サウウェブ

稲葉浩志のツアーやグッズ、ネタバレ話題情報まとめ

flow 稲葉浩志

木村拓哉さんソロアルバム楽曲に稲葉さん歌詞提供 Flow書き起こし

マイク 音楽 mic music

2020年1月8日に発売される木村拓哉さんのソロアルバム「Go with the Flow」に収録される楽曲に歌詞提供されることが、2018年8月から始まったTOKYO FM「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」で発表されました。

稲葉さんが歌詞提供された楽曲は「One and Only」。
どんな楽曲かは9月の時点では発表されていません。

このラジオ「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」に、最初のアーティストゲストとしてゲストとして登場した、稲葉浩志さんのコメントとファンからの熱い後押しから、このソロプロジェクトがスタートされたそうです。

稲葉さんの公式サイト「en-zine」のニュースも久々に更新されました。

スポンサーリンク

歌詞提供アルバムリリース情報

木村拓哉オリジナルアルバム「Go with the Flow
2020年1月8日(水)発売
※作品詳細後日案内

楽曲提供アーティストは稲葉浩志、川上洋平 [ALEXANDROS]、LOVE PSYCHEDELICO、森山直太朗とスタジオに来てくれたゲスト以外にも、槇原敬之、水野良樹(いきものがかり、HIROBA)、Uruやオープニングテーマとして小山田圭吾(コーネリアス)。

Go with the Flow」という言葉に込めた意味は、「流れに乗って前に進む」といった意味があり、しなやかに、自らの意思で未来へ向かって進んでいく現在の木村拓哉自身の等身大を表現しているそうです。
稲葉さんが出演された回も”流れに身をまかせてきた”というようなコメントもされていましたね。

 

稲葉さんの熱い後押し?

2018年12月30日放送のTOKYO FM「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」内で稲葉さんからのメール(お手紙)内での後押しからも要因と紹介されました。

Flowという番組を中心に、ゲストアーティストから後押し、さらには番組リスナーからの多数の音楽活動をやってほしいと言う声を聞いた木村のスイッチが入り、今回のアルバムリリースの運びとなりました。

 

稲葉さんのコメント

私が見て話して遊んで感じて自然に浮かび上がった「生身の木村拓哉像」を歌詞にさせて頂きました。文字通りOne and Onlyです。

 

Flowでの稲葉さんからのお手紙

木村拓哉さんが2018年夏のB’zライブに木村がサプライズ出演されたことを受けての内容のお手紙です。

木村拓哉様、先日はお世話になりました。
つい、リラックスしていろいろ話してしまいましたが、僕としては、あと4~5時間はスタジオにいられそうな気分でした。

今日は、前回のトークで伝え忘れたことを思い出したので、今年最後の放送に間に合えばと思いこのメッセージを書いて送ります。
と言っても、そんなに大げさなことではなく、そろそろ木村拓哉の思い切り歌う姿を見たいなと単純に僕は思っているということです。一瞬でしたが、この夏に間近で木村拓哉のステージ熱のようなものを感じました。

無理にとは言いませんが、もし歌いたい気分がむくむく盛り上がったなら、ぜひ1人の木村ファンとして、今後の木村スタイル、とっても楽しみにしております。

稲葉浩志

 

Flow書き起こし

(番組終盤)

木村さん:ここでですね。リスナーの皆さんにお伝えしたいことがあります。これはですね。サラーっといっちゃおうかな、と思うんですけれど。2020年1月にアルバム出しまーす。以上でーす。はい、終わりでーす。

じつはですね、このFLOWという番組にB'zの稲葉さんことバッチだったりとか、Alexandrosだったり、LOVE PSYCHEDELICOだったり、森山直太朗だったり、ほんと様々な方達がゲストにきてくれました。

で、バッチからは、「音楽をやってる姿を見たい」なんてお手紙をいただいたりもして、LOVE PSYCHEDELICOのKUMIちゃんとNAOKIも、「音楽やろうよ」ってスタジオに誘ってくれたりとか。
直太朗の時はスタジオにお邪魔して「木村さん、ギター、はい!」と渡されて、一緒にやってみたりとか。

このFlowという番組を中心にいろんなアーティストの方が来てくださって、皆さんに追い風と言うか、背中を押していただくような感じも非常にありまして。

あと、これが最大の要因というか、理由というか、僕のスイッチをもう一度入れてくれたんじゃないかな、とおもうですけれど、皆さんから音楽活動やってよ!というメッセージがたくさん頂きまして、スイッチ入りました。なので、来年アルバム出します!はい。

ぜひ、楽しみに待っていてもらえると嬉しいんですけども、今後もこのFlowで状況をいろいろお伝えしていこうかなと思っていますので、よろしくお願いします!

これも、同じぐらい皆さんからいろんな思いが届いているんですけども、せっかくそういう形をとらせて頂くことになったので、皆さんと一緒に、アルバムを元にどこかで騒げる場所が持てたら良いなと、いう風に自分の中では思っています!

こちらも詳細が決まり次第、FLOWだったり、GYAO!の「木村さ~~ん!」の方で、みなさんにお伝えできればと思っております!

倉持さん:木村さん!どうも番組ディレクターの倉持です。音楽活動楽しみですね。ついに!待ってました。ほんとに。

木村さん:ついにというか、「やってくんない?」という声をたくさん頂いたので。はい。

倉持さん:ほんとですよ!番組に来てくださるゲストの方と音楽の話をするたびに、是非とも活動お願いします。と声をあったので。これが実現するというのは嬉しいですね。

木村さん:歌筋、全然使ってなかったので。

倉持さん:そうですよね。サンタクくらいでしか使ってるの見たことなかったので。

木村さん:凄くビックリしましたね。

倉持さん:この後、12時からの「木村さーん」の中で木村さんが音楽活動するということで、どんな感じなんですか?その模様を流せたらなと。

木村さん:どんな感じなんですか?その模様?

倉持さん:はい、音楽活動始めると言ってるけど、じゃあどんな感じのことするの?アルバムの中身ってどんな感じなの?というのを。

木村さん:まだ、教えないよ。

倉持さん:僕、ちょっと情報もってきましたよ。

木村さん:どっからの情報?この水?この水から流れてきた?

倉持さん:そう、この水の

木村さん:ビクターか、、、

倉持さん:ビクターさんからちょっと情報をちょっとだけお預かりしたので、その資料をもとに話していきたいお伺いしていきたいと思います。
「木村さーん#61」このあと配信開始です。

 

テレビのニュース

 

Twitterまとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

木村さんの音楽活動に稲葉さんの一言があったのなんて嬉しいニュースですね。

どんな作品になるのか楽しみです!

-flow, 稲葉浩志