サウウェブ

B'zのツアーやグッズ、ネタバレなど話題情報まとめサイト

B'z

ZIP!「B'z特集」TAKURO、西川貴教コメント書き起こし B'zの信頼関係

ZIP!「B'z特集」TAKURO、西川貴教コメント書き起こし B'zの信頼関係

5月31日に日本テレビの朝の番組「ZIP!」でB'zが特集されました
初のミリオンから、松本さんのグラミー賞受賞、圧倒的なライブのパフォーマンスなど、令和の時代も進化の止まらないB'z。そういった映像とともにB'zと交友のあるTAKUROさんと西川貴教さんがコメントを寄せてくれていました。

背面にあるB'zのパネルを見て西川貴教さん「すましちゃって(笑)」のコメントから仲の良さがうかがえます。

B'z松本プロデュース「TAKURO/Journey without a map」レビュー
B'z松本プロデュースTAKURO「Journey without a map Ⅱ」レビュー・感想

スポンサーリンク

B'zとの出会い

TAKUROさんとB'zの出会い

TAKUROさん:2人の存在がなければGLAYの存在はないと思いますよ。
僕(バンドやりながら)運送屋さんでバイトしていたんですけれど、その時にB'zの曲がヒットチャートにどんどん入ってきていて、印象深いのが「ALONE」という曲を聴きながら浦和の街中に荷物を運んでいました。
当時のバンドマンに与えた影響は大きい。キレイなバラードではあるんだけれど、それまで日本のセンチ(感傷的な)なバラードではない。乾いてる。

西川貴教さんとB'zの出会い

(1989年ごろにB'zの楽曲に出会った西川さん)
西川さん:ザワザワしましたね。2人でバンドって凄く新しかった。どことも違うサウンド。

 

TAKUROさんが惚れ込んだ曲

TAKUROさん:MOTEL』が20代半ばの僕に刺さった。デビューしてもがいてるときに自分達も励まされました。

勢いないぬるいシャワーで体を洗い流して
ただの独りよがりの禊

TAKUROさん:勢いないぬるいシャワーで浴びる。
そのときの男の人のどういう気持ちを表してるか、当時、勢いのないシャワーのアパートに住んでいた自分としては物凄く共感できる。
稲葉さんは物凄い勢いのデカイバスルームでシャワーを浴びているんだろうけど、どうしてそこまで普遍的な感覚を持ち得るのかなっていう。驚異的だなって思いますね。

 

西川貴教さんも共感した曲

西川さん:『「イチブトゼンブ』。凄いラブソングですよね。本当に。

すべて何かのイチブってことに僕らは気がつかない
愛しい理由を見つけられたら もう失わないで
愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに
それだけでいいのに

西川さん:たったひとつあればいい。それに全部、集約されている。ラブソングなんだけど、色んなものに置き換えられる。ズバリ(心情を)言い当てられてグッと来ちゃう。

 

圧倒的なライブパフォーマンス

TAKUROさんが度肝を抜かれたライブ演出

TAKUROさん:見に行ったドームでバイクが飛んでるんです。もう意味がわからない。曲に関係あるのかな。
演出について2人から聞いたら、「誰も俺たちを見てない」って言ってたよ(笑)
さすがに2人でもバイク飛ばれたら見ないわ(笑)
今までのライブで味わったことのない感情。

バイクのライブ演出は"B'z LIVE-GYM 2003 BIG MACHINE"での「アラクレ」

西川貴教さんのコメント

西川さん:ダイナミックに見せてくれる総合演出みたいな

映像では「B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-」の回転ステージを紹介。

DVD「B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-」


 

ここまでの活動をしている2人について

TAKUROさんのコメント

TAKUROさん:僕は松本さんとよく食事をしに行くので、お互いのバンドの話になりますけど、稲葉さんへの信頼感は物凄い。

西川貴教さんのコメント

西川さん:きっと「松本さんだったらこう言うだろう」とか、松本さんだったら「稲葉さんだったらこう言うんじゃないか?」と言うのが信頼関係だったりしますね。

 

2人の絆を描いた楽曲「brotherhood」

B'zの二人の関係を表している楽曲として「brotherhood」が紹介されました。

VTR終わりではDAIGOさんは「LOVE PHANTOM」が好きとコメント。

スポンサーリンク

記事内広告



 

B'z特集動画

スポンサーリンク

記事内広告



 

Twitterまとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-B'z