サウザンドウェーブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

ウォーキング・デッド 海外ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン7 第2話ネタバレ・感想 エゼキエルの素性が明らかに

2016/11/29  | 485 views

ウォーキング・デッド6 Blu-ray-BOX1

グレンとエイブラハムが殺され、リックたちはニーガン率いる”救世主”に屈したところで終わった第1話。気になる続きはシーズン6で”救世主”との戦闘で負傷したキャロルとモーガンの続きの回でした。

 

スポンサーリンク

前作のおさらい

前シーズン6の最後にキャロルが”救世主”の連中との戦闘で腹部に銃弾を受け殺されそうになったところをモーガンに助けらます。そこに通りかかったアーマーを着た人たちがキャロルとモーガンの2人を助けるというところで終わっていました。今回はその続きとなります。

ちなみに第1話の公式サイトのエピソードは下記の通り。

不調を訴える妊娠中のマギーをヒルトップへ搬送する途中、ニーガンの一団に捕らわれてしまったリックたち。部下を大勢殺されたニーガンは、その代償にリックの仲間の中から1人を選んで殺すと言い、“どれにしようかな…”とランダムにたどり着いた先の1人が、有刺鉄線が巻きつけられたバットで殴り殺される。仲間を殺されてもなお歯向かおうとするリックを、ニーガンはキャンピングカーに引きずり込むが・・・。

出典:http://tv.foxjapan.com/

 

あらすじ・ネタバレ

今回も前シーズン6からの続きです。

”救世主”の連中との戦闘で意識を失ったキャロル、”王国(キングダム)”の武装した男たちに馬車に乗せられ街へと運ばれるところでした。
モーガンはキャロルの周りを警戒しながら見守ります。

移動中、キャロルは負傷により、意識が朦朧とするなか、”王国(キングダム)”の連中とモーガンはウォーカーに囲まれ、戦っていました。
キャロルは負傷による幻覚を見ているのか、時折ウォーカーが普通の人たちの姿に見えます。
その幻覚を見てなのか、キャロルはみんなのもとを離れますが、そこをウォーカーが迫ってきます。
家の中にいるウォーカーが手を振っている人が普通の人に見え、その家に向かうところでウォーカーに囲まれますが、馬に乗った”王国(キングダム)”の兵士たちに助けられます。
モーガンはその家のポストの木の柱に道がわかるようにナイフで矢印をつけてた?そしてそのポストに郵便物を入れてることがわかる赤い旗を立てます。これも目印なんでしょう。

目を覚ますとキャロルはベッドの上で寝ていました。隣にはモーガンが座っています。モーガンから2日間寝ていたことを知らされます。
モーガンはキャロルを車いすに乗せ”王国(キングダム)”の街を案内します。
街の中で果物や野菜、家畜も生産しており、街の人も親切、丁寧な雰囲気です。

キャロルは”王国(キングダム)”の街のリーダーであるエゼキエル王と面会することになります。
車椅子を押され、「ここの人はここを王国(キングダム)と呼んでいて、責任者はエゼキエル王だが、彼は少し変わっているんだ」とモーガンに言われ、劇場のような建物に入ると、ステージの上にはトラを手なずけるドレッド頭の黒人の男性が座っていました。トラの名前はシヴァ。

エゼキエル王はキャロルがモーガンの友人であるなら、王国の友として受け入れて、働くことを条件にいつまでも居ていいと言います。
キャロルはこの雰囲気に合わせるように作り笑顔で戸惑いながらも答えます。
エゼキエル王からざくろなど果物も勧められましたが、キャロルは丁寧にお断りしました。
数々悪人を見てきたので、食べたら何か要求されたり、見返りを求められるのを警戒したのでしょうか。
キャロルはモーガンに車椅子を押され出て行きます。

エゼキエル王との面会から外に出ると、キャロルはこんなの猿芝居で信用できないのでこの街から出て行くことをモーガンに伝えます。

場面は変わり、モーガンはエゼキエル王と部下のリチャード、ジェリー、ベンジャミンに連れられ、彼らの仕事を手伝います。
その仕事とは家畜の豚に餌をやること。餌となっているのはウォーカーで、その肉を食わして太らせているものでした。ウォーカーの肉を食わせて太らせている豚なんて、食べれないでしょう。
ウォーカーが近寄ってきますが、一番若者の青年であるベンジャミンに殺すように指示されるものの、失敗。
その後も遭遇したウォーカーに対処できずモーガンが棒術で倒す。
エゼキエル王にはこのことはすべて内緒にしてほしいと言われます。

エゼキエル王は戻ってからモーガンにベンジャミンに棒術を教えてほしいと頼む。モーガンは戸惑うが、「ベンジャミンはいずれ重要な臣下になる。彼に生きてほしい。」と言われ引き受ける。

キャロルは車いすで王国を動いて回り、愛想を振りまいて油断させながらナイフとチョコと服を盗んでいた。出て行く準備をしています。

モーガンはベンジャミンに棒術を教え始める。
ベンジャミンはモーガンが師匠にもらった哲学書(合気道の本?)を見て、ここにある本は全部2回ずつ読んだので、貸してほしいと頼みます。モーガンは少し迷いながらも彼に本を貸しました。

モーガンとベンジャミンはエゼキエル王に重要な任務があると、銃を持つように指示されて連れていかれます。
それは”救世主”の連中との取引の場所でした。ウォーカーの肉で太らせた豚8頭を彼らに渡します。”救世主”に渡す豚だからウォーカーの肉で太らせていたのね。

しかしジャレッドという”救世主”側の男がリチャードに絡み、リチャードと取っ組み合いになります。
すぐに”王国(キングダム)”の兵士は銃を構えますが、エゼキエル王は銃を収めるようにいい、リチャードもジャレッドを放します。
しかしジャレッドはその後リチャードを殴り、エゼキエルに言われてキャビンという”救世主”側のリーダーが止めます。
キャビンは来週またリストの品物を持ってこい、来なければその男(リチャード)を一番最初に殺すと言って去っていきました。

エゼキエル王はモーガンが救世主と遭遇したことがあると知ってて、殺したのは彼らの仲間かと聞きます。
モーガンはそうだと言い、同じことをさせるために連れてきたのかと聞き返します。そしてエゼキエル王はその反対だと答えました。

戻ってからベンジャミンはモーガンは一緒に食事をしています。
どうしてエゼキエル王はベンジャミンと中がいいのか尋ねると、ベンジャミンの父は優秀な兵士で親密だったということを聞かされます。そして1年前に廃ビルで8人死んでしまうことがあり、王は戦いに慎重になったといいます。”救世主”との協定のことを街のみんなに知られたら戦争は避けられない。しかし勝ち目はない。と王は考えているようです。
モーガンはどうするべきか分らないというベンジャミンに、「道は示せない。自分で見つけるしか。俺は見つけたと思っていた。だが今も模索している。考えは変わるものだ。」と話しました。

モーガンに本を借りたベンジャミンは本に挟まっていたメモ「誰も殺さない」についてモーガンに合気道の精神と関係あるの?かと尋ねます。
モーガンは否定します。

モーガンは食事のあと、キャロルに会いに行きましたが、キャロルは車いすを置いて消えていました。

キャロルは出て行こうとして果樹園で果物を摘んでいたが、そこにエゼキエル王がやってきて見つかってしまいます。
エゼキエル王は自慢の果樹園を君が去る前に見せられてよかったよと言っいい、キャロルは出て行くことを見抜かれていたことに戸惑います。私はここでは役に立たないからと演技しました。

エゼキエル王は側近のジェリーに席を外させ、二人きりで話すことになります。エゼキエル王はキャロルの持っていた銃は救世主のものだと気づいていました。そして救世主に襲われたキャロルが返り討ちにしたことも気づいていました。

か弱い女性を演じていたキャロルでしたが、本音で話すことになります。

キャロルは「あなたもここもふざけている。だから笑っちゃう。」といいます。
エゼキエル王は自分は動物園の飼育員で、シヴァは展示場の堀に落ちて怪我したところを助けて以来自分に牙を向けなくなった。ここの人たちは虎を連れて現れた自分を野生の虎をペットにしていると思い込んだ。彼らは指導者を欲しがっていて、自分も求められているようになりきったと話した。
役者もやっていて王の役もやったことがあると冗談交じりに話し、キャロルに「手の内は見せた。誰にも言わないでほしい。彼らのためにも、私のためにも。」と言いました。

キャロルは好きにして、私は出て行くと言って去っていきます。

翌日キャロルはモーガンに見送られ王国の敷地を出ます。しかし遠くには行かず、はじめにウォーカーに囲まれ、モーガンがポストの柱に印をつけた家に入ります。
中にいたウォーカーを殺して丁寧に埋葬します。
キャロルが翌日、玄関でノックの音と虎の鳴き声がするので出ると、そこにエゼキエル王とシヴァがいました。
エゼキエル王は果物(りんご?)を持って、ぜひ食べてくれと言っていることろで終わり。

 

感想

今回はキャロルとモーガン、王国(キングダム)の話でした。キャロルは信用していない相手にはか弱い女性を演じて、愛想を振りまいています。相手が油断させるのは散々前のエピソードでも観てきましたが、今回も愛想を振りまいていますね。

シーズン3,4の悪役ガバナーの元学校の教師も驚いたけど、エゼキエルは元動物園の飼育員の驚きです(笑)

来週はリックたちの話の続きかな?気になるので早く観たいところです。

twitterの反応まとめ

王国(キングダム)の平和な状況とエゼキエル王が元動物園の飼育員ということが話題となっていました。あとキャロルってエゼキエルとこのあとデキていくの?そういうつぶやきもあったので、ピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ウォーキング・デッド, 海外ドラマ