サウウェブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

プリズン・ブレイク

プリズン・ブレイク シーズン5 第1話ネタバレ・感想 懐かしのメンバーと再会

2017/05/10  | 593 views

プリズン・ブレイク シーズン5 DVDコレクターズBOX

2005年8月にPRISON BREAK シーズン1がスタートし、2009年のファイナル・ブレイクで終了していました。ですが、最終回は恋人のサラを脱獄させるために主人公のマイケルが命を落とす悲劇的なラストでした。しかし復活した新シリーズではマイケルが「実は生きていた」という展開。

シーズン5は全9話というちょっと短めです!

スポンサーリンク

あらすじ

マイケルは、サラの脱獄の犠牲となり命を落とした。あれから数年―、現実を受け入れリンカーンやサラたちは平凡な生活を取り戻そうとしていた。
ある日、息子と暮らすサラの手元に一枚の写真が届く。それは、マイケルが今も生存し、中東イエメンの刑務所に服役しているかもしれないという証拠だった…。
果たしてマイケルは本当に生きているのか!?マイケルの生存確認と救出のため、リンカーンとスクレたち仲間が再び手を組み、国を越えた過去最大の脱獄計画に挑む!
出典:http://video.foxjapan.com/tv/prisonbreak/

 

ネタバレ

刑務所で写真を撮ってもらうマイケル

刑務所にいるマイケルは他の囚人に簡易的なインスタントカメラ見たいなもので写真を撮ってもらっていた。

 

封書

それから数日後、フォックスリバー州刑務所で出所手続きをするティーバッグ。預けていたお金、ノートパソコンとガム3枚受け取ると、看守から封筒も預かっていると渡される。その封書の中にはマイケルのモノクロの写真を加工されたものがプリントされていた。

マイケルの兄・リンカーンは借金取りから逃げきり自宅に帰ると、そこで帰りを待っていたティーバッグと再会する。封筒の中身を渡すティーバッグ。封筒の中にある紙にはマイケルの写真と紙の端に「その手で子孫の誇りを知る。今後永久に正しい世界となるだろう」というメッセージを見つけた。

リンカーンは1人でマイケルのお墓に行っていた。夕日に照らされたマイケルの紙に書かれたメッセージに透けない文字を見つける。ある単語だけ鉛筆ではなくペンで書かれていた。その単語をつなげると「ogygia(オギュギア)」という単語になることを見つけた。
すぐさまリンカーンは近くのネット喫茶で調べると、イエメンのサヌアにオギュギア刑務所をあることを見つけ出す。

マイケルが刑務所にいるに違いないと確信したリンカーンは夜になると、再びマイケルのお墓を訪れ、墓を掘り起こしていた。棺桶に何か手がかりがあることを期待したリンカーンはマイケルが着ていたジャケットを手にいれる。ジャケットに何か手がかりがないか探すも何も見つけられなかった。ジャケットを手に車を走らせるリンカーン。

 

謎の刺客

リンカーンは車を走らせていると、時折後をつけていた赤いセダンに気づく。信号待ちで隣につけられ、信号が青になった途端、赤いセダンの車の男にリンカーンの車は遠隔操作され、車は暴走状態になる。どんどんスピードが上がる車。そのままガードレールに突っ込み、フロントガラスから飛び出すリンカーンだったが、飛び込んだ先が池で軽傷ですむ。
赤いセダンの車の男がすぐ後につけていただ、人だかりができており、姿を消した。

サラや甥のマイクの命が狙われていると確信したリンカーンはすぐに電話をかけて警告する。しかしその電話の時にはサラの自宅前に謎の刺客が到着していた。
サイレンサーを装着した拳銃で家に入って来る女性。サラは再婚相手のジェイコブに絵の裏に銃があるから取ってきてと告げて、すかさず911に通報する。
サラは息子のマイクとともにバスルームに逃げ込む。ジェイコブは侵入者と対峙し、右足ふとともを撃たれてしまう。倒れこむジェイコブ。
侵入者はサラのいる3階に上がって来る。部屋を調べて行き、バスルームの前まで来た頃に警察パトカーのサイレンが聞こえ出す。すぐさま逃げていく侵入者。
サラはジェイコブのそばに駆け寄り、動脈が打たれたことに気づく。駆け寄る警察。ジェイコブは病院に運ばれて行った。

 

ティーバッグの義手手術

その頃ティーバッグは自分のノートパソコンに義手協会との面接のメッセージを受け取り、義手の医者と面会した。医者からは指先を自在に動かせる高性能な義手に対する匿名の多額の寄付を受け取ったが、その条件にはティーバッグをはじめの被験者とすることが条件だったと告げられる。

その匿名の寄付を行った人物に対して不信感を示すティーバッグだったが、手術を受けることにする。そして無事に手術が成功し、左手は自在に動かせる義手となった。

医者に匿名の人物は誰だと迫ると「アウティス(ギリシャ語で「名もなき者」)」としか知らないと教えられた。

 

オギュギア刑務所に向かうリンカーン

リンカーンはマイケルの着ていたジャケットに「カニエル・アウティス」と名入れが入っていることに気づく。
リンカーンはオギュギア刑務所へ行くためにシーノートの手を借り、イエメンへ向かった。空港でシーノートの仲間と合流し、タクシーで移動するも、その人物は仲間ではなく、謎の刺客のものだった。倉庫に連れて行かれ、襲われるリンカーンとシーノートだったが、返り討ちにしてしまう。

そこに本当のシーノートの仲間であるシバという女性が駆けつけ、合流する。
オギュギア刑務所に入るために手配をしてくれるというオマールという人物を紹介される。手配する条件はリンカーンのパスポートが条件だった。アメリカ人のパスポートはイエメンの者からすると自由への切符のような物のらしい。シーノートからはパスポートがないと出国できないからこれはのまない方がいいと警告されるもリンカーンはパスポートを渡してしまう。オマールはこれで成立と手配を行なってくれた。

 

マイケル?と再会

リンカーン、シーノート、シバの3人はオギュギア刑務所の中に案内され、係りの者に「マイケル・スコフィールド」はいないかと尋ねるも、そんな人物はいないと言われる。送られて来た写真を見せてこの人物はいるかと尋ねると「カニエル・アウティス」という人物であることがわかった。どうやらその人物は凶悪犯として服役中らしい。リンカーンはマイケルの棺桶に入っていたジャケットに書かれている名前と一致するので、その人物だと確信し、呼んでくれと頼んだ。

奥から歩いて来るマイケル。両手の手のひらには「目」の新しい刺青が入っていた。リンカーンは声をかけるも反応せず、自分はマイケルではないという。そして奥に戻って行くマイケル。声をかけ続けるリンカーンだった。

 

感想

ファイナルブレイクから8年ぶりにシーズン再会です!!でも今回は全9話。コンパクトにまとまりそうですね。
しかも今回は重要なデータカード「スキュラ」も再び出てくるとのこと!懐かしのスクレなども登場してました!続きが気になる!

マイケルは自分のことを「カニエル・オウティス」と名乗っていましたね。ドラマの冒頭でマイケル・スコフィールドは7年前に死んだとセリフがあったので、おそらく何らかの事情で演技をしているのでしょうか。自分で写真撮ってもらってたしね。両手の平の目の刺青も気になる。

驚いたのはサラが再婚していたんですね。そりゃマイケルは死んでいると思っているんだから納得なんだけど。再婚相手のジェイコブとはうまくいってそうだし、そこにマイケルが入るとどうなっちゃうんだろう。

上のネタバレには書かなかったけど、シーノートから話を聞いたスクレはマイケルを助けるためとリンカーンに一緒にイエメンに行くと言っていました。リンカーンは手を借りるときは声をかけるみたいなこと言っていたので、きっとまたスクレ出て来そうで楽しみです。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-プリズン・ブレイク