サウウェブ

映画、海外ドラマ、スケボー、車、B'z、BUMPのブログ

ウォーキング・デッド エピソード8

ウォーキング・デッド シーズン8 第13話ネタバレ・感想 ヘンリーやらかす

2018/04/03  |  2,716 views

ウォーキング・デッド8

ウォーキングデッドシーズン8第13話(後半第5話)。前話でリックがニーガンを襲撃して、他の救世主達はニーガンがはぐれた、もしくは死んだものとしてサイモンが代わりに指揮をとってヒルトップ襲撃に向かいます。その続きになります。
ニーガンは清掃人のリーダーのジェイディスに捕まってしまいましたが、一体どうなってしまうのでしょうか。
詳しくはネタバレで。

スポンサーリンク

あらすじ

空虚な朝(Do Not Send Us Astray)

ニーガンの指示を無視し皆殺しを目的にしたサイモン率いる救世主の一団がヒルトップに乗り込んできた。
襲撃にそなえ準備していたマギーが指揮を執るヒルトップは救世主たちを巧みな作戦で次々に撃退していく。
今回の戦いでも参加をとめられたヘンリーは銃を手に救世主たちが捕らわれている捕獲場に行く。
兄を殺した人物が名乗り出なければ1人ずつ殺していくと言い、なだめるグレゴリーたちを無視しカウントダウンをはじめる。
出典:http://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/21056

 

ウォーキング・デッド シーズン8 第13話 ネタバレ

幻覚をみるモーガン

ヒルトップの周囲で監視をしているモーガン。
第9話でヘンリーが殺した救世主のギャビンの幻覚を見ながらも、聞こえてくる車のクラクションに反応して自分の車のクラクションを鳴らして他の監視に救世主がヒルトップへ向かっていることを知らせます。

ヒルトップではヘンリーが戦いに参加したい、と言いますがエゼキエルとキャロルにここを守るようにと言われ、参加は反対されます。

 

交渉

サイモン率いる救世主達はヒルトップの手前に到着。
サイモンはマギーからの無線を受け取ります。
マギーは「ここには38人の捕虜がいる。このまま引き返せば38人の捕虜は生かしておくが、去らなければ38発の弾で38人をこの私が殺す」と警告します。
サイモンは「残念だが、捕虜になった救世主は傷物だ。称えられるのは捕虜されないもの。自分のケツは自分で拭けるものだ。どうにでもしろ。」と交渉は決裂します。

サイモンは救世主達に「計画変更だ。狙いは感染させることではなく、終結させること。奴らを処分する。皆殺しだ。」とニーガンの当初の感染者を出して脅すだけという指示とは別の指示を出します。
隣にいるドワイトはサイモンに「彼(ニーガン)は反対する。わかっているだろ。まだ生きているかもしれない。戻ってきた時の覚悟はいいか?」と警告しますが、サイモンは「許可を得るより許しをこう」と答えます。

すると、バイクでダリルがマシンガンを救世主達に向かって撃ちながら戻ってそのままヒルトップの門に入って行きました。

ヒルトップの門が閉まる前に、と救世主達は急いで門に向かいます。
救世主の車が門をくぐったところをバスで道を閉ざして、マギーの「今よ!」の合図で足止めを食らった救世主達にヒルトップの住人は銃撃を一斉に向けます。
一気に銃撃戦が始まりました。

マギーは捕虜を自分の書斎に匿うように指示を出します。捕虜となっている一人は「協力させてくれ、奴らにはなんの義理もない」とマギーに言いますが、ニーガンを探しているのか「奴はどこ?監視人は後退よ!援護して!」と捕虜の発言には反応はありませんでした。

 

戦闘開始

ヒルトップの中で戦闘が始まります。
銃の他にウォーカーの体液がついたナイフや弓矢で攻撃を仕掛けてくる救世主達。

サイモンはドワイトと2人で動いていました。
サイモンはタラを見つけて「あの女を角から狙おう。お前がやるか?次は頼むぞ共同作業だ」とドワイトに話して近づいて行きます。
それに気づいたダリルは「タラ!」と声をかけます。
気づいたタラは振り返って銃を向けますが、サイモンは斧で襲いかかろうとしたところでした。ですが、ドワイトが先にボーガンをタラに放ちます。
タラはドワイトの矢を肩に受けて倒れてしまいました。

救世主達の車のヘッドライトが割られて、真っ暗になったヒルトップ。
サイモンは救世主たちに「アラットは裏へ。街を包囲する。ゲーリーはトレーラーへ。」と指示を出します。
「残りは?」というドワイトの質問に「俺たちは家庭訪問だ。誰か家にいたら、正しい虐殺の始まりだ。」と言って口笛を吹きながら建物に近づいて行きました。

建物に近くサイモンたち。
すると、いきなり車のヘッドライトが点灯して集中砲火を受けます。
「これはまずい。トラックの裏に隠れろ」と後ろに撤退しようとする救世主達。
そこにヒルトップの門から監視組のリックたちが救世主たちを襲撃します。

建物と出入口である門からの襲撃で挟まれて散り散りに撤退していく救世主達。
戦闘に参加しているモーガンは再びギャビンの幻覚を見ます。
幻覚のギャビンは「わかっているはずだ」と繰り返しモーガンに話しかけていました。

戦闘に参加していたトビンは救世主のナイフを受けて倒れてしまいます。
そこに駆けつけて救世主を倒すキャロル。「久しぶりだね」と話しかけるトビン。
セディクも駆けつけてトビンの手当を行います。

トラック2台で撤退していく救世主達。
それを追いかけて銃弾を打ち込むマギーとリック。車はそのまま走り去って行きました。

「殺したかった。全員よ。特にニーガン」というマギー。
「ああ、俺もだ。」というリック。
「奴(ニーガン)を見た?」と質問するマギーに「いなかったが、外で見た。殺そうとしたけど、殺せなかった。努力はした。」と応えるリック。
マギーは「ありがとう」というのでした。

 

ドワイトを許すタラ

襲撃から夜が明けて朝。
夜の襲撃で撃退する物資がなくなったから調達にでるとイーニッドに伝えるマギー。

タラがドワイトの矢を受けたのを心配するダリル。
「私のせいであいつ(ドワイト)は奴ら(救世主)と来た。」というタラ。
「そういう人間だからだ。」と応えるダリル。

続けてタラとダリルの会話。
タラ「私たちは幸運よ。マギーやリックに出会えた。状況は違ってたかも。私は総督といた。お兄さんも」
ダリル「兄貴の人生は間違いだらけだった。生きていたら救世主になってたか、似たような連中に。だがお前は目が覚めた。」
タラ「ドワイトも」
ダリル「お前の女を殺したのに仲直りか?」
タラ「そうよ。憎んでいるけど、私を救った。」と、タラはドワイトのことを許した様子。
ダリル「昨夜は殺そうとした。」
タラ「森の中では私たちを助けてくれた。」
ダリル「この目で見たんだ」

 

遺体の埋葬

マギーが発電機を止めたので子供達が暑がるからと理由で、リックは襲撃に備えて窓に補強してあった板を剥がしていました。
そこにミショーンはリックが受けた傷を心配してやって来ました。
作業を止めて傷を手当するように話しかけますが、こっちが優先と、板を剥がすことに集中しています。
リックは作業を進めながら「奴(ニーガン)が最後尾にいた。やるしかなかったんだ。」とミショーンに話しました。

マギーは昨夜の襲撃での救世主の死体をヒルトップの外に埋葬するため、捕虜の一人アルデンの手縄をほどき、ヒルトップの外に監視付きで出すことを指示しました。
その行為にディロンは「奴ら(死んでいった救世主達)は仲間じゃない。でも人間として扱ってくれて嬉しい。」と伝えて、監視付きでヒルトップの外へと向かいました。

ダイアンはマギーに昨夜は門を守ってコミュニティを救ったことであなたはいいリーダーだ、と感謝を伝えます。
それを聞いたマギーは死んでいった仲間のお墓の前で「彼ら(仲間)を犠牲にした。捕虜を生かしたのはニーガンが生きているから。死体を送ってあいつを怒らせて、誘き寄せた。あいつの最後に夫の墓を見せるため犠牲出ようとも。それがいいリーダー?残念なのは死体の山にニーガンがいないことよ。」と言って去って行きました。

 

キャロルとトビン

手当を受け、ベッドに横たわるトビンの隣に座っているキャロル。

「あんな風に姿を消してごめんなさい。」とアレクサンドリアから去って行ったことを謝るキャロル。
「謝罪など必要ない。君に貸しはないよ。ただずっと考えていたあれは現実なのかい?」とキャロルと距離が近くなっていたトビンは質問します。
「現実にしたくなかった。演じようとした。普通に生きたかった。でも救世主と戦えば普通に死者が出るから。気づいたのよ。あれは私たちのことは演じてたわけじゃないって。多分。」と応えるキャロル。
その返事に嬉しくなったトビンは「こんなに嬉しいことは初めてただ。」と答えます。

さらにトビンは「また行くのか?戦いの後。」と質問。
キャロル「わからない。私は受け入れたの。運よく生きて行く人と、戦って行く人がいる。」
トビン「戦いが終わっても?」
キャロル「終わらないわ」
トビン「俺たちは終わらせるために戦っているんだと?」
キャロル「買って得るのは明日だけ。もう一晩か、後1日か。そのあとはなんの保証もない。」

そのころ、ヘンリーは部屋に立てかけてあったマシンガンを手にとってこっそり歩いて生きました。
時計は6:25頃をさしていました。

 

翌日、ウォーカーへと転化

昨夜の救世主達との戦いからの翌日の深夜2時。
ヒルトップの住民は建物の中に集まって寝ていました。
住民の一部、救世主の武器に塗られたウォーカーの体液の影響で、死んでいなくても傷を受けたものはこの時間にウォーカーへと転化していきました。
ウォーカーに転化したトビンは隣で寝ていた患者の看病をしていた男を襲いました。

深夜4時。
ウォーカーへと転化した住民がどんどん増えていきました。

 

ヘンリーの尋問

深夜、ヘンリーはマシンガンを手にして檻に閉じ込めている捕虜たちの元に向かいました。
グレゴリーを起こして、誰が兄を殺したのか質問しますが、グレゴリーは誰が兄のベンジャミンを殺したのか知りません。
グレゴリーはヘンリーが持っているマシンガンは危ないから、「自分に渡して話をしよう。それに兄を殺した奴を殺したって意味がない」と言いますが、ヘンリーは顔色を変えずに「意味がないけど、気分がいい。誰か応えるまで1人づつ殺していく」と言いました。

捕虜の一人アルデンが目を覚まして「わかるよ。俺の兄貴も殺された。憎い相手を殺せば満足すると思うだろう。理論ではそうだが、満足なんてしない。苦しみは続く。俺がそうだった。」とヘンリーに話しかけます。
その途中でヘンリーの兄・ベンジャミンを殺した張本人のジャレットが話し声で目を覚まし「何だ」といますが、「何でもない」というアルデン。

そうしていると住民が寝ている建物の方で叫び声が聞こえてきました。
建物の中ではウォーカーたちが蔓延して、寝ている住民を襲っていました。
その声を聞いてジャレットは「なんていい響きなんだ」と言います。

ヘンリーはジャレットに「お前か?」と質問すると、ジャレットは「何のことだ?」と返事。
ヘンリーは牢の鍵を開けて中に入ります。
銃を捕虜に向けながら「兄を殺したのは誰だ。男らしく出てこい、10を数えたら撃つ。」と言ってカウントダウンをはじめました。

手を上げている捕虜たち。
その後ろの方でウォーカーへと転化した捕虜が他の捕虜を襲いパニックへとなります。
そのパニックを利用して、ジャレットはヘンリーを押し倒しマシンガンを奪います。

ジャレットは「今のうちに行くぞ」と捕虜たちを先導して牢から脱出していきました。
グレゴリーもそれにじょうじて牢から逃げ出していきました。

 

救世主たちの武器の仕掛けに気づく

建物の中で噛まれていないのにウォーカーへと転化して行く住民達。
その転化した仲間をしょうがなく殺して行くリックたち。
転化したトビンはキャロルがトドメをさしました。

なぜ噛まれていないのに転化しているのか疑問に思うキャロル。
リックは「ニーガンのバットにウォーカーの血がべっとりついていた。倒した後についたのかも。」
「あいつらの作戦ね。共食いさせた」というマギー。

リックとダリルは建物内のウォーカーの騒ぎを終結させてタラ、イーニッド、ロジータのいる部屋に入ってきました。
ダリルは救世主たちの武器に細工をされ、切られたものや、射られたものが発病し、転化することを話しました。

ドワイトの矢を受けたタラにダリルは「お前はもう待てないと言った。あの時ことしておくべきだった。」と言います。
「彼が何といおうと、いずれ彼には死んで欲しかった。それしか頭になかった。因果応報っていうやつだね」とタラは受け入れました。

 

捕虜は逃げたものと残るものに別れる

建物の外ではセディクがウォーカーたちを撃退していました。
セディクはウォーカーに後ろを取られて襲われそうになるところを捕虜のアルデンが助けます。
そこに駆けつけるリック達。

「協力する。少年がきて大勢逃げたが、門を閉めているものも。」というアルデン。
その言葉の通り、捕虜の4人ほど門を閉めようとしていました。

どこへ逃げたか聞くマギーに「わからないが逃げた。逃げても無意味だ。君たちには価値はないだろうが、俺たちは残った。逃げれたのにだ。」と答えるアルデン。

 

大勢の犠牲

翌朝。
ヘンリーを探すキャロルとエゼキエル。
そこに「救世主が逃げる前、ヘンリーは捕虜場に入ったって。その後消えた」というイーニッド。
「あれほど言ったのに」と捕虜場へと急ぐキャロルとエゼキエル。

その場に残ったモーガンは再び、ギャビンの幻覚を見ます。
ギャビンは繰り返し「わかっているはずだ。お前はわかっている」と繰り返していました。

ウォーカーへと転化した仲間達のお墓を前にして立つマギーとダイアン。
ダイアンの「何を考えている」との質問にマギーは「犠牲のこと」と答えながら数が増えたお墓をみるのでした。

 

トビンとは誰?

ウオーキングデッド トビン役Jason_Douglas

(C)https://www.imdb.com/name/nm0235103/

シーズン5から登場したアレクサンドリアに住んでいる男性。建築現場の監督。役者はジェーソン・ダグラス。

シーズン6でのウルブズ襲撃事件後、キャロルと少しずつ良い雰囲気になっていきました。
しかしキャロルは大事な人が出来れば、その人の為に人殺しをしなければならなくなる事を内心苦しんでおり、アレクサンドリアを去っていきました。

 

キャロルとトビンの関係は?

シーズン6でキャロルがアレクサンドリアにいた頃、キャロルとトビンはできていました。
家庭的で平和な日々を送っていたのに、第15話で姿を消してしまいます。

それ以来の再開ってことでキャロルに出会ったトビンは「久しぶりだね」と言ったのでした。

 

アルデンとは誰?

ウォーキングデッド ディロン Dillon アルデン

(C)https://en.wikipedia.org/wiki/Alden_(The_Walking_Dead)

ヒルトップに捕虜としている救世主の一人。
役者はカラン・マッコーリフ。
この13話の感じだとヒルトップ側につきそうな感じですね。

 

ダイアンとは誰?

ダイアン ウォーキングデッド

(C)https://www.imdb.com/

王国にいた女性。写真では見張りをしている女性。

スポンサーリンク

300_250_PC用

感想

ヘンリーが無能すぎる。なんで捕虜の牢の鍵開けちゃうんやー!でもそうしないとアルデンが活きないよな。
あと、ヘンリーどこに行ったんやー!連れ去られたか、違うのか。

ベンジャミンを殺した仇のギャレットは結局逃げたよね。多分。姿がなかったし、残っても意味ないしね。グレゴリー、、

マギーもかなり仲間から信頼厚くていい感じ。

あと、ヒルトップにもともとダナって医者いたんやね。いつ出てきたんやろう。キングダムの医者かな。しれっと登場してたな。医者がいないからセディク登場したと思ったけどカール繋がりってことだけか。

モーガンはギャビンの幻覚に悩まされてますね。ほんとモーガン精神的に安定しないな。

 

twitterの反応まとめ

気になるツイートをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ウォーキング・デッド, エピソード8