サウウェブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

プリズン・ブレイク

プリズン・ブレイク シーズン5 第3話ネタバレ・感想 脱獄計画実行とマイケルの過去

2017/04/25  | 426 views

プリズン・ブレイク シーズン5 DVDコレクターズBOX

PRISON BREAK第2話の最後ではマイケルとアブ・ラマールがハグしているところで終わっていました。2人の関係とは、マイケルはカニエル・アウティスを演じているだけなのか気になるシーンでした。第3話ではそんなマイケルの気持ちを吐露する箇所もありました。そして脱獄計画の実行です。停電を待つマイケルたち。一体どうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

あらすじ

脱獄決行の日、ウィップはマイケルとラマールが仲間なのではと疑い始める。リンカーンはパスポートの入手を試みるが、シバが過激派の戦闘員に襲われてしまう。
アメリカではスマホをハッキングされたサラが調査を始めるが、ジェイコブを撃った2人組に追われる。シーノートはサヌアの街を停電させることに成功するが…。
出典:http://tv.foxjapan.com/fox/program/episode/index/prgm_id/20766

 

ネタバレ

マイケルからの紙飛行機メッセージ

マイケルが刑務所の外にいる男の子にガム入りの紙飛行機を飛ばし、受け取った男の子は紙飛行機の中にあるガムを条件に、その紙飛行機の手紙をリンカーンにメッセージを届けてもらいます。
こっそり届けたところをリンカーンに見つかるも、ガム欲しさに動いていたことを知ると、これからもメッセージを届けて欲しいと、リンカーンは男の子にミント菓子をあげる。

書かれていたメッセージはコーランの言葉でした。
「ユースフは主への伝言を頼んだが、忘れられ、何年も監獄に取り残された」
そのメッセージに不自然な空白に気づいたシバとシーノートはそれがサヌアの道だと推理。そしてその道の書かれた地図には赤い印があり、その場所を伝えるメッセージだと気づいた3人。

シバは手伝う義理がないと駄々をこねたが、第二話で助けた子供達の航空券の費用もリンカーンが出すことを条件に協力することとなる。
そして地図を見て、その場所に行ってみたリンカーン、シーノート、シバ。

暗号の場所に行くと、そこは4年前にアメリカ人か借りていた作業場と知る3人。
そこには、マイケルの出国計画が記されていた。
偽造パスポートや過激派の領土である北部を越えて出国するつもりのようです。

 

偽装パスポート

リンカーンは自分のパスポートをあげる条件に収容中のマイケルに会うことができました。今は出国に必要なパスポートは持っていません。さらにマイケルのパスポートもないので、オマーという刑務所にいるマイケルに会う手筈をしてくれた男にそれぞれ頭金1000ドルで偽装パスポートの作成を依頼します。

シーノートとシドの父親の電気局の局長は停電させに、そして偽装者たちの集落へ決められた時間にパスポートを取りに行くリンカーンとシバ。
白紙のパスポートを渡されたリンカーン達はそこの連中に襲われてしまいます。

部屋に閉じ込められたリンカーン。シバは第二話で出てきた過激派の知り合いのレザー(アブ・アミール)という右目を潰され半分黒いメガネの男に縛り上げられ、拷問を受けています。
リンカーン達のことを聞き出そうと暴行するレザーに屈しないにシバ。そしてレイプしようと襲いかかりますが、男の腕力には勝てません。
そのシバの悲鳴を聞いてリンカーンが閉じ込められていた扉をぶち破り、レザーをボコボコにしてシバを助けます。

 

停電まであと数時間

ラマールと共に脱獄を計画しているマイケルでしたが、ポセイドンからの指示?とはいえウィップは納得がいっていません。時間までは問題を起こさないように過ごしたいがそうもいかない様子。

ラマールは神の意志に反していると早速、みんなの前で同性愛者を処刑しようとします。
シバが見つかり、首吊り状態になります。マイケルは止めようとラマールに詰め寄りますが、聞いてくれません。
マイケルはシバを直接助けようと近寄って行くと、看守の発砲があり助かるシバ。

ウィップにも胸に十字架を彫っている兄弟クロスがマイケルに利用されているだけと吹き込まれ、不信感を抱きます。
クロス兄弟は捉えた女性をバラバラにして街中に捨てたやつだと弁明しますが、そのことでマイケルとウィップは殴り合いが始まります。
マイケルはそれに止めに入る看守の腕時計をこっそり抜き取ります。
離される2人、マイケルに近寄りあいつ(ウィップ)を始末しようか?というラマールにマイケルは何か耳打ちをします。

 

ティーバッグとサラ

夫のジェイコブのお見舞いに来たサラ。
謎の人物に命を狙われていて危険なので、退院後はジェイコブの実家で過ごすよう話し合う。
そんな話をしてる時に、サラの携帯のパスワードが勝手に解除され動き出す。

病院のトイレに行くとティーバッグと再会。
ティーバッグは100万ドルの義手をサラに軽く自慢し、「この義手のお金を出してくれたのはオウティス。調べたらマイケルの顔が出て来た」と伝えます。
ティーバッグは同じ男を探すから一緒に協力しようとサラに提案するが、サラは断ります。

 

スマホのハッキング犯

ジェイコブのお見舞いの時に勝手にサラのスマホがロックが勝手に解除され、動いてました。
それに気づいたサラは携帯屋の店員に見てもらいます。サラは携帯の修理を頼み、新しいスマホを購入。

ジェイコブに発砲し、家に入ってきた女とリンカーンの車を操作し殺そうとした男がサラを追跡し、携帯屋にたどり着きました。
店員からサラの携帯を奪おうとしますが、それを向かいのお店から見てたサラ。それに気づいた2人は追いかけます。
そして追いかけられるも、サラは2人を巻きました。
サラを見失った2人は「ポセイドンが抹殺するだろう」と言う言葉を残します。

ジェイコブの実家にきて落ち着いた頃、サラの元に携帯屋の店員から電話がありました。
ハッキングはサラの指紋認証から行われたようで、「ハッキングしたのは、あなた自身(サラの指紋)です。」と言われたサラ。

どこかで指紋を来られたか心当たりのあるサラ。
国務省に行った時にサラはケラーマンに「水はペットボトルからじゃなくて、コップを使え」としつこいくらいに言われていました。
ケラーマンがサラの指紋が欲しかったからコップを使わせたかったんですね。

ケラーマンが怪しいと思ったサラは、ティーバッグと手を組むことにします。
ケラーマンのことを調べて欲しいとティーバッグに電話します。

 

脱獄実行?

同じ牢屋の仲間に信用されてないマイケルでしたが、あるアメリカ人(ポセイドン?)が外交対策のため、ラマールを脱獄させる目的でマイケルとウィップは送り込まれたが、裏切られたので、ラマールは置いて韓国人のジャ、同性愛者で電気局局長の息子シド、利き手のウィップと脱獄すると言います。

そうしていると腕時計を奪われたことに気づいた看守がマイケルの牢屋を調べにやってきます。
何も見つかりませんでしたので、見つかるまで房内監禁という指令が出され、牢屋の鍵が閉められます。
誰も牢屋の外に出られなくなりました。ラマールも外に出ることはできません。

看守はラマールの部屋でも腕時計を調べます。するとラマールの上着から腕時計が見つかりました。マイケルが耳打ちした時にこっそり忍ばせたようです。
マイケルはこの時のために、看守の腕時計を盗みラマールに罪を着せました。

その瞬間、停電が起きます。
天井裏に登り、屋上から脱獄しようとするも看守が外にもいて、マイケル達は身動きが取れません。
そんなことをしてるうちに、話を聞きつけた十字架を彫っている兄弟クロスやラマールたちが気付き第6ブロックにあるマイケルの牢屋に駆けつけます。
天井裏に登ろうとしますが、ゴタゴタで天井裏に他の囚人たちが登って来て、シドが落とされてしまいます。
シド抜きで脱獄しようとしたものの、看守に見つかり脱獄がバレて捕まってしまいました。

そして、マイケルたちは独房に入れられてしまいました。
独房に入ったマイケルのところにラマールが来て、「よくも裏切ったな、お前は明日にでも命を奪われる」と脅しを残し去っていきました。

 

サラへのビデオメッセージ

その後、バッテリーが切れかかっているジャのスマホにメッセージを残すマイケル。
サラに昔も今も愛してることを伝え、全てはサラを守るために嘘をついてた。そして自分が死ねばサラに危険が及ばない。と話します。
自分が死んだらオウティスではなく、本当の名前のマイケル・スコーフィールドとして葬ってほしいと言いました。そして動画が送られるわけじゃなく、スマホのバッテリーが切れました。

 

ポセイドンとは?

新しいキーワードが出てきました「ポセイドン」。サラを襲った男女の2人組はポセイドンという人物?からの依頼で動いている模様です。サラを監視してアウティスをおびき出したいようです。
ですが、マイケルとウィップもポセイドンからの依頼で動いているようで、ウィップがマイケルに「ポセイドンがラマールを出せと、俺たちの仲間じゃねぇ、ケダモノだぜ」というシーンがありました。
ポセイドンとは何者で目的はなんでしょうか。アメリカ人というのは確定しているようですが、気になります。ケラーマンかな?それかケラーマンが繋がっているのは間違いなさそうです。

 

マイケルがオギュギア刑務所にいる目的

あるアメリカ人(ポセイドン?)が外交対策のため、ラマールを脱獄させる目的でマイケルとウィップは送り込まれたが、裏切られたようです。

 

感想

今週は少しずつ謎が明らかになってきました。独房で死を覚悟したマイケルが、スマホのビデオメッセージに全ての嘘はサラのためだったこと、そして本当の名前(マイケル・スコーフィールド)として葬って欲しいと残すシーンがありました。スマホのバッテリーがなくなって送られることはありませんでしたが、マイケルはあくまでカニエル・アウティスは演じているということが明らかになりました。
そして同じ部屋のウィップとの関係も少し会話の中でされていました。その話ではウィップはもともと囚人でマイケルがCIAからの依頼(囚人の脱獄?)でこれまで、活動を共にしていたことが明らかとなりました。

ちなみにティーバッグ自身が義手のお金を出してくれたのはカニエル・アウティス(=マイケル)と話していました。もしかして第一話で出てたかな?見逃したかも。サラのお使いでケラーマンを探ることになりましたが、まさかサラとティーバッグが組むことになるとは(笑)

(やっぱり)脱獄に失敗したマイケルたち。アブ・ラマールを裏切って逃げようとしたので、マイケルは殺すと脅されています。どうやってこの窮地を抜け出すのでしょうか。来週も楽しみです。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-プリズン・ブレイク