サウウェブ

B'z、映画、海外ドラマ、スケボー、車、BUMPネタバレまとめ

B'z NEW LOVE

B'z「兵、走る」がラグビーの活躍で注目、急上昇!#兵走る

2019/10/09

【Amazon.co.jp限定】NEW LOVE (初回生産限定盤) (CD+オリジナルTシャツ) (特典: オリジナルクリアチケットホルダー)

B'zの21作目のオリジナルアルバム「NEW LOVE」に収録されている大正製薬「リポビタンD」ラグビー日本代表応援ソングとして書き下ろされた「兵、走る(読み:つわもの、はしる)」がラグビー日本代表の活躍とともに注目されています。

2019年10月20日の読売新聞朝刊に「兵、走る」の広告が掲載されました。歌詞全文が掲載されています。
スポンサーリンク

ラグビー人気とともに注目

日本代表の活躍とともに、iTunesでの「兵、走る」のダウンロードランキングが上昇!
ロシア戦翌日の9月21日(土)には46位から10位にランクイン。
そして10月7日(月)には3位になるまでに!

また、公式ソングがあるNHK、日本テレビ以外の局では、ラグビー関連のBGMでも使われ、テレビ放送のたびに「リポビタンD」のCMが流れるので、公式応援ソングよりもB'zの「兵、走る」が多く流れる現象。
結果、B'zの「兵、走る」が印象に残り、応援ソングみたいな事態になっていました。

日本が勝利した2019年10月5日(土)、ラグビーワールドカップ2019日本大会「日本対サモア」が行われた豊田スタジアムで終了後に「兵、走る」が流れました。

<追記>
日本対スコットランド戦の10月14日にiTunesランキングでついに1位を獲得しました!凄い!

 

「兵、走る」の読み方

兵、走る」の読み方は「つわもの、はしる」。

稲葉さんいわく、タイトルの「兵(つわもの)」はまさにラグビー選手をイメージして出てきた言葉であり、元々は「強者」という漢字を想定していたが変換したところ「兵」という漢字が出てきて、それを面白いと感じたため「兵」が採用されました。

 

ラグビー応援歌で書き下ろされた曲

2019年5月29日発売の「NEW LOVE」の2曲目に収録されている「兵、走る」。

松本さんがロサンゼルスで曲創りが行われ、稲葉とデータのやり取りを行いながら制作が進められた。
メロディーは松本さんが「家に一人でいるときにふと思いついた」と振り返っており、デモ制作のときにギターリフが後付けされています。

『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』ツアー中に作られた曲でスタジオに入ってから考えられたというイントロの「エイエイエイオー、エイエイオー」のコーラスパートが印象的な楽曲になっています。
このイントロのパートはラグビーをイメージして「そういうパートがあった方がいい」と判断されて後から追加されたようです。

映像作品『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』のドキュメンタリー「TOUR DOCUMENTARY -Road to 20180921-」でもその模様が収録されているのが確認できます。

『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』ツアー中に制作されたということもあって、去年までサポートメンバーとして参加していたバリーとシェーンが参加しています。

https://twitter.com/ptgym_yoshi/status/1181887875735965698?s=21

 

「ラグビーワールドカップイヤー」篇

 

「最強の自分」篇

 

【期間限定Web動画】リポビタンD「一歩踏み出そう」篇 90秒/B’z「兵、走る」

 

B'zのコメント

CMのために書き下ろされた楽曲で、B'zからもコメントが出ています。

泥まみれになり身を挺して走り続ける選手たちはまさに兵(つわもの)。その姿に畏敬の念を抱きながらこの曲を作りました。聴いた人、一緒に歌った人の身体の内から希望が湧いてくるように願っております。

 

日本代表へのエールが詰まった歌詞

勝利のために泥だらけで汗だくになって戦う選手の様子が伝わってくる臨場感が伝わる歌詞になっています。
前半は応援をする人の目線の内容で描かれ、日本代表の戦う姿に影響されて”自分にはまだまだ頑張れる”と触発される、になっています。まさに”応援歌”となる内容となっています。

イントロに流れるのはまさに応援の目線。

エイエイエイオー、エイエイオー

日本代表の試合を観て、叫び応援する観客。

泥の風と汗の煙
走るあなたが見える
その姿を希望に託し
僕らは思わず叫んでいた
出典: 兵、走る/作詞:KOSHI INABA 作曲:TAK MATSUMOTO

戦う選手を見て、応援している自分にも”限界まで挑戦しよう”という勇気をもらいます。

そして気がつく
皆限界まで挑む権利がある
出典: 兵、走る/作詞:KOSHI INABA 作曲:TAK MATSUMOTO

後半は限界を感じても、どんな結果でも、さらにその先を見て、挑戦し続けることを選手と重ねます。

ゴールはここじゃない
安住の地などない
泣けど続く人生
出典: 兵、走る/作詞:KOSHI INABA 作曲:TAK MATSUMOTO

そして、最後は挑戦し続け、”勝負はここから”という奮い立たる、という内容でした。

今日を生きるため
明日を迎えるため
誇り高きスピードでTRY
出典: 兵、走る/作詞:KOSHI INABA 作曲:TAK MATSUMOTO

 

読売新聞の一面広告掲載

2019年10月20日(日)の読売新聞朝刊に”リポビタミンD日本応援ソング「兵、走る」”として広告が掲載されました。

 

twitterまとめ

いいなと思ったつぶやきをまとめました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

サウウェブ
平均評価:  
 1 レビュー
by サウウェブ

ラグビーでB'zの楽曲が注目されて、ファンとしてもいろんな人の耳に触れる機会が増えてうれしいですね。

応援ソングとして定着したら嬉しいな。

-B'z, NEW LOVE