サウウェブ

映画、海外ドラマたまにスケボー、車、B'z、BUMPのブログ

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッド シーズン8 第3話ネタバレ・感想 モラレスあっけない

 | 498 views

ウォーキング・デッド7

ウォーキングデッドシーズン8第3話ではリック達は”ブローニングM2銃”を探しているところ、リックはモラレスと再会。
タラ、ジーザス、モーガン、ダイアン組は捕らえた“救世主”たちをヒルトップへ連行します。
エゼキエル、キャロル、ジェリー組は”救世主”の基地を襲撃して行きます。
詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

あらすじ

歪んだ正義(Monsters)

救世主を捕らえたヒルトップチームはジーザスの命令で全員ヒルトップへ連れて行くがウォーカーの群れに遭遇する。
一方、王国組みは戦略を練り次々を襲撃するが・・・
出典:http://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/21056

 

ネタバレ

エゼキエルたちの戦略

集結地点に急行しろ
着いたら連絡を

と”救世主”の無線がなります。

エゼキエルは「我々を潰そうとしている。だが笑おう」と言い、笑顔のキャロルも質問されると「戦略があるから」と笑顔を見せます。

そのまま進んでいると周りから口笛が鳴り、救世主たちに囲まれてしまいました。
しかし周りの茂みに隠れたエゼキエルの仲間(キャロル)が現れて”救世主”達を一掃しました。

 

モラレス

モラレスに銃を向けられるリック。
モラレスは「リックも”未亡人”も”王”も賞金首でなるべく殺すなと言われている。ニーガンに差し出すか、殺すかだ」と警告します。

その頃、外ではアーロンがエリックを人気のないところに連れて行き介抱していました。
エリックを1人残してアーロンは仲間のところへ戻りました。

モラレスはリックたちと別れた後、トレーラーで死を待っていました。
そこに救世主達が現れ、家族は殺されたが、「俺には価値がある」と言われ仲間に入れられたことを告白します。

リックはモラレスにローリ、シェーン、アンドレアは死に、グレンは頭を妊婦の妻(未亡人)の前で叩き潰されたことを伝えます。
続けてリックは「あんたもニーガンなのか?」と質問しました。

モラレスは「俺もニーガンだ。俺もあんたもモンスターに変わっちまった。」と言います。
「俺はあんたを殺さない」とリックが言っていると、背後から現れたダリルがボーガンをモラレスに打ち込み殺してしまいます。

誰かわかっているのか?とリックが聞くと、「わかっている、誰でも関係ない」と言いました。
「(ここには)銃はない、モラレスが救世主を呼んだ」とリックが言うと誰かが建物に入って行く音が聞こえました。

 

モーガン vs ジーザス

捕らえた”救世主”たちとヒルトップへ向かうタラ、ジーザス、モーガン、ダイアン組。
”救世主”のジャレッドがモーガンを挑発していると横の茂みからウォーカーの団体が出現します。

ウォーカーとの戦闘になり、その混乱の隙に捕らえたジャレッドたち”救世主”の一部が逃げて行ってしまいます。
モーガンは逃げた”救世主”を追っていきます。

逃げた”救世主”の一人を銃撃するモーガン。
続けて殺そうとするがそれを止めるジーザス。

”殺すべき”というモーガンと”処刑するためじゃない、捕らえて、判断はマギーに任せる”というジーザス。
平和に生きる方法に考える、というジーザスと言い争いとなりました。
モーガンはジーザスを襲うが、棍棒を取られて負けてしまいます。
棍棒を返すと、モーガンは棍棒の先をジーザスに向けて、「正しくはないが間違っていない」と言います。
「モーガン正しいよ」とタラは声をかけます。
モーガンは一人で歩いていきました。

 

グレゴリー

その頃、ヒルトップにグレゴリーが脚を引きずって現れます。
イーニッドはグレゴリーを追放すべきだと主張するが、最終的にマギーが情けをかけ、グレゴリーをヒルトップに入れてやることとなりました。

マギーはグレゴリーに、ゲイブリエルを見かけなかったか聞くが、ゲイブリエルは「私は知らない。ただカラの車を見つけ、それで逃げ帰ってきただけだ。」とウソを言います。

”救世主”たちを連れてヒルトップに着いたジーザスたちを見て、マギーは”救世主”たちを中に入れることを拒否します。
ジーザスは、vたちをどうするか決めるまでは、2台のトレーラーに彼らを閉じ込める提案をしました。

ジーザスの提案により、全面戦争が終わるまで、ヒルトップの住民は救世者たちと一緒に住むことになりました。

 

兵器のありか

リックとダリルは襲撃を受けて身動きが取れません。
さらにダリルは弾切れになり、絶体絶命

リックは消化器に弾を撃ち込み、目眩しを行い敵を倒しました。
そこにアーロンの声が聞こえてきます。
リックはエレベーターのところにいると叫びました。

救世主達を一掃したリック達。
ポラロイドカメラで周りの写真を撮るリック。

アーロンはエリックのいたところに戻ると、ウォーカーに転化したエリックの後ろ姿を見つけます。
追いかけようとするアーロンは仲間に止められました。

見つけた赤ん坊のグレイシーはアーロンがヒルトップに連れて行くこととなりました。

リックはまた別の場所に移動しようとすると狙撃を受けます。
一人だけだと読んだリックは知りたいことを教えてくれたら車をやると交渉を持ちかけます。
木の陰から出てくる男。
「”ブローニングM2銃”はここにあったか?」と尋ねるリック。
「移動されて、今は西のギャビンのところだ」と答えると、ダリルがその男の頭を打ち抜きました。

 

西のギャビンの基地

西のギャビンの基地はエゼキエル、キャロル、ジェリー組が襲撃をしていました。
誰一人も仲間の犠牲者が出ないでキャロルの戦略が順調に進んでしました。

周りの様子を見てくるというキャロルが一行から離れた時に、建物の上の階の窓から”ブローニングM2銃”の銃撃が浴びせられます。
”王を守れ”と仲間がエゼキエルの盾となり、撃たれてしまいました。

 

「ブローニングM2重機関銃」とは?

ブローニングM2重機関銃

ブローニングM2重機関銃
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブローニングM2重機関銃

第二次世界大戦以来、現在でも各国の軍隊で使用されている著名な重機関銃である。M2のストッピングパワーや信頼性は伝説的で、口径が50口径(0.50インチ=12.7mm)であることから別名“キャリバー50”(Caliber .50)や“フィフティーキャル”(.50 Cal)と呼ばれる。第二次世界大戦中アメリカで200万挺以上が生産された。
アメリカ海兵隊ではUH-1N、CH-46E、CH-53Eなどのヘリコプターにドアガンとしてキャビン内から乗員が対地射撃をする際に使用している。

リックたちが探している銃が”ブローニングM2”だと明らかとなりました。
どうしてギャレットのことろに移動されたのかは来週の第4話で明らかとなるかもしれません。

スポンサーリンク

300_250_PC用

感想

今回はアクションシーン多めでした。

モラレス、出番あっという間(笑)
アーロンの恋人エリックも転化してしまいました。殺されなかっただけマシなのかな。

モーガンがベンを殺したジャレッドがいることもあって、容赦なしに殺そうとしていることをジーザスが止めるシーン。
ジーザスががかつてのモーガンのようでした。
ダリルも”救世主”に対して容赦がありません。
モーガンもダリル、今回は似た者同士ですね。

あの赤ん坊、グレイシー(Gracie)は一体誰の子供なんでしょうか。
リックのポラロイドカメラもどうして写真を撮っているのかも説明ありませんでした。
気になるところです。

どうやらエゼキエルたちはキャロルの戦略で動いているようですね。
キャロルの無双はまだ出てこないのかと思ってていたら、来週の予告では捕まってしまうのか?ってことは再来週はキャロル無双?

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ウォーキング・デッド