーンがチカチカして観にくい。
ちょっと観ててしんどくなるので、自分に余裕がある時に観るのをおすすめします。
時間に余裕のある10代の人向けかな。

スパイダーバースがめちゃくちゃ映像が良かったからプロメアのCGに新鮮味はなかったものの、オリジナリティは高かったので、もしこれでストーリー・脚本が面白かったら、とんでもなくおもしろい作品になったと思う。

 

twitterまとめ

いいなと思うツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

この映像は観ておいた方がいいかも。

-映画