サウウェブ

B'zのツアーやグッズ、ネタバレ話題情報まとめサイト

#LIVEGYM2019 #稲葉浩志 B'z NEW LOVE

B'z稲葉浩志さんがWhole Lotta New Loveツアーで読んだ小説紹介「騎士団長殺し」など

 

騎士団長殺し―第1部 顕れるイデア編(上)―(新潮文庫)

B'zのアルバム「NEW LOVE」を引っ提げて2019年の6月8日から9月10までの36公演で行われた全国ツアー「B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」。
そのツアーで稲葉浩志さんが旅を供にした村上春樹さんの「騎士団長殺し」などの小説をまとめました。

この小説はB'z PartyのカレンダーでWLNLツアーに連れて行ったほんの一部として紹介されていました。

購入してから読んでいない小説を書棚から引っ張り出して、旅に持っていきました。
「騎士団長殺し」良かったです、、、

イナバ

スポンサーリンク

インヴィジブル / ポール オースター

インヴィジブル

発売日:2018/9/27

はじまりは一九六七年のニューヨーク。文学を志す二十歳の青年の人生は、突然の暴力と禁断の愛に翻弄され、思わぬ道のりを辿る。フランスへ、再びアメリカへ、そしてカリブ海の小島へ。章ごとに異なる声で語られる物語は、彼の人生の新たな側面を掘り起こしながら、不可視の領域の存在を読む者に突きつける―。新境地を拓く長篇小説。

オースター・ポール

1947年、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学で英文学と比較文学を専攻、大学院中退後にフランスに渡る。詩、評論、翻訳等を手がけたあと、1985年から1986年にかけての「ニューヨーク三部作」(『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』)で小説家として世界的に注目を集め、以後現代アメリカ文学を代表する作家として活躍を続ける

スポンサーリンク

記事内広告


優しい鬼 / レアード・ハント

優しい鬼

発売日:2015/10/7

南北戦争以前、横暴な夫のもとに騙されて来た女性が、二人の娘たちと暮らし始めると…。優しくて残酷で詩的で容赦ない長編小説。

ハント・レアード

1968年シンガポール生まれ。作家。現在はデンヴァー大学英文科教授

スポンサーリンク

記事内広告


騎士団長殺し / 村上 春樹

騎士団長殺し(新潮文庫) 全4冊セット

発売日:2017/2/24

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降っていたが、谷の外側はだいたい晴れていた…。それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕れるまでは。

村上 春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。
1979年、『風の歌を聴け』でデビュー、群像新人文学賞受賞。主著に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞受賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『ノルウェイの森』、『アンダーグラウンド』、『スプートニクの恋人』、『神の子どもたちはみな踊る』、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』など。『レイモンド・カーヴァー全集』、『心臓を貫かれて』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『ロング・グッドバイ』など訳書も多数。

作詞家として作品展「シアン」も開催するなど文才ぶりですが、小説などインプットもされている稲葉さん。
洋書も読まれているのが印象的でした。村上春樹はちょくちょく読んでいるのですが、稲葉さんが良かったといっている「騎士団長殺し」は読まなければ、、、

#bz #livegum2019 #NEWLOVE #WholeLottaNewLove #騎士団長殺し #村上春樹 #優しい鬼 #インヴィジブル

-#LIVEGYM2019, #稲葉浩志, B'z, NEW LOVE