サウウェブ

#稲葉浩志 のツアーやグッズ、ネタバレ話題情報まとめ

#SING #稲葉浩志

稲葉浩志 映画SINGの歌手役クレイで初声優!歌唱シーンや経緯などまとめ

2022/03/03

稲葉浩志 映画SINGの歌手役クレイで初声優!歌唱シーンも!

2022年3月18日 (金) に全国公開の『SING/シング:ネクストステージ』の日本語吹替版に、歌唱も含む吹替でB'zの稲葉浩志さんの出演が発表されました。
稲葉浩志さんが演じるのは伝説的ロックミュージシャンであるライオンのクレイ・キャロウェイです。歌手役なので、初声優で歌唱シーンもあります

こんな嬉しいニュースがあっていいのか!楽しみでなりません!

稲葉さんが演じるクレイ・キャロウェイは本国アメリカではU2のボノさんが演じていました。日本語版声優で稲葉さんの抜擢も制作陣の満場一致で決定したとのことです。
稲葉さんの初声優をした映画『SING/シング:ネクストステージ』の情報をまとめました。

スポンサーリンク

作品紹介・あらすじ

歌のオーディションを開催し、取り壊し寸前の劇場を見事に復活させたニュー・ムーン劇場の支配人バスター・ムーン。だが、彼の夢はそれで終わらない。次に目指したのは、エンターテインメントの聖地“レッドショア・シティ”での公演だった!

バスターは仲間たちを引き連れてショービズ界の超大物、ジミー・クリスタルのところへオーディションに行き、斬新なアイデアと持ち前のハッタリで超一流劇場であるクリスタル・タワー劇場での公演の契約を取り付ける!でも、その契約には15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手・クレイ・キャロウェイをキャストに迎えるという条件があった。

地元の小劇場を飛び出し、途方もなく大きな舞台に立つチャンスを手にしたバスターたち。
それは、数々の困難のはじまりだった――。いま、ネクストステージに挑む彼らの、笑いと感動の物語が始まる!

予告編では稲葉さんの「うせろ!」も聞けます!
映画「SING」は2022年3月18日 (金) に全国公開です。

2021年製作/110分/G/アメリカ
原題:Sing 2
配給:東宝東和

スポンサーリンク

記事内広告


 

演じるクレイ・キャロウェイとは?

稲葉浩志 映画SINGの歌手役クレイで初声優!歌唱シーンも!

かつては情熱的でパワフルな歌声が大人気だったロック歌手であり、伝説的なミュージシャン。
妻の死後、その歌声と心を閉ざし、15年以上人前から姿を隠している。

アメリカではU2のボノが声優を担当されています。

スポンサーリンク

記事内広告


 

テレビでのコメント

3月3日のフジテレビ系ニュース番組の「めざましテレビ」で稲葉さんが映画『SING/シング:ネクストステージ』での初声優を取り上げており、その放送内でコメントも流れました。

稲葉さんのコメント

稲葉浩志 映画SINGの歌手役クレイで初声優!歌唱シーンも!

稲葉さん:何から何まで初めてのことなので、準備といっても何を準備していいのかわからないし、自分じゃない人物像に自分の声を入れるという作業をやったことがなかったので、すごく新鮮で楽しかったんですけども、大変でもありましたね。

稲葉さん:正直、ライオンっぽいキャラクターじゃないんで自分は(笑)
そんなに共通している部分は感じてはいないんですが、最後、15年ぶりにステージに立つ前に、あれだけ強気だったクレイがちょっと自信をなくすというか、二の足を踏んでしまうシーンがあるんですけども、歌うことへの恐れというか、ビビってしまう気持ちというのはすごくよくわかるし、そういうことを乗り越えて次のステージがあるんだなぁと、自分が普段やっていることにも通じていると思いながら観てました。葛藤を超えての最後のステージというところで、自分で歌った後、映像を見て感動しましたね。

 

主演の内村さんのコメント

稲葉浩志 映画SINGの歌手役クレイで初声優!歌唱シーンも!

内村さん:(稲葉さんが声優されると聞いて)2回か3回聞き直しました。

内村さん:『本当に?』『え?本当に?』

内村さん:稲葉さんが声優をやるんだ、ということに正直驚いています。

スポンサーリンク

記事内広告


 

満場一致で稲葉さんを抜擢!

映画『SING/シング:ネクストステージ』の公式サイトのニュースでは稲葉さんが選ばれた経緯も記載されていました。

クレイが伝説的なロックスターのキャラクターということで、どの世代でも”ロックスター”として思い浮かべるミュージシャンは稲葉さんしかいないと制作スタッフ含め満場一致で第一候補となりました。

ただ、アニメの中で歌唱することだけでなく、クレイとしての演技も必要なため、お受けいただける可能性があるのか半信半疑でご依頼しました。

そんな中、映画とクレイの役柄に共感していただき、ボノへのリスペクトもあるということでお受けいただけるお返事を頂いた時はスタッフ一同震えました

稲葉さんの想いの詰まった、稲葉さんでなければ表現できない、日本語吹替版でしか体験できない素晴らしいクレイ・キャロウェイになったと思います。

出典:https://sing-movie.jp/news/2022/03/03/014/

 

稲葉さんが声優を引き受けようと思った決め手

「『SING/シング』という映画自体の音楽のクオリティが素晴らしく、ストーリーも非常に分かりやすい。私が声優を務めるクレイ・キャロウェイは、かつてはロックスターだったが今は自分の家に引きこもっている、そのシチュエーションが非常に面白く、やってみようという気持ちになりました。」

出典:https://sing-movie.jp/news/2022/03/03/014/

 

印象に残ったシーン

「すべてのキャラクターが挫折から立ち上がるというテーマの元に、“音楽”を通して頑張っていく姿が一貫して描かれていること、さらにアッシュがクレイに再びステージに立ってほしいと説得に行き軒先で歌うシーンは、一人の小さな歌声で誰かを励ましたり、勇気づけたり、また立ち上がるきっかけを与えたり・・・色々な想いが詰まっている気がして非常に好きなシーンです。葛藤を超えてクレイが15年ぶりにステージに立つクライマックスのシーンは、自分で歌った後その映像を見て感動しました」

 

U2ボノをリスペクト

ラストシーンで使用される本作のテーマソングでもあるU2が書き下ろした2年ぶりの新曲「YOUR SONG SAVED MY LIFE」を歌う稲葉さんは、

「本作のテーマソングは、すごく美しくて素敵な曲だと思っています。深くて大きくとても広がりのあるボノ(U2)さんの声は、シンガーにとっても憧れの声なので、ボノ(U2)さんの演じる役柄を演じる事ができて光栄です」

出典:https://sing-movie.jp/news/2022/03/03/014/

と、コメントされています。

スポンサーリンク

記事内広告


 

稲葉さんが歌う「YOUR SONG SAVED MY LIFE」

稲葉さんが歌うU2が書き下ろした2年ぶりの新曲「YOUR SONG SAVED MY LIFE」です。
劇場で早く聴きたくなりますね。

スポンサーリンク

記事内広告


 

他の声優陣は?

  • バスター・ムーン / 内村光良
  • ミーナ / MISIA
  • アッシュ / 長澤まさみ
  • ジョニー / 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • グンター / 斎藤司(トレンディエンジェル)
  • アルフォンゾ / ジェシー(SixTONES)
  • ポーシャ / アイナ・ジ・エンド
  • ヌーシー / akane
  • ロジータ / 坂本真綾
  • ミス・クローリー / 田中真弓
  • ジミー・クリスタル / 大塚明夫
  • ダリウス / 木村昴
  • クラウス / 山寺宏一
  • スーキー / 井上麻里奈
  • ジェリー / 山下大輝
  • リンダ / 林原めぐみ
  • ビッグ・ダディ / 三宅健太
  • ノーマン / 奈良徹
  • 子ブタのアデリーヌ / 佐倉綾音
  • ウサギ / 竹内アンナ
  • ナナ / 大地真央
  • クレイ・キャロウェイ / 稲葉浩志

スポンサーリンク

記事内広告


 

SNSまとめ

#稲葉浩志 #inabakoshi #SING #稲葉最高 #稲葉サイコー #bz #映画シング #シングネクストステージ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-#SING, #稲葉浩志